すらチャレ -女性のための健康サイト-

キレイな体型は日頃の姿勢から!肩甲骨・股関節・足を意識した正しい歩き方

年齢と共に体型は変化します。お腹周りに肉がつき、二の腕はぷるぷる、太もももたるたるに。体型に自信がないと、猫背になって下を向いて歩きがちですよね。

しかし、その姿勢が体型を更に悪化させてしまっているのです。
日頃から、姿勢を意識して生活をすると気になるお腹周りも、二の腕も、太ももも引き締まります。正しい姿勢を身に着け、生活をするだけでダイエットになるのです。

スポンサーリンク

姿勢を見直そう

あなたは姿勢が悪い?

極端に姿勢が悪い方ではない限り、「姿勢が悪いから気をつけなくちゃ」なんて思いながら生活はしませんよね。ご自身で姿勢が良いと思っている方も、❝姿勢が良い❞ということと❝正しい姿勢❞は違います。

姿勢チェック

その1.姿勢を正し、体を横にして鏡を見てください。姿勢を正しているつもりでも、肩が内側に入っている。
その2.肩や首がいつもこってる。
その3.呼吸がたまに苦しいと感じることがある。
その4.靴底の左右どちらかだけがすり減っている。
その5.パソコンや読書をする時、背もたれに寄りかからないと体が辛い。
その6.周りから姿勢が悪いといわれる。
その7.まっすぐ立っているとすぐに疲れて楽な姿勢をとりたくなる。
その8.体重の割には、下っ腹だけがでていたり体型のバランスが悪い。
その9.X脚またはО脚である。
その10.肩こりや腰痛がある。

いかがでしたか?姿勢が悪いと、体型が崩れてしまうだけでなく、健康にも大きく影響が出てしまうのです。

正しい姿勢を知ろう!

正しい姿勢・歩き方をしていると、体に筋肉がつき、自然と痩せやすいバランスのいい体になります。
正しい姿勢・歩き方とはどういうことでしょうか。

正しい姿勢・歩き方をしていると、体に筋肉がつき、自然と痩せやすいバランスのいい体になります。正しい姿勢・歩き方とはどういうことでしょうか。

正しい姿勢とは

正しい姿勢とは、簡単に言うと、壁にかかと・肩・頭をつけた状態の姿勢が綺麗な姿勢と言われています。

しかし、もともと姿勢が悪い方は、壁がなくなってしまうと、この姿勢をとることが難しいのです。❝壁にかかと・肩・頭をつけた状態の姿勢❞と意識をしても無理にこの姿勢をとろうとして体に力が入り、肩や腰を痛めてしまうことがあります。

姿勢が悪い方は、肩が内側に入ってしまい、上手に正しい姿勢をとることができないので、まずは、姿勢をよくしよう!と考えるのではなく、肩を正しい位置に戻すことを意識してみてください。

肩を正しい位置に戻す方法は、肩を思い切り持ち上げて、左右の肩甲骨を出来る限りくっつけます。そして、持ち上げていた肩の力を一気に抜き、肩を落とします。これが正しい肩の位置です。

正しい位置に肩がきたら次は顎を引きます。頭の重さで顎が前に出やすいのですが、これでは首に負担をかけてしまいますので、体のバランスが悪くなってしまいます。
顎を引くことで体の重心の位置が変わり、姿勢がよくなります。

姿勢が正しくなると

正しい姿勢が習慣づくと体に変化が起こります。肩こりや頭痛、腰痛が改善されたり、呼吸もしやすくなります。

正しい歩き方を知ろう!

正しい歩き方とは

姿勢を正したら、歩き方にも意識をしましょう。
正しい歩き方は、足をあまり高くあげないで、前に出します。そして、つま先で地面を蹴り、かかとで着地をすることです。また、あまり体重をかけずに軽やかに歩くイメージで歩きましょう。

呼吸は、意識をして、腹式呼吸を心がけましょう。腹式呼吸をすることにより、腰への負担が軽減します。また、お腹周りのお肉が筋肉へと変化します。

腕も意識して振りましょう。肩甲骨を意識して腕を振ることにより、肩甲骨周りに筋肉がつきます。肩甲骨周りに筋肉がつくと、正しい姿勢をとりやすくなります。

また、体に負担をかけるような歩き方をしていると、特に股関節に大きな負担をかけてしまうのです。正しく歩くことで、股関節が鍛えられ、年齢に負けない股関節をキープすることが出来るのです。

歩き方が正しくなると

大きな筋肉を使うため、脂肪燃焼の効果があります。また、お尻の筋肉をつかうのでヒップアップにつながり、血行がよくなり、肩周り・腰回りに筋肉がつくため、腰痛や肩こりの改善にもつながります。

姿勢を意識してヒップアップ!シコアサイズについて詳しくはコチラをご覧ください。

少しの意識で体が変わる!

はじめは、正しい姿勢・歩き方を意識するととても大変に感じるかもしれません。
しかし、根気強く意識し、正しい姿勢・歩き方をしていると、体に定着し、自然とその姿勢・歩き方が身に付きます。

すると、大変に感じていた姿勢や歩き方が、❝この方が生活しやすい❞と、体に負担をかけないことに気が付くと思います。
日頃から綺麗な姿勢・歩き方を意識し、バランスの良い筋肉がついた痩せやすい体を手に入れましょう!

ハイヒールでやせる!?ハイヒールダイエットの正しい方法について詳しくはコチラをご覧ください。

今すぐ美脚に!美脚へ近づく3つのポイント

スポンサーリンク

関連記事

普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適…

いろいろなダイエット方法がありますが、高価なダイエット食品や手間がかかる方法はできれば避けたいという方は多いのではないでしょうか。 そんな方でも手軽にできるダイ

つけるだけで楽痩せ?EMSの使用感や効果とは?

皆さん“EMS”という言葉を今まで一度は耳にしたことがありますか? 馴染みのない方が意外と多いかもしれませんが、EMSとは実はある運動器具のことを指します。 こ

好きなものを食べても痩せられる「8時間ダイエット」とは!?

ダイエットでは好きなものを我慢しなければならないので辛いですよね。 しかし、この「8時間ダイエット」は何を食べても構いません。 「そんな都合のいい話なんてあるの

次こそダイエットを成功させたい。胃袋を小さくして痩せる方法!

ダイエットに成功したことがないという方! もしかしたら成功しないのは「胃袋」に理由があるのかもしれません。 あなたは人より食事する量が多くはありませんか? 胃袋

姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選

太っている人でも、痩せてる人でもなってしまう二重あご。 その原因は、何気ない毎日の習慣にあります。 原因となる悪習慣を知って、あごのたるみを解消しましょう。 ス

3日に1回で痩せちゃう?! ブロッコリースプラウトのダイエット効果に注目…

ブロッコリーの新芽、それがブロッコリースプラウトです。 最近、高いダイエット効果があると話題になっていますよね? 今回は、ブロッコリースプラウトが持つ驚きのダイ

本当に痩せられる?ウォーキングでの気になるダイエット効果!

ダイエットの王道ともいえるウォーキング。 手軽でおカネもかからず、すぐに始められて健康的と、よいことずくめの痩身法です。 しかし、本当にただ歩くだけで痩せられる

春が旬♡アスパラを美味しく食べてダイエットができちゃう理由を大公開!

食べたいものを我慢するつらいダイエットは、ストレスをためてしまうことがあります。 おいしいものを食べながら、理想的な身体を目指すことができれば、嬉しいですよね。

8種類から選ぶだけ!朝食ダイエットで目指せ「痩せ体質」

面倒だったり、ダイエットをしたりでつい抜いてしまいやすい朝ごはん。特に一人暮らしをしているとなりがちですね。しかし、朝ごはんを抜くことで、むしろダイエットの機会

2週間だけ主食を我慢。今注目のケトン体ダイエットのやり方とは?

老若男女問わず、ダイエットは人間にとって永遠の課題と言えます。 酵素ダイエットやリンゴダイエット等、数々のダイエット方法がある中で、今注目されているダイエット方

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選