すらチャレ -女性のための健康サイト-

体幹ダイエットで身体を鍛える|憧れのくびれボディへ!

サッカーの長友選手らアスリートが紹介して話題となった「体幹トレーニング」を取り入れたダイエット方法が、「太りにくい身体やお腹のくびれが手に入る」と大人気です。
体幹のトレーニングは内側の見えない筋肉を意識することが重要になってきますので、ここで紹介する、体幹に関する基本的な知識をまずは頭に入れておきましょう!
そして簡単にできるトレーニングのやり方もご紹介しますので、すぐにでもチャレンジできますよ。

スポンサーリンク

体幹ってなに?

そもそも体幹とはどのあたりのことを指すのか、よくわからない方も多いと思います。
指導者によって定義の違いもありますが、おもに手足を除いた胴体、つまり内蔵が入っている身体の中心部分(コア)を指します。
二足歩行を行う人間にとって体幹は、姿勢を保ち、前後左右にひねることで身体の動きを生み出す軸となっているのです。
そしてここにはたくさんの筋肉が存在していて、連動して身体を支えたり動かしたりする役目を担っています。
一般的に腹筋や背筋と呼ばれているのは、身体の表面にある表層筋と呼ばれる大きな筋肉。
それに対して骨盤や肋骨の中といった奥深い所にある筋肉を深層筋といい、インナーマッスルとも言います。
このような体幹部分のインナーマッスルを鍛えることを主に「体幹トレーニング」と呼び、体幹トレーニングによって筋肉をつけたり代謝をあげるダイエットを「体幹ダイエット」と呼んでいます。

インナーマッスルを鍛えるとどうなるの?

体幹部のインナーマッスルの筋肉群は体脂肪を燃やしやすいうえ、鍛えることによって内蔵を正しい位置に保つことができるため、胃や消化器などの不調が減り健康的な身体へ近づいていくことが期待できます。
また、骨盤周辺の筋肉を鍛えることにより、腰痛や便秘の予防にもつながります。
このような体調の変化のほかに、姿勢が安定することにより、階段の上り下りなどの日常生活の身体の動きが楽になったと実感できることもあります。
深層筋を鍛えると、安静時に消費されるエネルギー「基礎代謝」もアップするため、脂肪が燃えやすい身体、つまり痩せやすい体質へと変わっていく、これが「体幹ダイエット」の魅力なのです!

体幹ダイエットでお腹のくびれが作れるの?

お腹の周りは、骨が腰椎しかなく、肋骨などのように覆う骨がないので、筋肉を引き締め脂肪を減らせば、見た目にすぐ反映されていきます。
重力で下がっていた内蔵が正しい位置に上がり、バランスのとれた体幹筋肉が作られると、美しいプロポーションへとつながっていきます。
つまり、くびれを作ることだって夢ではないのです!

具体的なやり方

道具を使わずにすぐにできる体幹トレーニングを3つ紹介します。
身体への負荷が少ない基本的なものですが、続けることで効果が出やすいので毎日行っても大丈夫です。
マットやじゅうたん、布団の上で行うとやりやすいのでオススメです。
鏡を見てポーズをチェックするのも効果的!

ダイアゴナルバランス

体幹トレーニングの代表的な動作です。
まず膝をついて四つんばいになった状態で、片腕を床と平行に指先までまっすぐ伸ばして耳の横につけます。
そして腕と反対の足(右腕を上げたなら左足)を、床と平行に後ろに伸ばします。
この状態で15秒間キープできたら、手足左右を入れ替えて15秒。
慣れるまでは身体がグラグラしますが、手の先から足の先まで一直線を保てるようにバランスをとりましょう。

フロントブリッジ

四つんばいの状態から、両足をまっすぐ伸ばします。
ひじは肩幅よりやや狭い感じで床につき、目線は下、おなか〜お尻〜膝は床につけず浮かせます。
頭のてっぺんからかかとまでが一直線になるのが理想ですが、ブルブル動いてしまう時はお腹に力を入れてみましょう。
この状態で10秒キープ、慣れてきたら秒数を増やしていけば効果大です!

サイドブリッジ

横向きに寝た状態から、下になった手を床についてまっすぐ伸ばし、反対の手も横に伸ばし、かかと以外は浮かせるように身体を起こしていきます。
頭からかかとまでが真っすぐ一直線になるようにバランスを保ったところで10秒キープ。
身体が前後に揺れないように気をつけましょう。

なかなか続けることが難しいと思われがちな筋トレは、ちょっとした空き時間や寝る前の自分磨きの時間に習慣づけたり、テレビを見たり音楽を聴きながら、楽しんで続けるのがオススメです。
体幹トレーニングだけですぐに痩せる、というものではありませんが、長期的にとらえてみると、脂肪が燃えやすい身体になっていたり体調が整ったりと、よい効果ばかりです。
また、体幹トレーニングのような筋トレと組み合わせてウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うことで、脂肪を効果的に燃やすことができ、ダイエット効果も倍増しますよ!
今回ご紹介した、道具もお金もかからない体幹トレーニング、是非毎日の生活に取り入れてみてはいかが?

スポンサーリンク

関連記事

「美と健康な身体」は腸内環境から!腸を整える方法8つ

腸内環境を整えると、便秘に効果があるだけでなく、美肌や免疫機能をアップするなど、良い効果がたくさんあります。 腸は第二の脳と呼ばれるくらい、人間の体の調子を整え

これがお勧め!ダイエットに効く飲み物・飲み方

即効性期待の全身エステを体験しちゃお! ダイエットと言うと気にするのが、食事、次に運動。 これらには多くの人が注意を払うと思いますが、実はそれと同じ位に気を付け

エステサロンで導入増加!サーモシェイプの効果って?

スポンサーリンク サ-モシェイプ知っていますか? ダイエットをしたい!と思ったことありませんか? 女性の方なら1度は経験があるはずです。 現在、様々なダイエット

キレイな体型は日頃の姿勢から!肩甲骨・股関節・足を意識した正しい歩き方

年齢と共に体型は変化します。お腹周りに肉がつき、二の腕はぷるぷる、太もももたるたるに。体型に自信がないと、猫背になって下を向いて歩きがちですよね。 しかし、その

フルーツを食べると太るは本当?太りにくいフルーツの食べ方は?

フルーツにはビタミンなど重要な栄養素や、食物繊維が含まれています。 ただ「フルーツを食べると太る」という話もよく聞きます。 果たしてフルーツはダイエットにいいの

食物繊維はレタス2個分!?ポップコーンで我慢しない!簡単ダイエット♡

ポップコーンダイエットをご存知でしょうか? やり方は簡単、間食や食事(1食分)をポップコーンに置き換えるだけです。 説明だけ見ると怪しいですよね? 気になるポッ

高カロリーなのにダイエット効果抜群?!積極的に食べたい食品3選とその理由

ダイエットには、低カロリーな食事は成功のためのカギになります。 しかし、カロリーだけを気にするのは実はよくないのです。 実は“高カロリーの食品”を食べてもダイエ

女性向けボクシングダイエットが流行中!ストレスを発散して健康的で美しい体…

ボクシングと言えば、過酷な減量と激しい殴り合いが付きものの男性のスポーツというイメージがあります。 しかし、最近は女性のダイエットにも用いられていて、芸能人も行

食事制限必要なし!呼吸法だけで痩せる方法があった!

東洋医学は、昔から健康維持に呼吸方法を大切にして来ました。 人体にある約60兆の細胞全てに新鮮な血液が滞りなく流れていれば、人は健康でいられます。 健康であれば

ダイエット中にぴったりの食事!気をつけたい食べ方・食べ物

スポンサーリンク ダイエットの基本は食事です 女性でダイエット経験がある方はきっと多いはず。 中年男性もだんだんお腹が出てきて、ダイエットをしないといけないかな

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選