すらチャレ -女性のための健康サイト-

体重ではなくサイズに注目!ジムでメリハリボディを目指そう

ジムに通って筋トレやエクササイズ、ランニングなどをしているのになかなか体重減らず、途中でやめてしまった、という経験はありませんか?

実はジムでの運動は体重に反映されないだけでしっかりと成果が出ている可能性大。
途中であきらめてしまった人はかなりもったいないことをしてしまったかもしれません。

スポンサーリンク

筋肉量を増やせば身体が引き締まる

ジムでのトレーニングは筋肉を増やす運動が多いですよね。
実は、ボディラインにメリハリをつけ、引き締めるためには筋肉を育てることが必要不可欠なのです。

筋トレをせずに食事量を制限すると体重は減りますが、たるんでしまったり、ボディラインは変わらなかったりと見た目をシェイプすることは難しいんです。

コレに対して筋トレは鍛えることでキュッと引き締まったラインをつくることができますし、基礎代謝が上がって痩せやすい体質を育てることが可能です。

筋力がUPするだけで消費エネルギーが増えますから、効率よくダイエットをしたい場合は筋トレやストレッチなどを取り入れることがおすすめです。

ただし脂肪よりも筋肉の方が重たいため、筋肉量を増やしながらダイエットをするとなかなか体重が減らない場合が多いです。
逆に体重が増える場合もあります。

ですが見た目をキュッと引き締めたい、メリハリのあるボディラインをつくりたい、そんな場合は体重の増減にとらわれず、見た目を美しくすることに集中しましょう。

マッチョにはなりたくない!そんな場合は…

筋トレと聞くと心配になるのが「マッチョ体型になってしまうのでは?」ということ。
いくら代謝が上がり痩せやすい身体をつくれるとは言っても、ムキムキになってしまうのには抵抗がありますよね。

ただし、女性の場合はボディービルダーのようにかなり過酷な筋トレをしなければムキムキになることはありませんし、外側の筋肉ではなく内側の筋肉「コアマッスル」を鍛えることで女性らしいやわらかさをキープしながら、しっかりと筋力をUPさせることが可能です。

コアマッスルの鍛え方

コアマッスルを鍛えたい場合はストレッチやヨガ、バレエなどの全身の体幹を鍛えるエクササイズがおすすめ。
腹筋や背筋を個別に鍛えるよりもしなやかに全身のコアマッスルを鍛えることが可能です。

また、家事などの日常生活の動作で体幹を鍛えることも可能。
姿勢を正してお腹に力を入れながら普段の動作を行うだけで、かなりキツいトレーニングになりますよ。

電車やバスなどに乗っている移動中には、ただ立っている時間をつま先立ちにして「筋トレタイム」に変えることも可能。
少しの工夫で毎日体幹を鍛えることができちゃいます。

自信を持つためにもサイズを測るべし!

体重に変化が無いとボディシェイプに成功しているのかが分かりにくく、不安になってしまいますよね。

ですが体重は食事の前後や水分摂取量、生理周期などによって変化しますし、1日の間でも1〜3kgの増減はあるものです。
あまり体重にこだわりすぎるとストレスになりますし、一喜一憂してしまい前向きにエクササイズを続けられなくなってしまいます。

サイズに注目!

筋トレによるボディシェイプの効果を見える化するのなら、定期的にウエストなどの「サイズ」を測ることをおすすめします。

筋肉は鍛えることで見た目の結果に反映しますから、確実にサイズダウンしていることを実感できます。
今までサイズではなく体重ばかりに注目していた、という人は一度サイズを測定してみてください。

「あれ?体重に変化はなかったのにいつの間にかサイズダウンしていた!」なんて人も多いかもしれません。
定期的に測定して記録しておくことで、しっかりと成果を実感しながら続けることができます。

実は美しいボディラインは体重と比例しません。体重が減れば減るほどメリハリのある美しいボディを手に入れることができると思っていたあなたは危険!

ただ体重だけを減らせば、げっそりと凹凸のないボディラインになってしまうことも…。無理な食事制限ダイエットで胸が減ってしまう、というのも良くある失敗。筋トレで女性らしいふっくらとしたラインを残しつつ、キュッと引き締まったメリハリボディを育てましょう。

スポンサーリンク

関連記事

自分史上、最強の小顔をつくる…!セルフコルギのやり方と効果とは?

女性ならば誰しも小顔に憧れますよね。 しかし、サロンでの小顔矯正はちょっと値段が…そんな方におすすめなのが「セルフコルギ」です。 今回は誰でも簡単にできるセルフ

実は有酸素運動?通勤の時間にできちゃう自転車ダイエット

もし毎日の通勤時間だけでダイエットできたら、こんないいことないですよね。 通勤や外出時に自転車を使うだけで、そんなうれしいことが可能になるかもしれません。 ダイ

意外と美味しい!-3㎏が叶う「バナナ酢ダイエット」って?

バナナ酢ダイエットは確実に痩せると話題のダイエットです。実際にバナナ酢を作り、あなたもバナナ酢ダイエットを始めましょう。 気になる下半身がほっそり!おすすめ脚や

筋トレ?食事制限?内臓脂肪の原因と4つの落とし方

このページを見ているあなた、もしかしたら次のようなことに身に覚えがありませんか? ・最近、お腹が出てきた。 ・見た目はそんなに変わらないのに、健康診断で血液中の

ヘルシースイーツ「豆乳ドリンク」で甘い物我慢しないダイエット

ダイエット中は普段の食事に加えて、食後の楽しみのスイーツも我慢しないといけないのでストレスが付きまといます。 しかし、栄養価の高い豆乳を使えば、ダイエット中でも

ダイエットでいきなり運動はダメ!ウォーミングアップの重要性と方法

ダイエットには色々な方法がありますよね。 食事制限やサプリメント、エステを利用する人もいます。 しかし、やはり多くの方がダイエットというと運動を考えるのではない

5つのブランド展開している痩身エステサロン、ソシエとは?

スポンサーリンク 痩身エステってどこが良いか迷いませんか? 最近少しずつ増えてきた痩身エステ。でも沢山あるとどこの痩身エステが良いのかわからなくなりませんか?

1日スプーン1杯でOK!ダイエット効果に期待大!えごま油のパワーとは?

油は体に悪く、健康を害すイメージがありますが、えごま油は健康にいい油としてテレビや雑誌などでも多く取り上げられています。 また、えごま油は健康にいいだけでなくダ

少量でも満足感♡栄養豊富なのに脂肪分が少ない「スキムミルク」で楽痩せダイ…

スキムミルクという名前を聞いたことがありますか? 昔、給食に牛乳の代用品として出ていたという製品です。 スーパーで手軽に購入できるスキムミルクが、ダイエットにと

食べて痩せる!効果的なダイエットの食事メニュー・回数とは

痩せたいけど食べたい!食べたいけど痩せたい!という願望を持つ方少なくないと思います。夢のような話ですよね。 しかし、ポイントをしっかり押さえれば食べていても痩せ

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選