すらチャレ -女性のための健康サイト-

【水泳ダイエット】で痩せないってホント!? 原因と改善法まとめ

ダイエットといえば、水泳がもっとも効果的!そんなイメージを持っている人も多いですよね。

しっかりカロリーを消費しながら、体にも負担をかけることがない。
まさに、理想のダイエットとして、雑誌やテレビなどでもよく紹介されていると思います。

ほかの運動にくらべると、よりリラックスして行えるのも魅力的ですよね。

ところが、実際にやってみた人のなかには、思ったように痩せることができなかったという感想がよく見られます。

なかには、かえって体重が増えてしまった…なんていう人も。

ちゃんと運動をしていたはずなのに、どうして痩せることができないのでしょうか?
もともと、水泳にはそれほどダイエット効果がないのでしょうか?

ここでは、その原因と改善方法について紹介したいと思います。

水泳の消費カロリーは、1時間で500~1000kcal以上と言われています。

ウォーキングの100~200kcal、ジョギングの400~600kcalとくらべると、断然多いことが分かりますね。

水中では血管が刺激され、基礎代謝がアップする効果もあります。
筋肉にあまり負担をかけないので、スリムな体づくりができるのもメリットのひとつです。

つまり、ダイエットに水泳を選ぶことは何も間違いではないのです。

食生活の乱れ

ダイエットの基本は、消費カロリーを摂取カロリーより増やす、ということです。

いくら水泳をしていても、それ以上に食事量が増えては意味がありません。

自分は運動をしているから、いくら食べても大丈夫、と考えている人はいませんか?

食生活が乱れると、水泳をやめたときにも大きな反動が出るので、気をつけてください。

冷え

プールによっては、水温がかなり低いところもあります。

すると、人間の体はよくできているもので、体を温めるためにより皮下脂肪をたくわえようと働きます。

休憩中、ずっとプールに浸かっている人多いのではないでしょうか。

水中では思った以上に体温が下がるので、注意が必要です。

水泳後お腹がすく

水泳は、たしかに消費カロリーの大きな運動です。しかし、それは逆にお腹が空きやすいということでもあります。

さらに水泳の場合、体温が低くなることで血液を内蔵にたくわえようとして、より活発に働きはじめます。

そのため、ほかの運動よりもお腹が空きやすくなってしまうのです。

すぐに効果を求めたがる

思ったように効果が出ない、と悩んでいる人のなかには、じつはすでに効果が出ている場合もあります。

たとえば、1ヶ月続けて1kgしか減量できなかった、という人もいるでしょう。

でも、いくら効果が高くても個人差はあります。
また、ちょっと太っているくらいでは、一気に体重を落とすことはできません。

にもかかわらず、すぐにあきらめて、失敗してしまう人がいるのです。

スポンサーリンク

水泳ダイエットで痩せる方法

みなさんも、いずれかの理由に心当たりがあったのでは?

水泳ダイエットで痩せるには、このような原因を改善していく必要があります。

では、いったいどんな方法があるのでしょうか?ひとつずつ見ていきましょう。

食事に気をつける

水泳後にお腹が空きやすい人は、食事を見なおしてください。

まずは一度、カロリー計算をしてみましょう。

また、水中では気づきにくいと思いますが、意外と喉が渇く運動でもあります。
スポーツ飲料の飲み過ぎにも気をつけましょう。

ただし、あまり食事制限しすぎると、リバウンドや健康へのリスクもあります。

炭水化物を抑えめに、筋肉の元となるタンパク質、野菜を多めにして空腹感を満たすようにしましょう。

スムージーなどの置き換えダイエットもおすすめです。

体を冷やしすぎない

体を冷やさないように、水温がしっかり管理されているプールを選んでください。

水中では、ウォーキングなどでつねに体を動かしておくようにしましょう。

プールを出たあとも、シャワーや入浴などでしっかり体を温めてあげます。

女性の場合、同時に冷え性対策も行うと効果的です。

継続する

水泳ダイエットにかぎらず、もっとも大切なのは継続することです。

結果を焦ってすぐ放り出してしまっては意味がありません。

少なくとも、まずは3ヶ月から半年は続けてみましょう。

食事制限やストレッチと合わせると、より効果的です。

ただし、あまり急激に痩せると危険なので、健康的なやり方は守ってください。

自分のペースで泳ぐ

激しい泳ぎをすればするほど、よりカロリーを消費することができます。

ただし、いきなりハードルを上げると、筋肉がつきすぎたり、ストレスが溜まる原意になったりするので、逆効果になりがちです。

まずは、自分のペースでゆっくり、少し息が上がる程度の泳ぎを続けましょう。
はじめのうちは、水中ウォーキングでも十分です。

目安としては、週に2~3回、1時間ずつのペースがよいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

水泳をしても痩せられない、という人は、かならずここで挙げたうちのどれかの原因に当てはまっているはずです。

これらの点にさえ気をつけておけば、かならず理想的なダイエットとなるでしょう。

体が水泳に慣れてくると、ふたたび効果が出にくくなるので、少しずつトレーニングをハードにしていくとよいでしょう。

なかには、水泳ばかり続けていると飽きてしまうという人もいると思います。

そのような場合は、あくまで種目のひとつとして考えて、ジョギングやウォーキング、ストレッチなどと組み合わせてローテーションにすると、より効果的です。

長く続けていけば、かならず痩せられるし、何より健康によい運動なので、ぜひみなさんも試してみてください。

スポンサーリンク

関連記事

ホットヨーグルトダイエットってどうなの?効果的なやり方とレシピ

基本のレシピに+αする事で飽きずに続けられるアレンジレシピを5つご紹介しましょう。ぜひ試してみて下さい。 気になる下半身がほっそり!おすすめ脚やせエステ 基本の

ヘルシースイーツ「豆乳ドリンク」で甘い物我慢しないダイエット

ダイエット中は普段の食事に加えて、食後の楽しみのスイーツも我慢しないといけないのでストレスが付きまといます。 しかし、栄養価の高い豆乳を使えば、ダイエット中でも

3週間で体質改善!噂のおにぎりダイエットの実態とは?

日本人が大好きなお米、おにぎりでダイエットができることを知っていますか。 一般的にダイエット中はお米の摂取量を減らしますが、おにぎりダイエットはその逆です。 一

貼るだけで足痩せOK?!気になる足裏樹液シートの威力とは…?

100円ショップやドラッグストアなどで目にする「足裏樹液シート」。 むくんだ足の疲労を取るための癒しグッズと侮るなかれ、足が細くなった!という口コミがネットを賑

運動系ダイエットにプラスで効果大!!サプリで取り入れたい成分とは?

理想の体型を目指して運動をしているけど、なかなか思うようにいかない…。 そんな悩みをお持ちではありませんか? それは年齢による代謝の低下や食事制限による栄養不足

筋肉じゃなく骨をほぐして痩せる!話題の骨ストレッチダイエットとは?

骨ストレッチというダイエット法をご存知ですか? 「骨ストレッチ」とは、プロのアスリートも実践している骨を動かすストレッチのことです。 今回は、話題の骨ストレッチ

ダイエットでいきなり運動はダメ!ウォーミングアップの重要性と方法

ダイエットには色々な方法がありますよね。 食事制限やサプリメント、エステを利用する人もいます。 しかし、やはり多くの方がダイエットというと運動を考えるのではない

痩せるのに必要なのはビタミンBだった!バランス食事で健康ダイエット♡

ビタミンBは私たちが摂取した糖質を分解、人間の働きに重要なエネルギーに変えてくれる役割があります。 エネルギーが生まれないと脂肪分も燃やせないため、ダイエットに

短期集中!!たった4分間で痩せるを実感する「タバタ式運動」とは…?

今話題のタバタ式運動。 4分運動と呼ばれるシステムで進めていく運動方法です。 では、タバタ式について詳しくご紹介します。 スポンサーリンク タバタ式トレーニング

レコーディングダイエットよりも頑張れちゃう♡話題のシンデレラノートって?

少し前に、自分の体重や食べたものを記録して痩せるレコーディングダイエットが流行しましたよね。 「シンデレラノート」は、やり方が少し似ていますがレコーディングダイ

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選