すらチャレ -女性のための健康サイト-

塩サウナで美肌効果!? 正しい入り方から注意点まで徹底解説!

美容やダイエットに効果のある塩サウナですが、これは普通のサウナよりも低い気温の中で肌に塩を塗りこむというものです。
ですが、既婚は低いと言っても日常生活の中で考えればかなり暑いです。

その中で肌に塩を塗りこむわけですが、実は美容やダイエットでかなりの効果が期待出来るのです。

もちろん、ただ塩を塗り込めばそれで良いというわけではありません。

やってはいけないこと、避けたほうが良いこともあります。
ここでは、塩サウナについて説明しておこうと思います。

スポンサーリンク

塩サウナの効果とは?

 

ダイエット効果

塩サウナには、ダイエット効果があります。
即効性こそありませんが、じわじわと効果を発揮します。

気づいたら少し痩せていたなんていうのも、夢ではありません。
塩を皮膚に塗りこむのですが、この行為によって、老廃物などを取り除き余計なものを排出させ、新陳代謝もよくなるのです。

新陳代謝が良くなれば太りにくくもなりますし、続けていればダイエットも可能なのです。

 

美肌効果

もちろん、美肌効果もあります。
ダイエット効果と少し似てしまうのですが、老廃物を排出することで肌はどんどん綺麗になりますし、むくみも改善します。
予防にもなると言っても過言ではありません。

また、新陳代謝が良くなることで、肌荒れをしているなら肌の状態も良くなりますし、今現在状態が良いのなら、それをキープすることも可能なのです。

 

自律神経を整える効果

ダイエットや美肌に効果があるというのはなんとなく分かると思うのですが、実は自律神経を整えるという効果が塩サウナにはあるのです。
もちろん、塩サウナにだけ入っていれば良いというわけではありません。

サウナは暑いですから、そこにいるだけではむしろ具合悪くなってしまうでしょう。

塩サウナに入るのはもちろんなのですが、水風呂と休憩も忘れないことです。
そうすれば、自律神経が活発化して体調も整います。

 

毛穴をキレイにする効果

毛穴に詰まった汚れも綺麗に取ってくれるというのは、塩サウナの特徴でもあります。
毛穴の汚れが取れることで肌がすべすべになりますし、顔色が良くなる人もいます。

また、毛穴が綺麗になるということで、化粧のノリも良くなるのです。

塩サウナの正しい入り方

塩サウナにはもちろん、正しい入り方というのがあります。
これを守らないと効果はしっかり出てくれません。

どうせ利用するなら、ちゃんとした効果を得るべきでしょう。

まずこれは鉄則ですが、塩サウナに入る前にシャワーなどで体を温めておき、体を慣れさせましょう。
気温差があると、体が驚いたりしてよくありません。

また、かなり汗が出るので、水分を摂っておくことも重要です。
サウナで水分不足になるということは珍しくないので、気をつけてください。

塩は体を痛めないよう優しく塗りこみ、汗をかいてきたら最初よりは強めに塗りこむようにしてください。
塩が全て熔けたら、シャワーで流してください。

流れとしてはこのようなかんじですが、しっかり流すのは忘れないようにしてください。

塩サウナの注意点

 

塩を強く刷り込まない

塩をどのくらいの力で刷り込むのかは人によって違いますが、あくまで自分の加減で、あまり強くしないようにしてください。
強く刷り込んでしまうと、肌を傷つけてしまう怖れがあります。

塩は案外痛いので、気をつけるようにしてください。

 

デリケートゾーンは避ける

デリケートジーンを避けるというのも、大事なことです。
塩はただでさえ、ちょっとした力で肌を痛めてしまいます。

それがデリケートゾーンで起きたらどうなってしまうか考えれば分かると思いますが、浸みるだけではなく、そこからばい菌が入ってしまう怖れがあります。
デリケート故に大変なことになるかもしれないので、デリケートゾーンは絶対に避けてください。

 

体質に合わない場合はやめる

塩サウナは、体質に合わない場合があります。

敏感肌の人なんかはちょっとしたことで肌を傷めてしまう可能性があるので、何かあったらすぐにやめてください。
あとは、医師に相談することをお勧めします。

あとは、塩とは関係ないかもしれませんが、サウナ特有の気温や湿度が合わない場合もあるので、そういう人は絶対に無理をせず、駄目だなと思ったら途中でやめて、洗い流して出たほうが良いでしょう。

まとめ

塩サウナは肌にも健康にも良いですが、やりすぎは禁物です。
力を入れれば効果がかなり出そうと思ってしまうかもしれませんが、程々が大事です。
最初に塗りこむときは優しく、その後は少し強くというかんじで、あくまで肌をいたわるようにしてください。

力を入れすぎては効果が出るどころか、肌を傷めてしまう可能性があります。
早く効果が出て欲しいなら、力を入れるのではなく、定期的に行ったほうが良い結果が出ると思われます。

スポンサーリンク

関連記事

簡単なのに効果抜群!今日から始めるインナーマッスルの鍛え方

体のスタイルの良し悪しを左右するお腹周りの脂肪、気になりますよね。 そして、毎日腹筋運動を頑張っていても一向にお腹周りが痩せないと悩んでいる人も多いと思います。

身体のラインがキレイに…美しく痩せるなら手軽な「肩甲骨ダイエット」が効く…

今回は肩甲骨を動かすことで痩せることができる「肩甲骨ダイエット」について紹介します。 このダイエット、手軽で簡単にできるのです。 スポンサーリンク 肩甲骨ダイエ

震えるだけで痩せられる!?寒さ我慢ダイエットの効果はどれくらい?

寒さを我慢するだけで痩せられるなんて、にわかには信じられませんよね。 でも、ちゃんとダイエット効果があることが証明されているのです。 寒さを我慢することで体に何

満腹感で食事の量を減らす!炭酸水ダイエットの正しい方法とは?

昨今、炭酸水をダイエットに取り入れる方法が注目されています。 しかし、「ただ飲むだけ…」という間違った方法を行っている人も多いようです。 正しく実践するため、飲

ウエストニッパーはくびれ効果にバストアップまで!? 注意点も

ウエストニッパーという商品があるのですが、これは簡単に言うと、ウエストを少し細く見せることが出来る、締め付けが強くないコルセットのようなものです。 姿勢も良くな

口コミで話題沸騰中!ダイソーで買える着圧ソックスが凄い!

朝から仕事をしたり、遊びにできけたりすると気になるのが足のむくみ。 特に足のむくみが気になるのは夕方~夜にかけてですよね。 遊びならともかく、毎日毎日仕事続きだ

下剤で痩せようと思うのは間違い!危険性・その他痩せる方法まとめ

スポンサーリンク 下剤ダイエットとは 下剤ダイエットは、手軽に痩せることができると若者の間で人気のあるダイエット法です。 ですが、下剤の服用を継続し続けると、恐

リバウンドする4箇条!体重増加を防止する食事法とは

運動をしてダイエットしたいけど、運動する時間もジムに通うお金もない…。 そんな悩みを持っている人はいませんか? それならば、消費カロリーより摂取カロリーを減らし

ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選

皆さんは、毎日朝ごはんをキチンと食べていますか? 忙しいからと言って朝ごはんを食べない生活を続けていると、基礎代謝が上がらずに、太りやすい身体になってしまいます

少量でも満足感♡栄養豊富なのに脂肪分が少ない「スキムミルク」で楽痩せダイ…

スキムミルクという名前を聞いたことがありますか? 昔、給食に牛乳の代用品として出ていたという製品です。 スーパーで手軽に購入できるスキムミルクが、ダイエットにと

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選