すらチャレ -女性のための健康サイト-

体重ではなくサイズに注目!ジムでメリハリボディを目指そう

ジムに通って筋トレやエクササイズ、ランニングなどをしているのになかなか体重減らず、途中でやめてしまった、という経験はありませんか?

実はジムでの運動は体重に反映されないだけでしっかりと成果が出ている可能性大。
途中であきらめてしまった人はかなりもったいないことをしてしまったかもしれません。

スポンサーリンク

筋肉量を増やせば身体が引き締まる

ジムでのトレーニングは筋肉を増やす運動が多いですよね。
実は、ボディラインにメリハリをつけ、引き締めるためには筋肉を育てることが必要不可欠なのです。

筋トレをせずに食事量を制限すると体重は減りますが、たるんでしまったり、ボディラインは変わらなかったりと見た目をシェイプすることは難しいんです。

コレに対して筋トレは鍛えることでキュッと引き締まったラインをつくることができますし、基礎代謝が上がって痩せやすい体質を育てることが可能です。

筋力がUPするだけで消費エネルギーが増えますから、効率よくダイエットをしたい場合は筋トレやストレッチなどを取り入れることがおすすめです。

ただし脂肪よりも筋肉の方が重たいため、筋肉量を増やしながらダイエットをするとなかなか体重が減らない場合が多いです。
逆に体重が増える場合もあります。

ですが見た目をキュッと引き締めたい、メリハリのあるボディラインをつくりたい、そんな場合は体重の増減にとらわれず、見た目を美しくすることに集中しましょう。

マッチョにはなりたくない!そんな場合は…

筋トレと聞くと心配になるのが「マッチョ体型になってしまうのでは?」ということ。
いくら代謝が上がり痩せやすい身体をつくれるとは言っても、ムキムキになってしまうのには抵抗がありますよね。

ただし、女性の場合はボディービルダーのようにかなり過酷な筋トレをしなければムキムキになることはありませんし、外側の筋肉ではなく内側の筋肉「コアマッスル」を鍛えることで女性らしいやわらかさをキープしながら、しっかりと筋力をUPさせることが可能です。

コアマッスルの鍛え方

コアマッスルを鍛えたい場合はストレッチやヨガ、バレエなどの全身の体幹を鍛えるエクササイズがおすすめ。
腹筋や背筋を個別に鍛えるよりもしなやかに全身のコアマッスルを鍛えることが可能です。

また、家事などの日常生活の動作で体幹を鍛えることも可能。
姿勢を正してお腹に力を入れながら普段の動作を行うだけで、かなりキツいトレーニングになりますよ。

電車やバスなどに乗っている移動中には、ただ立っている時間をつま先立ちにして「筋トレタイム」に変えることも可能。
少しの工夫で毎日体幹を鍛えることができちゃいます。

自信を持つためにもサイズを測るべし!

体重に変化が無いとボディシェイプに成功しているのかが分かりにくく、不安になってしまいますよね。

ですが体重は食事の前後や水分摂取量、生理周期などによって変化しますし、1日の間でも1〜3kgの増減はあるものです。
あまり体重にこだわりすぎるとストレスになりますし、一喜一憂してしまい前向きにエクササイズを続けられなくなってしまいます。

サイズに注目!

筋トレによるボディシェイプの効果を見える化するのなら、定期的にウエストなどの「サイズ」を測ることをおすすめします。

筋肉は鍛えることで見た目の結果に反映しますから、確実にサイズダウンしていることを実感できます。
今までサイズではなく体重ばかりに注目していた、という人は一度サイズを測定してみてください。

「あれ?体重に変化はなかったのにいつの間にかサイズダウンしていた!」なんて人も多いかもしれません。
定期的に測定して記録しておくことで、しっかりと成果を実感しながら続けることができます。

実は美しいボディラインは体重と比例しません。体重が減れば減るほどメリハリのある美しいボディを手に入れることができると思っていたあなたは危険!

ただ体重だけを減らせば、げっそりと凹凸のないボディラインになってしまうことも…。無理な食事制限ダイエットで胸が減ってしまう、というのも良くある失敗。筋トレで女性らしいふっくらとしたラインを残しつつ、キュッと引き締まったメリハリボディを育てましょう。

スポンサーリンク

関連記事

大橋未歩アナも実践!美容にもいい炭酸水ダイエットの効果とやり方

手軽で簡単にできる炭酸水ダイエット。 美意識の高いモデルや女子アナに注目されているダイエット法でTVでも取り上げられました。 最近では大橋未歩アナが実践している

首を冷やして楽々ダイエット!○○を活性化して脂肪燃焼!

健康のためには、「からだを温めるように」ということが多いようですが、逆に、「からだを冷やす」ことによってダイエットに効果があるということはご存知でしょうか? 冷

ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選

皆さんは、毎日朝ごはんをキチンと食べていますか? 忙しいからと言って朝ごはんを食べない生活を続けていると、基礎代謝が上がらずに、太りやすい身体になってしまいます

筋トレにバナナをプラスして大成功!? 効果的な食べ方とは

いつまでも若々しく、健康的に過ごすためには筋肉を鍛え、維持していくことが非常に大切です。 ボディラインが気になりだしたときにも、筋トレをすることによって脂肪燃焼

えのきの脂肪燃焼作用で効果的にダイエット!でもそのままで食べても意味がな…

シャキシャキとした食感で料理に入れると美味しいえのき。 実は、えのきにはダイエット効果の高い成分がたくさん含まれているのをご存知でしたか? 今回は、えのきを使っ

食べる順番を変えるだけでダイエットできるって本当!?

「同じように食べているはずなのに、なぜか彼女は痩せていて、私は太る一方…」 という経験はありませんか? それは、食べる順番が違うのかもしれません。 今日から食べ

30日後のヒップラインに感動!スクワットチャレンジのやり方

実践した人から絶賛の言葉が相次いでいる、「30日スクワットチャレンジ」。 今回は話題となっている、このエクササイズについて紹介しましょう。   スポン

これがお勧め!ダイエットに効く飲み物・飲み方

即効性期待の全身エステを体験しちゃお! ダイエットと言うと気にするのが、食事、次に運動。 これらには多くの人が注意を払うと思いますが、実はそれと同じ位に気を付け

ロングブレスダイエットって本当に痩せるの?効果のあるやり方とは

ロングブレスダイエットがメディアに取り上げられた数年前、皆さんもしょっちゅう、その名を目や耳にしたのではないでしょうか。 それが単品ダイエットのように一時的で終

姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選

太っている人でも、痩せてる人でもなってしまう二重あご。 その原因は、何気ない毎日の習慣にあります。 原因となる悪習慣を知って、あごのたるみを解消しましょう。 ス

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選