すらチャレ -女性のための健康サイト-

太りやすい体質の原因と特徴は?痩せ体質になる改善法4つ

スポンサーリンク

「太りやすい体質」の人がいる

同じくらい食べてるのに、もしくは自分よりも大食いなのに、全然太らない人っていたりしないでしょうか?
もちろん、年齢や身長も関わってはきますが、そもそも「太りやすい体質」「痩せやすい体質」の人がいるのです。
同じ食事量・同じ運動量なのに、体質によって太りやすいなんて悲しいことです。
では今よりも少しでも痩せやすい体質になるために、まず、太りやすい体質の原因を知りましょう。

太りやすい体質の原因と特徴

太りやすい体質の原因は、主に次の5つです。
自分はあてはまっていないか、チェックしてみましょう。

①冷え性

特に女性に多い冷え性ですが、実は太りやすい体質の原因の1つです。
体が冷えていると代謝が悪くなってしまうため、同じ運動量であっても消費されるカロリーが少なくなってしまいます。

②運動不足

事務など座ってのお仕事をされている方は特に意識をしないとなかなか運動する機会がありませんが、運動不足も太りやすい体質を作り出してしまいます。
運動不足ということは必然的に筋肉の量が少なくなってしまい、筋肉の量が少ないということは代謝が悪くなってしまうためです。

③過度な食事制限によるダイエット

適度な食事制限と共に運動も行っているようであれば問題ありませんが、食事制限のみによるダイエットは実は太りやすい体質の原因となります。
食事制限のみでダイエットをしていても、割とすんなりと体重が減ることがあります。
しかし、ここで落ちている体重は筋肉が脂肪に変わった分です。
筋肉の方が脂肪よりも重いため体重は減りますが、筋肉量が減っているため体は太りやすい体質にどんどん近づいてしまいます。

④食生活が不規則

忙しく、毎日の食事の時間にバラつきがあったり、眠りにつく直前に夕食をとる習慣がある場合も注意が必要です。
食事の時間が決まっていないと、体が摂取したカロリーの消費をしづらくなってしまいます。
また、私たちの体は寝ている間にもカロリーを消費するようにできています。
しかし、睡眠の直前に食事をすると、カロリーを消費するよりも食べたものを消化することに力を尽くしてしまうため、結果太りやすい体質の原因となってしまうのです。

⑤遺伝

これは自分自身で変えられるものではありませんが、両親や祖父母など、血縁が近い親族に太っている人が多い家系の人は、遺伝子レベルで太りやすい体質の可能性があります。
今一度自分の家系を見直してみて、当てはまる方は特に太りやすい体質を改善する方法を試してみるといいかもしれません。

痩せ体質になるための改善方法

では、太りやすい体質を抜け出して、痩せやすい体質になるには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか。
太りやすい体質の原因・特徴と照らし合わせながら、体質を改善するための具体的な方法を4つご紹介します。

①体を冷やさない

基礎代謝をあげるため、まず体を冷やさないことに気をつけましょう。
冷え性の自覚がある方は、冷え性を治しましょう。
具体的な行動としては、
・飲み物は夏であっても常温~温かいものを選ぶ
・冷房がきいているところではカーディガンなどの上着を羽織ったり、ひざかけを使用して温度調節を心がける
・玉ねぎなどの根菜を多くとるようにして、体を内側からあたためる
などです。

②日頃から「動くこと」を意識する

運動不足を解消するために、毎日スポーツやジム通いをする時間が取れるのであればそれが一番いいのですが、なかなか難しいものです。
そこで、日常の中で「動くこと」を意識してみましょう。
たとえば、
・朝起きたら、ラジオ体操や軽いストレッチを行う
・歩ける距離であれば、なるべくバスやタクシーを使わない
・物を取りに行く時など、面倒くさがって一気に取りに行くのではなく、こまごま動く
・時間がある時は会社からの帰り道、一駅分歩く
などの方法があります。
体操や一駅分歩く方法など少し気合いが必要なものもありますが、「歩ける距離は歩く」や「こまごま動く」など、普段の生活を少し意識することで運動量を増やす方法もたくさんあります。
筋肉は使わなければどんどん減ってしまいます。
「動くこと」を意識して日常生活を送ってみましょう。

③ダイエットをする時は運動を取り入れ、体脂肪率を重視する

食事制限のみでのダイエットで体重が落ちた場合、筋肉が脂肪に変わっているだけであることをご説明しました。
しかし、もちろん運動しているからといって食べ過ぎていては痩せることはできません。
ダイエットをする時に大切なのは、食事に気をつけることと運動することを並行して行うことです。
運動を続けることは大変ですが、自分が続けられる簡単なものでいいので、必ず運動も取り入れてください。
筋肉が脂肪に変わってしまうのはすぐですが、脂肪を筋肉に変えるのはなかなか大変なものです。
そこで、ダイエット中は「体脂肪率」を気にするようにしましょう。
体重ばかりに気がいってしまいがちですが、体重が減っていても体脂肪が増えていては太りやすい体質に近づいてしまっています。
これではリバウンドしやすい体になってしまいます。
体重だけではなく体脂肪率も落とすことで、痩せやすい体質を目指しましょう。

④寝る前4時間は食べない

寝ている間は体にカロリーを消費することに集中してもらうため、就寝前最低でも4時間は食事をとらないように気をつけてください。
夜〇時以降食べないダイエット方法が流行ったことがありますが、まさにこの原理を利用したものです。
ただ、就寝時間は人によって違うため、就寝前の4時間は食べないということを意識してみてください。

体質改善で、努力した分痩せる体に

誰かと同じものを食べていても、同じダイエットをしていても、自分だけ痩せない…なんて、切ない現象、終わりにしましょう。
痩せやすい体質に改善することで、努力は今までと同じなのに、驚く程結果がついてくる可能性があるのです。
ご紹介した改善方法を実行して、痩せやすい体を手に入れましょう。

スポンサーリンク

関連記事

知らない人は損してる!自分で出来るセルライト撃退法

スポンサーリンク リンパドレナージュの働きは? リンパドレナージュというマッサージ方法を体験したことはありますか? リンパドレナージュはリンパの流れを促して活性

肝機能や疲労回復のオルチニンはダイエットにも効果的!

スポンサーリンク オルニチンとはなんですか オルニチンとは オルニチンとはアミノ酸の一種で、私たち人間の体の中にもともと備わっている成分です。他のアミノ酸と違っ

食べても吐かないで!摂食障害は命の危険につながります

なんだか食べ過ぎてしまった…。そんなときに「食べた量を調節しよう」と、軽い気持ちで吐いてしまう女性が増えてきているそう。 主に、10代から20代に多いそうです。

【祝】春の陽気と代謝の関係…春はダイエットが成功しやすい季節です!!

お花見や入学式など、イベントごとが多くて何かとそわそわしてしまう春の季節。 実は、春はダイエットが成功しやすい季節であることをご存知ですか? 今回は、春にダイエ

あなたは大丈夫?痩せにくい体質をつくるNG習慣4選

つらいダイエットを始めたのに中々痩せられない…そんな方は、日ごろの習慣が原因かもしれません。 以下の項目を確認してみましょう。 あなたの生活習慣にも当てはまりま

ニャンだこれは!体重20kgの世界一おデブな猫が発見?!

ぽっちゃりおでぶな猫ちゃんは、仕草のすべてが可愛らしく人気が高かったりしますよね。 しかし今回ご紹介するのは、少し違います…! 体重およそ20㎏!脅威のデブ猫が

ダイエットの敵じゃない!「3時のおやつ」はOKだった!?

しかし、中にはダイエット中で我慢している方もいると思います。 実は、ダイエットの敵というイメージの3時のおやつは、食べても太りにくいことを知っていますか? スポ

ホラー映画はダイエット効果大?!その理由とカロリー消費ランキング!

「冬は寒くて運動なんてしたくない…」なんて方はいらっしゃいませんか?実は自宅でウォーキングと同程度のカロリー消費をすることができるダイエット方法があるんです。

ダイエットの大敵「甘いモノは別腹」ってどうして起こるの?

ご飯を食べてお腹いっぱいのはずなのに、ケーキやお菓子は食べられるという経験ありませんか? 「甘いモノは別腹」ってよくいうけど、別のお腹なんてあるわけないし、もの

彼氏細マッチョ計画!秘訣はプロテインにあり

最近、貴方の彼氏の二の腕やお腹周りがたるんではいませんか?ついついかっこいい細マッチョな男性に目が行ってはいませんか?そんな貴方に提案です! プロテインを利用し

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選