すらチャレ -女性のための健康サイト-

体重ではなくサイズに注目!ジムでメリハリボディを目指そう

ジムに通って筋トレやエクササイズ、ランニングなどをしているのになかなか体重減らず、途中でやめてしまった、という経験はありませんか?

実はジムでの運動は体重に反映されないだけでしっかりと成果が出ている可能性大。
途中であきらめてしまった人はかなりもったいないことをしてしまったかもしれません。

スポンサーリンク

筋肉量を増やせば身体が引き締まる

ジムでのトレーニングは筋肉を増やす運動が多いですよね。
実は、ボディラインにメリハリをつけ、引き締めるためには筋肉を育てることが必要不可欠なのです。

筋トレをせずに食事量を制限すると体重は減りますが、たるんでしまったり、ボディラインは変わらなかったりと見た目をシェイプすることは難しいんです。

コレに対して筋トレは鍛えることでキュッと引き締まったラインをつくることができますし、基礎代謝が上がって痩せやすい体質を育てることが可能です。

筋力がUPするだけで消費エネルギーが増えますから、効率よくダイエットをしたい場合は筋トレやストレッチなどを取り入れることがおすすめです。

ただし脂肪よりも筋肉の方が重たいため、筋肉量を増やしながらダイエットをするとなかなか体重が減らない場合が多いです。
逆に体重が増える場合もあります。

ですが見た目をキュッと引き締めたい、メリハリのあるボディラインをつくりたい、そんな場合は体重の増減にとらわれず、見た目を美しくすることに集中しましょう。

マッチョにはなりたくない!そんな場合は…

筋トレと聞くと心配になるのが「マッチョ体型になってしまうのでは?」ということ。
いくら代謝が上がり痩せやすい身体をつくれるとは言っても、ムキムキになってしまうのには抵抗がありますよね。

ただし、女性の場合はボディービルダーのようにかなり過酷な筋トレをしなければムキムキになることはありませんし、外側の筋肉ではなく内側の筋肉「コアマッスル」を鍛えることで女性らしいやわらかさをキープしながら、しっかりと筋力をUPさせることが可能です。

コアマッスルの鍛え方

コアマッスルを鍛えたい場合はストレッチやヨガ、バレエなどの全身の体幹を鍛えるエクササイズがおすすめ。
腹筋や背筋を個別に鍛えるよりもしなやかに全身のコアマッスルを鍛えることが可能です。

また、家事などの日常生活の動作で体幹を鍛えることも可能。
姿勢を正してお腹に力を入れながら普段の動作を行うだけで、かなりキツいトレーニングになりますよ。

電車やバスなどに乗っている移動中には、ただ立っている時間をつま先立ちにして「筋トレタイム」に変えることも可能。
少しの工夫で毎日体幹を鍛えることができちゃいます。

自信を持つためにもサイズを測るべし!

体重に変化が無いとボディシェイプに成功しているのかが分かりにくく、不安になってしまいますよね。

ですが体重は食事の前後や水分摂取量、生理周期などによって変化しますし、1日の間でも1〜3kgの増減はあるものです。
あまり体重にこだわりすぎるとストレスになりますし、一喜一憂してしまい前向きにエクササイズを続けられなくなってしまいます。

サイズに注目!

筋トレによるボディシェイプの効果を見える化するのなら、定期的にウエストなどの「サイズ」を測ることをおすすめします。

筋肉は鍛えることで見た目の結果に反映しますから、確実にサイズダウンしていることを実感できます。
今までサイズではなく体重ばかりに注目していた、という人は一度サイズを測定してみてください。

「あれ?体重に変化はなかったのにいつの間にかサイズダウンしていた!」なんて人も多いかもしれません。
定期的に測定して記録しておくことで、しっかりと成果を実感しながら続けることができます。

実は美しいボディラインは体重と比例しません。体重が減れば減るほどメリハリのある美しいボディを手に入れることができると思っていたあなたは危険!

ただ体重だけを減らせば、げっそりと凹凸のないボディラインになってしまうことも…。無理な食事制限ダイエットで胸が減ってしまう、というのも良くある失敗。筋トレで女性らしいふっくらとしたラインを残しつつ、キュッと引き締まったメリハリボディを育てましょう。

スポンサーリンク

関連記事

麦ごはんで身体が変わる!?驚きの「七号食ダイエット」って?

吉瀬美智子さんも産後ダイエットとしてやっている、七号食ダイエットをご存じですか? ダイエットで想像するのは筋肉を付けるような運動や厳しい食事制限です。 たしかに

食べて、におってダイエット!楽痩せフルーツ「グレープフルーツ」で美味しく…

タレントのいとうあさこさんが痩せたダイエットとして話題になった「グレープフルーツダイエット」。 なんと2ヶ月で-8キロという短期減量に成功し、一躍有名になりまし

お酒は太る?我慢しないでもできる4つのダイエット方法

「ビール腹」という言葉の通り、お酒を飲む人は太ると考えられています。お酒が好きな人はダイエットを決意したとき、飲むのをやめるべきか悩むのではないでしょうか。 仕

見た目の満足度UPでダイエット効果が期待大!ダイエット中はお皿を小さくし…

小さいお皿ダイエットって聞いたことはありますか? 様々なダイエット法がある中で次に来るのはこれかもしれません。 スポンサーリンク ダイエットは女性の永遠のテーマ

【女性に人気】ホットヨガがダイエットに効果的な理由とは

スポンサーリンク ホットヨガと普通のヨガの違いって何? ヨガは古代インドが発祥の修行法です。その長い歴史の中で様々なヨガが生まれ、現在は8つの流派に分かれていま

旧石器と同じ食材で挑む!「パレオダイエット」のやり方とは?

「パレオダイエット」というダイエット方法をご存知でしょうか。 ここで言うパレオとはパレオシリック、つまり旧石器時代という言葉を表しています。 まったく結びつかな

サトエリも痩せた!昆布のダイエット効果とその注意点とは?

タレントの佐藤江梨子さんが「とろろ昆布ダイエット」を行い、話題になったことがあります。 実際、昆布にはダイエット効果があることが知られていますが、それはどういう

お茶漬け、湯豆腐…ダイエット中におすすめの夜食5選

ダイエット中なのに、どうしてもお腹が空いて夜食を食べたくなってしまうこともありますよね。 ダイエット中だから…と我慢しすぎると、ストレスになって余計に身体に悪い

欲しいのは誰よりも美しいくびれ!普通の腹筋よりも効果抜群の「脚上げ腹筋」…

ダイエットには腹筋が一番なんてことも耳にしますが、一口に腹筋といってもたくさん種類があります。 今回は普通の腹筋と比較しながら足上げ腹筋のやり方や効果をご紹介し

食欲がとまらない人、必見!その原因と食欲を抑える方法まとめ

人間は食べ物を摂取することで生命活動を維持する生き物です。しかし、偏った食生活や食べたいものを食べたいだけ食べているとメタボ体質のように様々な病気の原因にもなり

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選