すらチャレ -女性のための健康サイト-

【アイソメトリック】の意味とは?今すぐできる筋トレダイエット!

アイソメトリックは、基本的にどこでも、そして、時間をかけずに出来る運動法です。
運動というとどうしても、場所を選んでしまったり時間がかかって中々出来ないという人がいます。

怪我の心配をしてしまう人もいますし、お金のことを気にしてしまう人もいます。

ですがこのトレーニングは、これらの悩みを解決出来ます。
ムキムキになりたい人用のトレーニングではありませんが、少し筋肉をつけたいという人には特にぴったりの方法となっています。

スポンサーリンク

アイソメトリックの意味

アイソメトリックとは、等尺性収縮運動のことです。
等しい長さということで、筋肉が長さを変えずに力を発揮するというものです。

動かないものに対して力を発揮するというのが、主な特徴です。

アイソメトリックの筋トレ方法

筋トレ方法は、色々あります。
本当に簡単に出来る方法は例えば、壁に手を立てて腕立て伏せをすることです。
これなら壁があれば出来ますし、部屋の広さは特に関係ありません。

強いて言うなら、足の踏み場があることと、壁が家具などでふさがれていないことでしょうか。
壁を使った腕立ては、案外腕が鍛えられます。

もっと場所がいらないとしたら、大胸筋を鍛えるやつでしょうか。

胸の前で両手を合掌し、両手をお互いに押しあいます。
なんとなく押すのではなく、強めです。
これでかなり大胸筋が鍛えられます。

長い時間やるとかなりしんどいので、自分で秒数を決めてそこで集中すると良いと思います。

もちろん他にも良い方法が多々あるので、自分がどこの筋肉をつけたいかによって、色々試してみると面白いと思います。

アイソメトリックの効果

アイソメトリックの効果は、適度な筋肉をつけられるということと、体を引き締めることが出来るということです。

筋トレなのに筋肉ムキムキにはならないのかと思ってしまう人もいるかもしれませんが、この方法はそういう人のためのものではないと思ったほうが良いと思います。

そういう人よりは、筋肉がない人が少し筋肉を付けたり、少したるんだ体を引き締めたりという要素のほうが強いのです。

アイソメトリックのメリット

アイソメトリックのメリットは、多々あります。
まずは、基本的にどこでも出来るということでしょうか。

運動というと、それなりに広い場所が必要だったり、外に行かなければ出来ないことがとても多いです。
ですがこのトレーニングなら自宅でも可能なので、他の運動と比べてかなりやりやすいと思われます。

もちろん、周りのものとぶつからないように、最低限は片付けてスペースは空けておくようにしてください。
あとは、怪我をしにくいというのも大きいです。

運動というと、どうしても怪我に繋がったり、怪我までいかなくても、どこか痛めてしまうというイメージがあるという人も多いでしょう。

ですがこのトレーニング方法は怪我もしにくく、体も痛めにくいのが特徴です。
体を痛めるから運動を躊躇していたという人でも、試すことが出来ます。

とりあえずやってみるということが出来るというのは、かなり大きな点だと思います。

アイソメトリック筋トレ法の注意点

アイソメトリック筋トレ法にはもちろん、上手くいけば効果が出るものではありますが、注意点ももちろんあります。

正しいフォームで行うこと

それは、適当にやらず、正しいフォームで行うことです。

正しい方法で行わないと、筋肉のバランスがおかしくなったり、場所によっては均等につかなかったり、効果が出にくくなってしまう可能性があるので気をつけてください。

バランス

あとはやはり、バランスです。

自分の中で筋肉をつけたいところというのがあるとは思うのですが、そのバランスがおかしくなると、確かに筋肉がついて満足かもしれませんが、バランスがおかしくなってしまう可能性があります。

それでは見た目にもよろしくありませんし、バランスがおかしくなってしまうことで、体のどこかに不調が出てしまうという可能性もないわけではないので、思っている以上にバランスというのは大事なのです。

水分補給

あと気をつけたいのは、水分補給です。

夢中になってしまうとついつい忘れてしまうかもしれませんが、水分を摂らないと気づいたら脱水症状になってしまうということもありえます。

そうなると効率も悪くなりますし、トレーニングも続けにくくなってしまいます。

このくらいやったら水分補給など、自分なりに最初から決めておくと、忘れることがないのでオススメです。

まとめ

アイソメトリックは、普通の運動よりもやりやすく、運動が苦手という人や、場所がないという人でも手軽に出来るものです。
とは言っても、守るべきことを守らないと、変なバランスになったり、筋肉が付きにくかったりするので、甘く見るのは禁物です。
ですが、上手くやれば良い筋肉がついて日々の生活が楽になったり、引き締まることで、体重にそれほど変化がなくても細く見えたりするので、効果が出るとかなり嬉しいものだと思います。

スポンサーリンク

関連記事

好きなものを食べても痩せられる「8時間ダイエット」とは!?

ダイエットでは好きなものを我慢しなければならないので辛いですよね。 しかし、この「8時間ダイエット」は何を食べても構いません。 「そんな都合のいい話なんてあるの

身浴よりも効果的?お風呂で氷を使ったダイエットが人気!

スポンサーリンク 氷1つで、体ポカポカの至福なバスタイム 昔から、「女性は体を冷やさないようにと」といわれてきました。 冷えは、健康にも美容にも大敵です。 飲み

朝食抜きは痩せる?太る?ダイエット中の朝ごはんはココに注意!

朝は時間もないし、あんまり食べる気がしないので朝食抜き、特にダイエット中はカロリーも気になるし朝ごはんの分のカロリーをカット出来て一石二鳥だとお思いの方。  

効果的に痩せるには?注目の成分カリウムを含む野菜でダイエットが良いみたい…

身体には、代謝機能という働きが備わっています。 代謝機能が活発であると、不必要なものを外に排出する働きが高まります。 カロリーを制限するダイエットの方法は、つら

女性向けボクシングダイエットが流行中!ストレスを発散して健康的で美しい体…

ボクシングと言えば、過酷な減量と激しい殴り合いが付きものの男性のスポーツというイメージがあります。 しかし、最近は女性のダイエットにも用いられていて、芸能人も行

身体のラインがキレイに…美しく痩せるなら手軽な「肩甲骨ダイエット」が効く…

今回は肩甲骨を動かすことで痩せることができる「肩甲骨ダイエット」について紹介します。 このダイエット、手軽で簡単にできるのです。 スポンサーリンク 肩甲骨ダイエ

記録するだけで痩せられる?レコーディングダイエットの効果と方法

毎日食べたものと体重を記録するだけで痩せられるという「レコーディングダイエット」。 このダイエットは、そのシンプルな手法と、実際に痩せた人が続出したことで広く知

無酸素運動と有酸素運動の組み合わせが最強!ダイエット効果をUPさせる方法…

ダイエットを効率よく行うには運動を取り入れることが必要です。 これまでは有酸素運動が有効と言われていきましたが、最近は無酸素運動と組み合わせることで、ダイエット

炭水化物抜きダイエットをしても痩せない…その原因とは?痩せるメカニズムっ…

炭水化物を抜いて糖質を制限しているのになかなか痩せない、という悩みを抱えている方も多いと思います。 今回は、炭水化物抜きダイエットをしても痩せない原因についてま

ダイエットのために整体?骨盤矯正で痩せるのはワケがある

最近のダイエットといえば、食事制限や運動だけではありません。 実は骨盤矯正もさまざまなダイエットへの努力を後押ししてくれるのです。 これを取り入れないなんてもっ

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選