すらチャレ -女性のための健康サイト-

ダイエットでいきなり運動はダメ!ウォーミングアップの重要性と方法

ダイエットには色々な方法がありますよね。
食事制限やサプリメント、エステを利用する人もいます。
しかし、やはり多くの方がダイエットというと運動を考えるのではないでしょうか。
食事制限でのダイエットは確かに食べる量が減るのですから効果は得られますが、リバウンドの心配があります。

また、体重は落ちても余った皮が残ってしまうなど、綺麗に痩せることは期待できません。綺麗に、そして確実にダイエットを行うのならやはり運動がベストです。
ダイエットを必ず成功させたい!でもなかなか重い腰があがらない方の為に、ウォーミングアップ方法をお教えします。

スポンサーリンク

ダイエットを始める前に

ダイエットの方法を考える

リバウンドを恐れる事無く、綺麗に確実に、またダイエットだけでなく身体にとっても良い、おすすめなダイエット方法は有酸素運動です。
有酸素運動とは、水泳やジョギングと言った長時間継続して行う運動のことを言います。有酸素運動を行うことで酸素を普段より多く取り込み、脂肪を燃焼させ、その燃焼したものがエネルギーの元となります。

では、早速運動を始めよう!ではなくて、体、そして心の為に準備をする必要があります。

まずは心のウォーミングアップ

運動を始める前に、しっかりと目標を立てましょう。
目標は、「○○キロ」や、「この服を着れるようになる!」など明確な目標を決めましょう。
さらに、「いつまでに○○キロ」まど期限を決めるとダイエットの成功率があがります。

そして、運動を始める前には、毎回この目標を思い出してください。
思い出すことでやる気もアップします。
また、運動している自分をしっかりとイメージすることも大切です。
中途半端な気持ちで始めてしまうと、大きな怪我に繋がってしまうことがあるので、しっかり集中して取り組みましょう。

ながら運動は痩せない?トレーニングに大切なのは集中力とイメージ

体のウォーミングアップの重要性

ダイエットを運動で行うには、ウォーミングアップをすることで、体の器官の働きが高まります。
器官の働きが高まることで、成果にも大きな差が出るのです。

ウォーミングアップを行うということは、本格的な運動をする前に体温が温まっている状態なので、神経から筋肉への指令速度が速まり、体が動きやすくなったり、持久力も向上させることができます。

逆にウォーミングアップをせず、体温が上がっていない状態でストレッチもせずにいきなり全力で運動を始めてしまうと、筋を痛めたり、肉離れ、損傷や損害といった怪我をしやすくなってしまいます。
なので必ず運動をする前にはウォーミングアップをして、体が温まった状態で運動するようにしましょう。

4つのウォーミングアップ方法

ウォーミングアップは全身を使う事を第一に考えて下さい。
全身を動かして、体全身を温めましょう。

①ラジオ体操

これは全身を使う体操でしっかりとしたウォーミングアップになります。
しかし、ラジオ体操がしっかりと頭に入っていないのに、うろ覚えでやってしまうと十分に動かせない箇所が出てきてしまうので、一つ一つ行動の意味を考えて取り組んでください。

②ウォーキング

ここでのポイントは両手を大きく振ること。
また速足で歩くことで更に効果があります。

③足踏み

ポイントは太ももを高く上げることです。
両手を大きく振ると更に効果的です。

④マッサージ

体をさすったり軽くたたいたりするマッサージ。
手で体を揉むのもいいでしょう。

ウォーミングアップの時間

ウォーミングアップはどのくらいの時間行えばいいのでしょうか。
冬場の場合、気温が寒いので、室内なら室内の温度を上げて、室外なら暖かい格好をして行いましょう。
夏場は、冬場の逆で体温が上がり過ぎないように気を付けましょう。
体温が上がりすぎると、逆に運動能力の低下の原因になってしまいます。暑い時に行うウォーミングアップは、なるべく涼しい場所を見つけて行ってください。

時間は10分くらいが目安です。体が温まったな、と感じたらOKです。
ただし気温だけの温まり方では筋力は上がらないので、夏のような暑さでも必ず体を動かしてから始めてください。
ウォーミングアップは体を温めるだけでなく、これから行う運動に向けて体を慣らすことも目的だということを忘れないでください。

最後に

いかがでしたか。今回は、ウォーミングアップの重要性を紹介しましたが、どのダイエット方法も心のウォーミングアップはダイエットの成功に繋がる大切なものです。

そしてダイエットを運動で行う場合、怪我を引き起こさないためにもしっかりとウォーミングアップをして体を慣らしてから運動をしてください。心も体もケアをしながらダイエットを行いましょう。

スポンサーリンク

関連記事

ロングブレスダイエットって本当に痩せるの?効果のあるやり方とは

ロングブレスダイエットがメディアに取り上げられた数年前、皆さんもしょっちゅう、その名を目や耳にしたのではないでしょうか。 それが単品ダイエットのように一時的で終

甘いものやめられない病気?砂糖依存症に打ち勝つ3つのコツ

スポンサーリンク 甘党のアナタ、ひょっとして砂糖依存症かも? 学生の頃、脳のエネルギー源になるのは糖分だけと聞かされた事があります。 朝、糖分を摂ると脳にとても

少量でも満足感♡栄養豊富なのに脂肪分が少ない「スキムミルク」で楽痩せダイ…

スキムミルクという名前を聞いたことがありますか? 昔、給食に牛乳の代用品として出ていたという製品です。 スーパーで手軽に購入できるスキムミルクが、ダイエットにと

ダイエットのために整体?骨盤矯正で痩せるのはワケがある

最近のダイエットといえば、食事制限や運動だけではありません。 実は骨盤矯正もさまざまなダイエットへの努力を後押ししてくれるのです。 これを取り入れないなんてもっ

効果絶大!縄跳びダイエットを継続するとスッキリスリムが実現?!

スポンサーリンク 縄跳びってダイエット効果あるの? 最近、「痩せる!」と話題になっている縄跳びダイエット。 スペースもとらない上にテクニックもいらず、手軽に始め

噛むだけで痩せられる!?「ガム」はダイエットに最適だった!

集中力を高めたいとき、リフレッシュしたいとき、口寂しいときなど、ガムを食べるシーンは人によって様々です。 日頃からガムをよく噛んでいる、という方も多いのではない

筋肉じゃなく骨をほぐして痩せる!話題の骨ストレッチダイエットとは?

骨ストレッチというダイエット法をご存知ですか? 「骨ストレッチ」とは、プロのアスリートも実践している骨を動かすストレッチのことです。 今回は、話題の骨ストレッチ

腹筋ローラーのデメリットは?正しい使い方・効果まとめ

ダイエット器具、色々な商品がありますね。 東急ハンズとかロフトなどのバラエティショップにいくと沢山のダイエットグッズが並んでいます。 通販でしか購入できないダイ

あなたは噛む派?噛まない派?食べ方で効果が変わるチアシードの魅力とは?

最近大注目されているチアシードには、スーパーフードという呼び名もあります。 ダイエットのために摂取している方も多いそうですが、みなさん食べ方をご存知ですか? ス

我慢できない夜中の空腹感には麺つゆが効く?!その理由とは?

ダイエット中の方もそうでない方も、夜中に空腹感に襲われる事ってよくありますよね。 でも、夜に食べた物は脂肪になりやすく、夜食はなるべくなら控えたいものです。 「

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選