すらチャレ -女性のための健康サイト-

筋トレのお供に!海外で人気のEMSとは?

スポンサーリンク

海外で人気のEMS

EMSとは

EMSという言葉をご存知でしょうか?
EMSはElectrical Muscle Stimulationの略称です。
これは人の身体の筋肉に電気を使って刺激を与え、筋肉を強制的に収縮させることによって鍛える機械を指しています。
そのため自ら運動をしなくても、運動をしているのと同じになります。
外人さんが登場するテレビショッピングなどで紹介されたことをきっかけに、日本でも一時爆発敵に人気が出ました。
EMSは海外でよく使われている運動機器で、EMSをつけるだけで、勝手に自分の身体の筋肉が鍛えられていくという画期的な商品です。

楽してダイエットしたい…
もちろんできるなら皆さんそうしたいですよね。
筋力の少ない女性や、理想体重を大幅にオーバーしている方にとって、腹筋や腕立て伏せ、背筋などの筋力トレーニングは、決して楽な運動ではありません。
そんな時に便利なのがこのEMSです。

EMSの原理

そもそも私たちが普段、歩いたり、運動したり、筋トレをする時の筋肉の動きはどうなっているのでしょうか?
自分で筋肉を動かす時には、脳から「筋肉を動かす」という指令が神経を通して筋肉に伝わります。
その時に非常に微弱な電流が流れます。
この電流が筋肉へ伝わることで筋肉は動き、働く力となって筋肉の収縮運動につながります。

これをEMSの場合に置き換えて考えてみましょう。
EMSでは脳からの指令がありません。その代わりに電流を流すパッドを体に直接貼り付けます。
そこから直接神経に電流を流すことによって、筋肉を動かすために指示を送るのです。
これにより脳からの伝達と同じように、筋肉の収縮が起きるというわけです。

筋トレとEMSの違い

普通の筋力トレーニングでは、私たちは自分がしたいように体を動かし、筋肉の動きを調節していきます。
それは意識していなくても、脳からの指令で力の強さや強度の加減をしているのです。
回数をこなしてきて疲れてきたから、少し休もう。
筋肉痛になったので、今日は筋トレを休もう。
そのように考えられるのも、自然と脳で調整されているからなのです。

しかしEMSは機器です。そのため機械的に発生させる電流の力によって、筋肉を収縮させていきます。
機械は人間の脳のように調整はしませんので、最初に設定した力がずっと続いていきます。
この時流れる電流は、もちろん体に悪影響のない程度の電流に調整してありますし、自身で調節することも可能です。

ですが、自ら身体を動かして筋トレするのと違って、機械的に電気を流し続けているので、電流の強さをいちいち変えるなど安全面に気を付けて使用しなければいけません。

ダイエット効果

EMSの宣伝文句にもあるように、座ったままで運動しているのと同じ状態を作り出せるというのは、筋肉が運動をしているのに変わりはないので嘘ではありません。
筋肉の収縮がされているということは、そこでエネルギーの消費が行われているからです。

ですが時間で考えると、運動量は実際の筋トレより少ないため、これだけで確実に痩せようということは難しいです。
しかし普段使っていない筋肉を刺激することによって代謝があがり、体内の血流が活性化されるため、補助として使用するとより良い効果が期待できます。

EMSのメリット

ながら使用が出来る

まずは時間がない人にお勧めできる点です。
EMSは鍛えたい部分にパッドを貼るので、家事をしながら、食事をしながら、本を読みながらと言ったように何か他のことをやりながらでも使用が可能です。
更に現在はお風呂の中で使用できるタイプも発売されています。

そのため筋トレだけに時間をかけられないという人も、他のものと同時進行が出来るので、効率良く時間を使うことが出来ます。

金額が安い

更に比較的安い金額で発売されているEMSが多いということです。
特にネットショップでは安く売られています。そのため、気軽にお試し気分で1度試してみることができます。

色々な種類のEMS機器が発売されているので、自分に合うタイプを探してみるのも楽しいかもしれません。
小型で持ち運びもしやすいので、場所も選びませんね。

ダイエットでいきなり運動はダメ!ウォーミングアップの重要性と方法

効率よく取り入れよう

自分で行う筋力トレーニングは、回数に限界があります。
しかしEMSは、スイッチを入れれば勝手に運動を続けてくれるので、理論上は限界がありません。
極端に言うと何百回でも何千回でも継続することができます。

ですが先ほども言ったように、これだけで痩せるというのは正直難しいので、タイミングを見計らって効率よく取り入れることで効果が出やすくなります。
特に女性は男性に比べ元々筋肉が少ないので、この機器を使って基礎体力をあげていくといいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

1日スプーン1杯でOK!ダイエット効果に期待大!えごま油のパワーとは?

油は体に悪く、健康を害すイメージがありますが、えごま油は健康にいい油としてテレビや雑誌などでも多く取り上げられています。 また、えごま油は健康にいいだけでなくダ

ダイエット成功者続出!手軽に続けられる「踏み台昇降運動」で目指せ-5kg…

踏み台昇降運動は自宅でできる手軽な有酸素運動です。 高いダイエット成功率を誇っているようですが、実際のところはどうなのでしょうか。 詳しく見ていきましょう。 ス

骨盤の歪みを解消!家で簡単にできる骨盤矯正方法

多くの女性が悩む骨盤の歪み。 骨盤が歪むと体のあちこちにトラブルが生じます。 そんな骨盤の歪みを解消する骨盤矯正エクササイズをご紹介します。 スポンサーリンク

お酒は太る?我慢しないでもできる4つのダイエット方法

「ビール腹」という言葉の通り、お酒を飲む人は太ると考えられています。お酒が好きな人はダイエットを決意したとき、飲むのをやめるべきか悩むのではないでしょうか。 仕

3週間で体質改善!噂のおにぎりダイエットの実態とは?

日本人が大好きなお米、おにぎりでダイエットができることを知っていますか。 一般的にダイエット中はお米の摂取量を減らしますが、おにぎりダイエットはその逆です。 一

無理なくダイエット!腸内細菌を増やして痩せやすいカラダをGETするには?

腸内細菌はダイエット効果をはじめ、免疫力アップなどいろいろな働きをしてくれます。 問題は、この腸内細菌をどうやって増やしたらいいかということです。 確実に腸内細

ダイエット中のおやつは干し芋で決まりっ!干し芋のダイエット効果とは?

甘い干し芋はそれなりにカロリーも高く、太る原因になると思っている人も多いでしょう。 実はその干し芋に、ダイエット効果があるのです。 なぜ干し芋にダイエット効果が

胃腸の休暇に最適!ヨーグルトプチ断食の効果や方法とは?

即効性期待の全身エステを体験しちゃお! 毎日の食事による栄養吸収がオーバー気味で、余分なカロリーや糖などで体や胃腸に負担をかけすぎていることもあります。 たまに

好きなものを食べても痩せられる「8時間ダイエット」とは!?

ダイエットでは好きなものを我慢しなければならないので辛いですよね。 しかし、この「8時間ダイエット」は何を食べても構いません。 「そんな都合のいい話なんてあるの

高カロリーなのにダイエット効果抜群?!積極的に食べたい食品3選とその理由

ダイエットには、低カロリーな食事は成功のためのカギになります。 しかし、カロリーだけを気にするのは実はよくないのです。 実は“高カロリーの食品”を食べてもダイエ

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選