すらチャレ -女性のための健康サイト-

「つまずく原因」は前脛骨筋(すね)にあった!? すねの筋肉を鍛える方法

筋トレやダイエットに励んでいる方々にもあまり知られていないのが前脛骨筋です。

しかしながら、前脛骨筋は運動から日常生活に至るまで実はとても大切な働きをしている筋肉です。

脛骨のすぐ横にあり、歩行時やランニングのとき、立ってバランスをとるときなど、たくさんの働きを担っていますが、小さな筋肉のため、負荷がかかり続けると疲れや痛みを感じやすくなります。

では、前脛骨筋はどのような役割を果たし、どうすれば鍛えられるのでしょうか。

スポンサーリンク

前脛骨筋とは

前脛骨筋とは(ぜんけいこつきん)とは脛と足首を支える骨である脛骨の外側にある筋肉です。

脛骨の外側の上部から始まり、足裏内側の中足骨と楔状骨というところまで続いています。
脛の外側から土踏まずまで、内側へ少しねじれながらつながっているとイメージするとわかりやすいかもしれません。

前脛骨筋と対になる後脛骨筋も存在します。

前脛骨筋の役割

前脛骨筋は足関節の底屈といい、足首を伸ばしてつま先を下側に向けるときや、足関節の内反といって足裏を内側に向け、捻じる動作をする際に使われます。

つまずかないようにする

日常生活においては、歩行の際につまずかないようにつま先を持ち上げて、足を内側に向ける役割があります。

前脛骨筋が正しく機能していれば、歩行の際に足指と地面を必要最小限の距離に保つことができ、効率的に歩くことができるため、日常生活においては目立たないながらも大切な筋肉であるといえます。

このため、前脛骨筋が疲労していたり衰えてしまうと、何気なく歩いていても、急につまづきやすくなってしまったりします。

特に立ち仕事に従事している方などは前脛骨筋が疲労したり硬直しやすくなっているので、日頃から筋トレやストレッチなどをしてきちんとメンテナンスしておきましょう。

ランニングを効率的に

つま先を持ち上げる役割がある前脛骨筋はスポーツにおいても重要な筋肉です。

ランニングを行う際には地面から足を離すときにつま先を持ち上げ重心を移動しながら前方へ移動していきます。

このため、前脛骨筋が鍛えられているとこの動作を効率的に行うことができるようになります。

また、前脛骨筋は遅筋が多い筋肉とされています。
筋肉には遅筋と速筋があり、遅筋はマラソンのように長時間一定の動作を行うために必要な持久筋です。

一方速筋は瞬間的に負荷がかかるパワーリフティングなどを行うために必要になります。

持久力をつける

スポーツにおいても日常生活においても大切な前脛骨筋は頻繁に使われる筋肉でありながら、負荷がかかるとダメージを受けやすいという側面を持ちます。

前脛骨筋が弱ってしまうと、つま先が上がらず、ふくらはぎが疲れやすくなったり、地面に足を引きずるような歩き方になってしまいます。

このため、きちんとトレーニングしておけば、足の裏の筋肉、柔軟性、そして持久力の向上も期待できます。脛骨筋はインナーマッスルのため、筋肉の成長が実感しにくいですが、機能面は確実にアップすることができ、長い距離を歩いたり走ったりしても疲れにくく、トラブルが起こりにくくなります。

前脛骨筋を鍛えるトレーニング方法

前脛骨筋を鍛えるためには、アンクルフレクションという方法があります。
これはトレーニングチューブを重量物に固定し、つま先に引っ掛けて持ち上げるというものです。

ほかにもシーテッドトウレイズという方法もあります。こちらは椅子などに座って片方の足を伸ばし、つま先を反らせる動作を行うものです。

前脛骨筋は持久力が必要とされる筋肉のため、筋力アップするような激しい負荷ではなく、どちらの方法でも30回から40程度の回数を行えばよいでしょう。

まとめ

前脛骨筋はあまり意識されない小さな筋肉ですが日常生活からスポーツにおけるまで重要な役割を担っています。

つまづきが多いと感じたりランニングのパフォーマンスを上げたいと思った場合には、意識的にトレーニングするのがおすすめです。

トレーニングすることによってむくみや冷え性対策にも効果的です。

また、前脛骨筋を鍛えることは、足関節の内反や足関節のアーチ形成や維持にも効果的です。

良いコンディションで、きちんと使えるようにしておくことが大切です。

スポンサーリンク

関連記事

むくみはためない!その日のうちにすっきりさせる方法とは?

夕方になると足がむくんでつらい、靴がきつくなる、お酒を飲んだ翌日は顔がむくんで大変など「むくみ」の経験はありますよね。 中には足が痛くなるほどのひどいむくみを経

冷えの原因は何?種類と原因を知っておこう!

スポンサーリンク 冷え性のこと、ちゃんと理解していますか? 女性に多い「冷え性」ですが、そもそもきちんとした定義はありません。 血液検査で赤血球、ヘモグロビンが

便秘も解消!? ダイソーの「青竹踏み」がスゴイと話題沸騰中!

みなさん、こんにちは!美容方法やダイエットは毎日続けることに意味があります。 しかしながら、最初に高い器具を買う必要性がある場合などちょっと大変なこともたまにあ

【あなたはセルライト潰す?潰さない?】セルライトの正しい対処方法って?

ダイエットしても落ちないデコボコ肉、それはもしかしてセルライトかも知れません。 セルライトは、食事制限や運動では簡単に減らすことができないのが難点です。 では、

いつもの食事にひと工夫!むくみ解消効果のある食べ物とは?

気になる下半身がほっそり!おすすめ脚やせエステ 顔や下半身のむくみを気にされている方は多いのではないでしょうか。 特に女性は毎日メイクをしているので、顔のむくみ

あなたの便秘はハイヒールが原因かも?ハイヒールをはくことのデメリットとは…

オシャレは足元からと言いますが、オシャレをした時に欠かせないのがハイヒールです。 少し高めのハイヒールを履くだけでも気分はグンと盛り上がりますよね。 スタイルを

低カロリーで便秘解消も!海藻サラダダイエットの効果とレシピ3つ

効果的なダイエットには食事に気を使うことが求められます。きちんと栄養は摂らなければなりませんが、食べ過ぎたり高カロリーの食事をとることは厳禁。食事の量を減らして

寝る前の水分がむくみの原因に?!むくみを招く水の飲み方4選

水分は体にとって必要不可欠なものですが、飲み方を間違うとむくみを招いてしまいます。 しかし、飲み方さえ間違わなければ、逆に体調を良くすることも可能です。 今回は

水は飲んでも太らない!正しい飲み方でむくみも解消

水を飲んだら太る?水はカロリーがないから太らない?さまざまな説があって、困惑してしまいますよね。 まず「水太り」という言葉があるので、水を飲むだけでも太るという

頑固な便秘でお悩みの方は要注意!落下腸マッサージですっきり腸を手に入れよ…

「落下腸」という言葉を、みなさんは聞いたことがありますか? 今回はダイエットの大敵、「落下腸」について詳しくみていくとともに、改善できるマッサージ方法をご紹介し

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選