すらチャレ -女性のための健康サイト-

筋トレにバナナをプラスして大成功!? 効果的な食べ方とは

いつまでも若々しく、健康的に過ごすためには筋肉を鍛え、維持していくことが非常に大切です。

ボディラインが気になりだしたときにも、筋トレをすることによって脂肪燃焼率がアップし、痩せやすく美しいラインを手に入れることができます。

筋肉が鍛えられると日常動作が楽になるのはもちろん、怪我や病気の防止にも繋がりますし、ストレス解消効果もあるため、精神的にも健やかに過ごすことが出来るようになります。

筋肉を鍛えるためには、単に運動をするだけでなく適切な栄養補給も大切になってきます。
筋トレ中の栄養補給としておすすめなのは何と言ってもバナナです。

バナナは栄養価が高く安価で購入できますので、健康維持のために積極的に摂り入れていきましょう。

スポンサーリンク

筋トレとバナナは相性◎効果は?

 

栄養価が高い

バナナは非常に低カロリーで、1本あたりのカロリーは約100〜120cal程度しかなく、同じ量のおにぎりと比較しても半分程度しかありません。その為、ダイエットの際の栄養補給としても非常におすすめの食品です。

また、バナナにはカリウムを始め、ビタミンB6やマグネシウム、鉄分、糖質といった筋肉を生成するために必要な栄養素がたっぷり含まれているため、筋トレとの相性が抜群なのです。

カリウムには筋肉の痙攣や肉離れを防ぎ、筋肉痛を和らげたり、疲労回復を促進させる効果があります。

更に体の中の不要な塩分を体外に排出する効果がありますので、高血圧症やむくみ体質の方にもおすすめです。

筋肉の収縮を手助けしてくれるため、筋トレ中の怪我防止にも効果的です。

また、バナナには筋繊維を作り、傷んだ筋肉を修復するために必要なタンパク質やビタミンB群が含まれています。

特にビタミンB6は、タンパク質の吸収を促進させる効果があります。
バナナに含まれるビタミンB6量は、他の野菜や果物と比べても圧倒的に多いので、筋肉づくりにはもってこいの食材と言えるでしょう。

 

エネルギー不足を防ぐ

運動をしていると心配になるのがエネルギー不足です。バナナには100gあたり、約12gの糖質を含んでいます。

糖質は素早くエネルギーとして変換されるので、運動中のエネルギー維持に一役買ってくれます。

また、バナナを定期的に摂取することによって血糖値の上昇を防ぎながらも基礎代謝が高い状態をキープすることが出来るので、脂肪が定着するのを防いでくれます。

筋トレに最も効果的なバナナの食べ方は?

 

筋トレ前後30分に食べる

いくらバナナが筋トレにおすすめの食材であったとしても、がむしゃらに摂取すればいいという訳ではありません。

筋トレにおけるバナナの効果を最大限に発揮するためには、ポイントを抑え、効率よく摂取することが大切なのです。
  

筋トレ前の効果

まずおすすめなのが筋トレの約30分前にバナナを食べる方法です。何故ならバナナが消化されるのに掛かる時間が約30分だからです。

バナナは非常に消化によく、他の炭水化物類よりも素早くエネルギーに変換されます。
エネルギー補給が長時間持続するため、運動前に2本バナナを食べるだけで約90分間の激しい運動に耐えられるほどのエネルギーに相当すると言われています。

運動の最中にエネルギー切れになることを防いでくれるので、集中してトレーニングをしたい場合にも最適です。

事前にバナナを摂取しておくことで、筋グリコーゲンが補われやすくなるため、特に筋肉を肥大化させたい方に効果的です。

  

筋トレ後の効果

筋トレを行った後にバナナを食べるのもおすすめです。

そうすることによって失われた筋グリコーゲンの回復を促進させることが出来ます。
その際同時にトレーニングで消費した糖質やタンパク質などを摂取してあげると、タンパク質同化作用が促進させられるのでおすすめです。

 

プロテインも一緒にとる

運動をした後は、白米やパン、麺類に含まれる炭水化物を摂取することで筋肉疲労の回復に効果的だと言われています。

しかし、白米やパン類はカロリーが高く、糖質も多く含んでいますので、あまりたくさん食べるとせっかくの筋トレも効果を十分に発揮させることが出来ません。

そこでおすすめなのが、プロテインです。プロテインにはサプリタイプのものや、シェイクタイプのものなど様々なものがあります。

バナナとプロテインを同時に摂取することにより、より疲労回復が早くなり、失われたカリウムなどの電解質を効率よく補充することが出来るようになります。

カロリーを抑えながら必要な栄養素を補うことが出来ますので、筋トレを行う前にはあらかじめ運動後のバナナとプロテインを準備しておくといいでしょう。

バナナが体にいいからといってたくさん食べすぎると今度は脂肪へと変わってしまいます。その為、バナナを摂取する量は一日に2〜3本を目安にしておくようにしましょう。

まとめ

エネルギーを維持し、筋トレの効果をしっかり発揮するためには糖質、タンパク質、炭水化物、ビタミン類をバランスよく摂ることが大切です。
低カロリーで消化にも優しいバナナとプロテインはその中でも特におすすめの組み合わせと言えるでしょう。

バナナは筋トレやダイエットとの相性が非常にいいだけでなく、それ以外にも体に嬉しい効果がたくさんあります。
美容効果やアンチエイジング効果が得られるだけでなく、消化促進や便秘解消などの効果もありますので、普段の生活の中でも上手に組み合わせ、健康的な身体を維持していきいましょう。

スポンサーリンク

関連記事

食事制限なしのストレスレスダイエット!今年は青汁で痩せる!

青汁と言えば、ダイエットというよりは健康のために飲むイメージが強いですよね。 しかし、青汁は実はダイエットにとても効果的な健康食品なんです。 今回は、青汁が何故

魅惑のダンス、ベリーダンスのダイエット効果とは?代謝UPで下半身痩せにも…

魅惑的な動きで女性の魅力を引き出すベリーダンス。 前後左右に動かす腰の動きが目を引きますが、体をシェイプアップでき、ダイエット効果も抜群です。 今回はベリーダン

春が旬♡アスパラを美味しく食べてダイエットができちゃう理由を大公開!

食べたいものを我慢するつらいダイエットは、ストレスをためてしまうことがあります。 おいしいものを食べながら、理想的な身体を目指すことができれば、嬉しいですよね。

70日で-11kg達成!?消化酵素で痩せる!生大根ダイエットのやり方とは…

生大根ダイエットというダイエットを知っていますか? 生大根ダイエットはその名の通り、生大根を食べて減量するというもの。 TVバラエティー番組では、たんぽぽの白鳥

お茶漬け、湯豆腐…ダイエット中におすすめの夜食5選

ダイエット中なのに、どうしてもお腹が空いて夜食を食べたくなってしまうこともありますよね。 ダイエット中だから…と我慢しすぎると、ストレスになって余計に身体に悪い

飲みやすいのにダイエットに効く!黒豆茶の美容パワーって?

黒豆は、中国では古代から漢方薬としてその効用が知られていました。 古代の人はその経験知から、黒豆に血液の循環を良くし利尿作用のあることを知っていたのです。 日本

リバウンドする4箇条!体重増加を防止する食事法とは

運動をしてダイエットしたいけど、運動する時間もジムに通うお金もない…。 そんな悩みを持っている人はいませんか? それならば、消費カロリーより摂取カロリーを減らし

短期集中!!たった4分間で痩せるを実感する「タバタ式運動」とは…?

今話題のタバタ式運動。 4分運動と呼ばれるシステムで進めていく運動方法です。 では、タバタ式について詳しくご紹介します。 スポンサーリンク タバタ式トレーニング

お酒は太る?我慢しないでもできる4つのダイエット方法

「ビール腹」という言葉の通り、お酒を飲む人は太ると考えられています。お酒が好きな人はダイエットを決意したとき、飲むのをやめるべきか悩むのではないでしょうか。 仕

効果や消費カロリー、実際はどう?ウォーキングダイエットの実態

スポーツが苦手な人にとって、運動は苦痛なものです。楽な運動で、簡単に体重を落とす方法はないのでしょうか? 一般的なイメージでは、ランニングのようなハードな運動を

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選