すらチャレ -女性のための健康サイト-

ダイエットでいきなり運動はダメ!ウォーミングアップの重要性と方法

ダイエットには色々な方法がありますよね。
食事制限やサプリメント、エステを利用する人もいます。
しかし、やはり多くの方がダイエットというと運動を考えるのではないでしょうか。
食事制限でのダイエットは確かに食べる量が減るのですから効果は得られますが、リバウンドの心配があります。

また、体重は落ちても余った皮が残ってしまうなど、綺麗に痩せることは期待できません。綺麗に、そして確実にダイエットを行うのならやはり運動がベストです。
ダイエットを必ず成功させたい!でもなかなか重い腰があがらない方の為に、ウォーミングアップ方法をお教えします。

スポンサーリンク

ダイエットを始める前に

ダイエットの方法を考える

リバウンドを恐れる事無く、綺麗に確実に、またダイエットだけでなく身体にとっても良い、おすすめなダイエット方法は有酸素運動です。
有酸素運動とは、水泳やジョギングと言った長時間継続して行う運動のことを言います。有酸素運動を行うことで酸素を普段より多く取り込み、脂肪を燃焼させ、その燃焼したものがエネルギーの元となります。

では、早速運動を始めよう!ではなくて、体、そして心の為に準備をする必要があります。

まずは心のウォーミングアップ

運動を始める前に、しっかりと目標を立てましょう。
目標は、「○○キロ」や、「この服を着れるようになる!」など明確な目標を決めましょう。
さらに、「いつまでに○○キロ」まど期限を決めるとダイエットの成功率があがります。

そして、運動を始める前には、毎回この目標を思い出してください。
思い出すことでやる気もアップします。
また、運動している自分をしっかりとイメージすることも大切です。
中途半端な気持ちで始めてしまうと、大きな怪我に繋がってしまうことがあるので、しっかり集中して取り組みましょう。

ながら運動は痩せない?トレーニングに大切なのは集中力とイメージ

体のウォーミングアップの重要性

ダイエットを運動で行うには、ウォーミングアップをすることで、体の器官の働きが高まります。
器官の働きが高まることで、成果にも大きな差が出るのです。

ウォーミングアップを行うということは、本格的な運動をする前に体温が温まっている状態なので、神経から筋肉への指令速度が速まり、体が動きやすくなったり、持久力も向上させることができます。

逆にウォーミングアップをせず、体温が上がっていない状態でストレッチもせずにいきなり全力で運動を始めてしまうと、筋を痛めたり、肉離れ、損傷や損害といった怪我をしやすくなってしまいます。
なので必ず運動をする前にはウォーミングアップをして、体が温まった状態で運動するようにしましょう。

4つのウォーミングアップ方法

ウォーミングアップは全身を使う事を第一に考えて下さい。
全身を動かして、体全身を温めましょう。

①ラジオ体操

これは全身を使う体操でしっかりとしたウォーミングアップになります。
しかし、ラジオ体操がしっかりと頭に入っていないのに、うろ覚えでやってしまうと十分に動かせない箇所が出てきてしまうので、一つ一つ行動の意味を考えて取り組んでください。

②ウォーキング

ここでのポイントは両手を大きく振ること。
また速足で歩くことで更に効果があります。

③足踏み

ポイントは太ももを高く上げることです。
両手を大きく振ると更に効果的です。

④マッサージ

体をさすったり軽くたたいたりするマッサージ。
手で体を揉むのもいいでしょう。

ウォーミングアップの時間

ウォーミングアップはどのくらいの時間行えばいいのでしょうか。
冬場の場合、気温が寒いので、室内なら室内の温度を上げて、室外なら暖かい格好をして行いましょう。
夏場は、冬場の逆で体温が上がり過ぎないように気を付けましょう。
体温が上がりすぎると、逆に運動能力の低下の原因になってしまいます。暑い時に行うウォーミングアップは、なるべく涼しい場所を見つけて行ってください。

時間は10分くらいが目安です。体が温まったな、と感じたらOKです。
ただし気温だけの温まり方では筋力は上がらないので、夏のような暑さでも必ず体を動かしてから始めてください。
ウォーミングアップは体を温めるだけでなく、これから行う運動に向けて体を慣らすことも目的だということを忘れないでください。

最後に

いかがでしたか。今回は、ウォーミングアップの重要性を紹介しましたが、どのダイエット方法も心のウォーミングアップはダイエットの成功に繋がる大切なものです。

そしてダイエットを運動で行う場合、怪我を引き起こさないためにもしっかりとウォーミングアップをして体を慣らしてから運動をしてください。心も体もケアをしながらダイエットを行いましょう。

スポンサーリンク

関連記事

普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適…

いろいろなダイエット方法がありますが、高価なダイエット食品や手間がかかる方法はできれば避けたいという方は多いのではないでしょうか。 そんな方でも手軽にできるダイ

あなたの悩みはどれ?腹筋の種類と目的別トレーニング法まとめ

年を重ねるごとに脂肪が付いてくるお腹。 どうにかしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。 お腹の脂肪を落とすには腹筋運動が最適ですが、トレーニングの成果

大橋未歩アナも実践!美容にもいい炭酸水ダイエットの効果とやり方

手軽で簡単にできる炭酸水ダイエット。 美意識の高いモデルや女子アナに注目されているダイエット法でTVでも取り上げられました。 最近では大橋未歩アナが実践している

1週間で5キロ痩せるダイエット方法!食事と運動のコツに迫る!

「久しぶりに会う彼と1週間後にデート」 「旅行に行くからには痩せた状態で行きたい」 このように、どうしても予定の日までに『1週間で5キロくらい痩せたい!』という

気軽なのにこのデトックス力!「半日断食ダイエット」で体質改善

一度ついてしまったお肉を取るのはなかなか難しいもの。健康的に簡単に痩せるのは難しいと思いこんでいませんか? 今回は、簡単で効果的に、健康的に痩せられる方法をご紹

壁ドンで痩せる! 壁を使ったエクササイズ

一時期、その聞かない日がないほど話題となっていた「壁ドン」ということば。 その壁ドンが道具もいらない、おカネもかからないダイエット法としても、今、話題となってい

美脚効果抜群!効果的なスリミングジェルの使い方

季節を問わず、女子にとっては足を出す機会はたくさんあるので、美脚をめざしたいものです。では、「足痩せ」はどうすればいいのでしょう?ストレッチ?スポーツ?リンパマ

食欲を抑えるホルモンがあった!痩せるホルモン「レプチン」とは?

「レプチン」は、食欲を抑制する作用のあるホルモンです。 レプチンの分泌を上手くコントロールできれば、過剰な食欲を抑え、ダイエットを成功させやすくなります。 スポ

エステサロンで導入増加!サーモシェイプの効果って?

スポンサーリンク サ-モシェイプ知っていますか? ダイエットをしたい!と思ったことありませんか? 女性の方なら1度は経験があるはずです。 現在、様々なダイエット

白砂糖vs黒砂糖 ダイエットにはどちらがおすすめ?カロリーや栄養成分の違…

ダイエット中は運動やカロリー制限を行っているため、どうしても甘いものが恋しくなります。 そんな甘さの元となる砂糖は、大きく分けて、白砂糖と黒砂糖がありますが、ど

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選