すらチャレ -女性のための健康サイト-

筋トレのお供に!海外で人気のEMSとは?

スポンサーリンク

海外で人気のEMS

EMSとは

EMSという言葉をご存知でしょうか?
EMSはElectrical Muscle Stimulationの略称です。
これは人の身体の筋肉に電気を使って刺激を与え、筋肉を強制的に収縮させることによって鍛える機械を指しています。
そのため自ら運動をしなくても、運動をしているのと同じになります。
外人さんが登場するテレビショッピングなどで紹介されたことをきっかけに、日本でも一時爆発敵に人気が出ました。
EMSは海外でよく使われている運動機器で、EMSをつけるだけで、勝手に自分の身体の筋肉が鍛えられていくという画期的な商品です。

楽してダイエットしたい…
もちろんできるなら皆さんそうしたいですよね。
筋力の少ない女性や、理想体重を大幅にオーバーしている方にとって、腹筋や腕立て伏せ、背筋などの筋力トレーニングは、決して楽な運動ではありません。
そんな時に便利なのがこのEMSです。

EMSの原理

そもそも私たちが普段、歩いたり、運動したり、筋トレをする時の筋肉の動きはどうなっているのでしょうか?
自分で筋肉を動かす時には、脳から「筋肉を動かす」という指令が神経を通して筋肉に伝わります。
その時に非常に微弱な電流が流れます。
この電流が筋肉へ伝わることで筋肉は動き、働く力となって筋肉の収縮運動につながります。

これをEMSの場合に置き換えて考えてみましょう。
EMSでは脳からの指令がありません。その代わりに電流を流すパッドを体に直接貼り付けます。
そこから直接神経に電流を流すことによって、筋肉を動かすために指示を送るのです。
これにより脳からの伝達と同じように、筋肉の収縮が起きるというわけです。

筋トレとEMSの違い

普通の筋力トレーニングでは、私たちは自分がしたいように体を動かし、筋肉の動きを調節していきます。
それは意識していなくても、脳からの指令で力の強さや強度の加減をしているのです。
回数をこなしてきて疲れてきたから、少し休もう。
筋肉痛になったので、今日は筋トレを休もう。
そのように考えられるのも、自然と脳で調整されているからなのです。

しかしEMSは機器です。そのため機械的に発生させる電流の力によって、筋肉を収縮させていきます。
機械は人間の脳のように調整はしませんので、最初に設定した力がずっと続いていきます。
この時流れる電流は、もちろん体に悪影響のない程度の電流に調整してありますし、自身で調節することも可能です。

ですが、自ら身体を動かして筋トレするのと違って、機械的に電気を流し続けているので、電流の強さをいちいち変えるなど安全面に気を付けて使用しなければいけません。

ダイエット効果

EMSの宣伝文句にもあるように、座ったままで運動しているのと同じ状態を作り出せるというのは、筋肉が運動をしているのに変わりはないので嘘ではありません。
筋肉の収縮がされているということは、そこでエネルギーの消費が行われているからです。

ですが時間で考えると、運動量は実際の筋トレより少ないため、これだけで確実に痩せようということは難しいです。
しかし普段使っていない筋肉を刺激することによって代謝があがり、体内の血流が活性化されるため、補助として使用するとより良い効果が期待できます。

EMSのメリット

ながら使用が出来る

まずは時間がない人にお勧めできる点です。
EMSは鍛えたい部分にパッドを貼るので、家事をしながら、食事をしながら、本を読みながらと言ったように何か他のことをやりながらでも使用が可能です。
更に現在はお風呂の中で使用できるタイプも発売されています。

そのため筋トレだけに時間をかけられないという人も、他のものと同時進行が出来るので、効率良く時間を使うことが出来ます。

金額が安い

更に比較的安い金額で発売されているEMSが多いということです。
特にネットショップでは安く売られています。そのため、気軽にお試し気分で1度試してみることができます。

色々な種類のEMS機器が発売されているので、自分に合うタイプを探してみるのも楽しいかもしれません。
小型で持ち運びもしやすいので、場所も選びませんね。

ダイエットでいきなり運動はダメ!ウォーミングアップの重要性と方法

効率よく取り入れよう

自分で行う筋力トレーニングは、回数に限界があります。
しかしEMSは、スイッチを入れれば勝手に運動を続けてくれるので、理論上は限界がありません。
極端に言うと何百回でも何千回でも継続することができます。

ですが先ほども言ったように、これだけで痩せるというのは正直難しいので、タイミングを見計らって効率よく取り入れることで効果が出やすくなります。
特に女性は男性に比べ元々筋肉が少ないので、この機器を使って基礎体力をあげていくといいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

たった2分拝むだけでダイエット効果抜群!エンジェルズも推奨する「拝むだけ…

アメリカのファッションブランド、「ヴィックトリア・シークレット」の看板モデル、エンジェルズが推奨するエクササイズをご存じですか? たった2分拝むだけでダイエット

効果や消費カロリー、実際はどう?ウォーキングダイエットの実態

スポーツが苦手な人にとって、運動は苦痛なものです。楽な運動で、簡単に体重を落とす方法はないのでしょうか? 一般的なイメージでは、ランニングのようなハードな運動を

体幹ダイエットで身体を鍛える|憧れのくびれボディへ!

サッカーの長友選手らアスリートが紹介して話題となった「体幹トレーニング」を取り入れたダイエット方法が、「太りにくい身体やお腹のくびれが手に入る」と大人気です。

首を冷やして楽々ダイエット!○○を活性化して脂肪燃焼!

健康のためには、「からだを温めるように」ということが多いようですが、逆に、「からだを冷やす」ことによってダイエットに効果があるということはご存知でしょうか? 冷

コルセットダイエットで楽にくびれができる!? 注意点4つもチェック!

ダイエットは一日にしてならずと言われており、途中で挫折する人も少なくありません。 辛い運動やきつい食事制限はすとれすにもなりますので、出来るだけ無理なく続けられ

酵素がダイエットに効く理由って?酵素は本当に痩せられるの?

酵素にはダイエット効果があるって言いますよね? 健康に良さそうなイメージもありますが、実際はどうなのでしょうか…。 ダイエットに繋がる理由を調べてみました。 ス

夜だけ食べるダイエットの効果とやり方は?一日一食だけで痩せる方法!

「夜ご飯は我慢せずに、好きなだけたくさん食べたい!」と考えている人も多いのではないでしょうか? そんな方におすすめなのが1日の食事を『夜ご飯のみ』に制限する『夜

震えるだけで痩せられる!?寒さ我慢ダイエットの効果はどれくらい?

寒さを我慢するだけで痩せられるなんて、にわかには信じられませんよね。 でも、ちゃんとダイエット効果があることが証明されているのです。 寒さを我慢することで体に何

ダイエット中の方におすすめ!太りにくい炭水化物ランキングBEST5!

炭水化物は脂肪になりやすく、ダイエット中はできるだけ控えたほうがいいとされています。 しかし、炭水化物は体のエネルギー源となる重要な栄養素です。 そこで、今回は

実は有酸素運動?通勤の時間にできちゃう自転車ダイエット

もし毎日の通勤時間だけでダイエットできたら、こんないいことないですよね。 通勤や外出時に自転車を使うだけで、そんなうれしいことが可能になるかもしれません。 ダイ

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選