すらチャレ -女性のための健康サイト-

筋トレしてもお酒を飲んだら意味ない!?筋肉とアルコールの関係まとめ

運動や筋トレをして体を鍛えたりシェイプアップする人も少なくないでしょう。
筋トレは厳しいトレーニングなので終わった後のビールやお酒は格別です。

しかし、そのお酒を飲むという行為、筋トレをした意味がなくなっているかもしれません。

お酒と筋肉は深い関係にあり、それを知らないとせっかくの努力が水の泡になる可能性もあるわけです。

何故お酒が筋肉に悪影響を与えるのかを知ることで、筋トレの効果を失わずに済むでしょう。

スポンサーリンク

アルコールが筋肉に与える”悪影響”とは?

運動後の一杯を楽しみにしている人にはとてもショッキングな話ですが、アルコールは筋肉に悪い影響を与えるのは事実です。

そのため筋トレ後のアルコール摂取が与える影響の大きさを理解しておかないと、いくら筋トレしても効果が半減してしまうことになります。

アルコールで筋肉を分解するホルモンが増える

筋トレ後にアルコールを飲むと摂取することで特殊なホルモンが増えます。

そのホルモンは「コルチゾル」と呼ばれるもので、これが増加すると筋肉を分解してしまいます。
コルチゾルは筋肉を分解し体脂肪に変える働きがあり、その影響で筋トレの効果が出にくくなるわけです。

筋トレの効果を打ち消す:テストステロンの分泌を抑える

筋肉を筋トレで鍛えるためには、男性ホルモンのテストステロンの存在が欠かせません。

筋肉はテストステロンの力を借りることで初めて強く太く成長するからです。
しかしアルコールを摂取することでテストステロンの分泌が抑えられることになり、筋肉を成長させることが出来なくなります。

肝臓への負担が増大する

筋トレをすることで筋肉は傷つくことになり、それを修復する過程で太く強くなっていきます。
この修復に関わっているのが肝臓で、肝臓が正常に働くことで筋肉の修復作業も効果的に行われます。

しかしアルコールを筋トレ後に摂取すると、肝臓への負担が増加することになります。

もし筋トレ後にアルコールを摂取した場合、筋肉修復とアルコール分解という2重の働きを肝臓は求められます。

そうなると肝臓に余計な負担がかかり、筋肉の修復も期待通りに出来ない状態になるわけです。

たんぱく質が消費されるため筋トレ効果が出ない

筋肉を筋トレで鍛えた後に強くするには、筋肉の元となるたんぱく質が重要となります。
たんぱく質は筋肉の元となる材料ですので、それが不足するといくら筋トレしても効果が出ません。

アルコールを筋トレ後に摂取すると、アルコールの分解にたんぱく質を使用することとなり、筋肉を作るためのたんぱく質が足りなくなります。

これが筋トレの効果を半減させてしまう原因となるため、アルコールは筋肉に悪影響だといわれているわけです。

急性アルコール筋症を発症する

筋トレをすると筋肉が傷つき、それを修復する際に筋肉痛を生じます。
この場合筋肉を修復し強くする際に痛みを感じるわけで、その痛みは筋肉が強化されている証となります。

筋トレ後にアルコールを摂取した場合、この筋肉痛と似たような痛みを感じる場合があります。

それが「アルコール筋症」と呼ばれる痛みです。

アルコール筋症はアルコールにより水分やビタミンが消費され足りなくなり引き起こされる痛みです。
この痛みは筋トレでの筋肉痛に似ていますが、筋肉が修復されて強くなっている痛みではないため、筋肉は一切成長も強化もしません。

筋肉も欲しいけどお酒も飲みたい!上手に飲む方法3つ

アルコールと筋肉の関係は分かったと思いますが、それでも筋肉も欲しい・アルコールも飲みたいという人は多いでしょう。

今回は3つの方法を提案しますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

おつまみに気をつける

お酒を飲む際のおつまみに気をつけることで、筋トレ効果とお酒を両立させることが出来ます。
おつまみを選ぶ際には含まれる栄養素を考えることと、脂質や糖質の量にも注意することがポイントです。

お酒だけだと筋肉に悪影響になる場合でも、おつまみがあることでたんぱく質やビタミンなどを補充できアルコールの影響を最小限に抑えることも可能となります。

糖質に気をつける

お酒には糖質が含まれているものも多く、摂取してしまうと筋トレでの頑張りを無駄にすることになります。
糖質は脂肪として体に蓄積されますので、糖質の少ないお酒などをチョイスすることが重要です。

お酒の場合ビールやワインなどの醸造酒や混成酒は糖質を含んでいます。

しかし蒸留酒であるウイスキーやウォッカなどは糖質を含みません。

お酒を飲むのであれば蒸留酒を選んで飲めば余分な糖質をカットできます。

筋トレとお酒を両立するために

筋トレとお酒を両立するには、筋肉とアルコールの関係を正しく理解することが先決です。

その上でお酒を飲みすぎないようにすることや、体への負担も考えて筋トレとお酒の摂取日を決めることも必要でしょう。

上手にお酒の摂取と筋トレを行えば、筋肉にも影響を最小限に抑えることが出来理想の体を手に入れることができるでしょう。

お酒を全く断つとストレスにもなるので、そうならないように上手く付き合っていきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

新しい体操!サントリーが提唱する「体脂肪体操」の効果とやり方、口コミ特集…

体脂肪体操とはサントリーが開発しスポーツ医学の第一人者である久野教授が監修をおこなっている新しい体操です。 短時間で効率よく体脂肪を燃やすことを目的に考えられた

低コストでダイエット中も安心のコンビニメニュー6選

コンビニって便利ですよね。ランチなどをコンビニで買うために毎日行く方も多いでしょう。 中にはダイエット中もいらっしゃると思います。コンビニのメニューでダイエット

少量でも満足感♡栄養豊富なのに脂肪分が少ない「スキムミルク」で楽痩せダイ…

スキムミルクという名前を聞いたことがありますか? 昔、給食に牛乳の代用品として出ていたという製品です。 スーパーで手軽に購入できるスキムミルクが、ダイエットにと

貼るだけで足痩せOK?!気になる足裏樹液シートの威力とは…?

100円ショップやドラッグストアなどで目にする「足裏樹液シート」。 むくんだ足の疲労を取るための癒しグッズと侮るなかれ、足が細くなった!という口コミがネットを賑

食物繊維はレタス2個分!?ポップコーンで我慢しない!簡単ダイエット♡

ポップコーンダイエットをご存知でしょうか? やり方は簡単、間食や食事(1食分)をポップコーンに置き換えるだけです。 説明だけ見ると怪しいですよね? 気になるポッ

デスクワークは太る?痩せるための生活習慣3つの見直し

デスクワークの消費カロリーを知らない方は多いのではないでしょうか。また、デスクワークは足のほか、腸にもむくみが起こりやすい職業です。これらの関係で、デスクワーク

海外セレブに人気!チアシードのダイエット効果とその方法

チアシードとは、シソ科サルビア属ミントの「チア(Chia)」という果実の種です。主に中南米で栽培されます。 食物としての歴史は古く、少なくともマヤ文明・アステカ

リバウンドする4箇条!体重増加を防止する食事法とは

運動をしてダイエットしたいけど、運動する時間もジムに通うお金もない…。 そんな悩みを持っている人はいませんか? それならば、消費カロリーより摂取カロリーを減らし

【女性に人気】ホットヨガがダイエットに効果的な理由とは

スポンサーリンク ホットヨガと普通のヨガの違いって何? ヨガは古代インドが発祥の修行法です。その長い歴史の中で様々なヨガが生まれ、現在は8つの流派に分かれていま

食べて痩せる!効果的なダイエットの食事メニュー・回数とは

痩せたいけど食べたい!食べたいけど痩せたい!という願望を持つ方少なくないと思います。夢のような話ですよね。 しかし、ポイントをしっかり押さえれば食べていても痩せ

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選