すらチャレ -女性のための健康サイト-

「ながら運動」よりも「集中トレーニング」がおすすめ!脂肪燃焼の方法・プロセス

「ながら運動」は、家事をし「ながら」、散歩し「ながら」、デスクワークをし「ながら」運動をすることで忙しい毎日の中において運動量が確保できる適切なエクササイズです。
運動が不足している場合やスキマ時間を使って効率的に運動をとりいれたい場合には手軽で最適な方法ですよね。
やらないよりも実践した方がずっと運動効果はアップします。普段の生活サイクルに組み込むので継続もしていきやすいでしょう。
では、短期間で本格的にウエストをしぼりたい、脂肪を落としたい、という場合はどうでしょうか。
結論からいえば、日常に「ながら運動」だけではなく、「集中したトレーニング」の時間を取り入れることが必要となってくるでしょう。
こちらでは運動でダイエット=脂肪を燃焼させるメカニズムやプロセスについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

ガチで痩せたい!脂肪を落としたい!脂肪を燃焼させるための運動を始めよう!

ながら運動は運動に時間が割けない場合に運動量を確保するためには非常に優れた方法ですが、それだけで効率的に短期間でシェイプアップをするのは難しいでしょう。
運動でダイエットをするには脂肪を燃焼させていくことが大切です。

脂肪を燃焼させる方法とは?

脂肪を燃やす運動方法といえば、ズバリ「有酸素運動」です。
たくさんの酸素を体内に取り込みながら行う運動を「有酸素運動」といいます。
一般に何かものを燃やすときは酸素が必要ですよね。脂肪も同じで燃焼を促すためにはたくさんの新鮮な酸素が大切なのです。運動が激しくなりすぎて息切れをしてしまっても体内に十分な酸素が取り込めなくなってしまいますので脂肪燃焼には非効率的です。

自分が息切れをしない強度で有酸素運動を1日30分~1時間、週3~5回程度継続していけば、脂肪が効率よく燃焼され、運動によるシェイプアップ効果も感じられることでしょう。

参考:実は有酸素運動?通勤の時間にできちゃう自転車ダイエット

有酸素運動で脂肪が燃焼されるプロセス

有酸素運動を始めると、体はまず、体内にある糖質(ブドウ糖)をエネルギー源として使います。ブドウ糖を使い切ったあとに次のエネルギー源として脂肪を使い(脂肪燃焼)始めるのです。
有酸素運動を始めてから体内でブドウ糖を使い切り、脂肪燃焼が始まるまで15分~20分の時間がかかるといわれています。脂肪燃焼を効率よくさせたいなら有酸素運動を15分~20分以上、たとえば1日1時間程度続けていくことが必要です。

続けるのがつらくなったらイメージトレーニングでモチベーションを維持して!

ダイエットのための運動がつらくなったときは、具体的にどんな体型にしていきたいのかを思い浮かべてみましょう。
イメージトレーニングで自分がなりたい理想の体型を脳にやきつけることで、自然とダイエットに対する意識や意欲・やる気も上がっていきます。結果的にダイエット効果のUPにもつながっていくのです。

本気でダイエットをするなら有酸素運動を生活の中にとりいれてみよう!

代表的な有酸素運動には・ウォーキング・ジョギング・サイクリング・エアロビクスダンス・水泳・アクアビクス等があります。
余裕があればスポーツクラブに入って1日1時間これらのトレーニングに励み有酸素運動量を確保するのもいいですね。忙しくてジムに通えないという場合は通勤・通学で使う電車やバスの1駅~2駅を往復ウォーキングに変えてみるなど、上手に工夫して生活の中に取り入れて習慣化してみましょう。
続けることでその効果を感じ始められることでしょう。
音楽を聴き「ながら」有酸素運動をするのもおすすめです。音楽は中程度の強度の運動においては体力・エネルギー・持久力の向上につながる、というデータもあるからです。

「ながら運動」で多く耳にする「テレビを見ながら腹筋」の脂肪燃焼効果はどうでしょうか。腹筋などの筋力トレーニングは「無酸素運動」といわれ、脂肪燃焼よりも筋肉量をふやすことに効果的といわれています。

「脂肪燃焼してダイエットをしたい!」という方には、「1日1時間の有酸素運動」を日常生活の中に取り入れてみることをおすすめします。

キレイな体型は日頃の姿勢から!肩甲骨・股関節・足を意識した正しい歩き方

スポンサーリンク

関連記事

どうして寝る前のストレッチはダイエットに効くの?美肌効果もあるって本当?

ダイエットは、健康的な方法で実践するのが理想的です。 寝る前のストレッチが、美容や健康に良い影響を与えることをご存知ですか。 ここでは、寝る前のストレッチのダイ

ダイエットもできて美容にも効果アリ。未来の食物アマランサスとは?

食べるだけでダイエットもできて美しくもなれる、そんな食材があったら良いですよね! その理想、アマランサラスが叶えてくれます! アマランサスは栄養バランスが優れて

口コミで話題沸騰中!ダイソーで買える着圧ソックスが凄い!

朝から仕事をしたり、遊びにできけたりすると気になるのが足のむくみ。 特に足のむくみが気になるのは夕方~夜にかけてですよね。 遊びならともかく、毎日毎日仕事続きだ

ランニングって本当に痩せるの?ダイエットに効果的なやり方

ダイエットというと、まず頭に浮かぶのが走ることではないでしょうか。 痩せようとしたことがある人なら、一度はランニングに取り組んだことがあるかもしれませんね。 有

ダイエット中にぴったりの食事!気をつけたい食べ方・食べ物

スポンサーリンク ダイエットの基本は食事です 女性でダイエット経験がある方はきっと多いはず。 中年男性もだんだんお腹が出てきて、ダイエットをしないといけないかな

効果や消費カロリー、実際はどう?ウォーキングダイエットの実態

スポーツが苦手な人にとって、運動は苦痛なものです。楽な運動で、簡単に体重を落とす方法はないのでしょうか? 一般的なイメージでは、ランニングのようなハードな運動を

デスクワークは太る?痩せるための生活習慣3つの見直し

デスクワークの消費カロリーを知らない方は多いのではないでしょうか。また、デスクワークは足のほか、腸にもむくみが起こりやすい職業です。これらの関係で、デスクワーク

痩せ体質が作れる! 早起きでダイエット効果が得られるのはなぜ?

早起きは健康に良いと聞きますが、それだけではありません。 驚いたことにダイエット効果が期待できるみたいです! 早起きすると、なぜ痩せられるのでしょうか? スポン

1日1分のエクササイズで全身に効く!ブリッジのダイエット効果とは?

子どもの頃、誰しも1度はやったことがあるブリッジ。 たいていの人は大人になるとやらなくなると思いますが、実は女性に嬉しいダイエット効果があります。 今回はブリッ

スマホでデータ管理?とにかく安い?用途別おすすめの体重計5選!

ダイエットには体重管理をする体重計が必要不可欠です。 最近の体重計はシンプルなものから多機能なものまでさまざまな商品がそろっています。 今回はダイエット中におす

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選