すらチャレ -女性のための健康サイト-

これがお勧め!ダイエットに効く飲み物・飲み方

即効性期待の全身エステを体験しちゃお!

ダイエットと言うと気にするのが、食事、次に運動。
これらには多くの人が注意を払うと思いますが、実はそれと同じ位に気を付けたいのが飲み物の選び方とその飲み方です。

なぜなら折角食事や運動で気を付けても、飲み物のカロリーであまり効果が出ない場合もあり、また、飲み物によってはダイエットを助けてくれるというありがたい効果も持っているからです。

今回はそんなダイエット中に心強く味方になってくれる飲み物について調べてみました。

ダイエット中脂肪燃焼を助けてくれる飲み物とは?

まず、一般的にダイエットに効果が期待できる飲み物とその特徴を下記にまとめてみました。

水が十分に身体の中に入る事により血液の流れが良くなったり、老廃物を排出しやすくなるだけでなく、一時的に下がった体温を戻そうとするので体温が上昇し、代謝がよくなります。

代謝というのは食べた物をエネルギーに燃やす力の事。
代謝がよくなるという事は消費カロリーが増えるということにつながり、太りにくい身体になるという事です。

炭酸水

炭酸ガスが胃の中で膨らみ、満腹を感じやすくなる事で食欲を抑制でき、食べ過ぎる事を防止してくれます。
また、胃を膨らませて腸を刺激するのでそのぜんどう運動により便秘を解消してもくれます。

お茶

低カロリー飲料であり、お茶に含まれている「カテキン」にはブドウ糖の吸収を抑える効果があり、「サポニン」には血行を促す効果があり、「カフェイン・クロロゲン酸」には脂肪を分解、蓄積を抑える効果が備わってもいます。

また、利尿作用から老廃物も排出されやすくなります。

コーヒー

カフェインやクロロゲン酸」が特に多く含まれている飲料なので、その分脂肪の分解、蓄積を抑える効果が大きく、カフェインには血液の循環を良くする効果もあるので代謝もよくなります。

また、コーヒーの香りにはリラックス効果があるのでイライラしやすいダイエット中も気持ちを落ち着かせるという効果もあります。

ココナッツジュース

低カロリー飲料ですが、栄養価は飲む点滴といわれるぐらい抜群に含まれています。

特に「マグネシウム」が豊富なので代謝がよくなり、「カルシウム」も豊富なのでダイエット中のイライラを軽減してくれます。

低脂肪乳

栄養素は牛乳同じですが、脂肪分だけを取り除いているので余計な脂質を摂取せずにすみます。
また、お腹に持ちが良いので食べ過ぎを防ぐ効果があります。

オリーブオイル

オリーブオイルに豊富に含まれるオレイン酸は、脂肪の蓄積を抑え、便秘を解消する効果があります。
また飲むことで、食欲を抑えれるという効果があります。

スポンサーリンク

より効果的な飲み方は?

では、これらをどのタイミングでどの様に飲めばより効果的なのでしょうか?
下記にまとめてみました。

水の場合

身体を冷やさない為に常温のものを飲むことが好ましいです。
そしてデトックスを促す為には2~3リットル飲むのがお勧めです。

なぜならそれ以下だと基礎代謝が上がらないので。
また、種類は水道水は選ばないこと。

なぜなら水道水には殺菌の為、塩素が含まれているので。
飲み方は一気にではなく、こまめに飲むのがよいでしょう。

炭酸水の場合

満腹感を感じやすくさせる為、食前や食事中に飲むことが好ましいです。
(※300ml以上を飲むと満腹感を得やすいです)

また、便秘解消の為には寝起きに約100~200ml程度飲むとよいです。

お茶

食欲を抑えたり、食事での脂肪吸引の抑制の為には食前・食中に飲むことが好ましいです。
飲むのは暖かいものでも、冷たいものでもよいですが、冷やしすぎは×です。

コーヒーの場合

消化を促してくれるので食後に飲むことが好ましいです。
また、脂肪燃焼効果を高めるには運動する30分位前に飲んだ方がより効果があります。

ただし、適量は1日に3杯程度。もちろん、カロリーの事を考えて、砂糖、ミルクを控えたブラックでそして温度はクロロゲン酸に適している80度が好ましいです。

また、インスタントよりもドリップの方がより効果がでるのでお勧めです。

ココナッツジュースの場合

代謝を促す為には、毎日継続して飲むことが好ましいです。

また、マグネシウムの脂質の吸収を抑える効果を高めるには、食事前や食事中に飲むのがおすすめです。

ただし、栄養価は高いですがカロリーゼロではないので適量を心がけましょう。

低脂肪牛乳の場合

食事の前に飲む事で、食べ過ぎを防ぐ効果があります。
ただしカロリーがない訳ではないので適量を心がけましょう。

オリーブオイル

食前にスプーン一杯位飲むことで食べ過ぎを防ぐ効果があります。

~注意点は?~

これらの飲み物を飲む時特に注意する点は何でしょう?

水の場合

常温で。冷えすぎると身体冷え、代謝が落ちてしまうので。
また、飲みすぎはむくみの原因にもなるので量は気を付けましょう。

炭酸水の場合

種類によっては糖分を含むものもあるので成分にあったものを選びましょう。

コーヒーの場合

1日4杯(カフェイン摂取量1日400mg)厳守。
何故ならそれ以上飲むと胃に負担をかける恐れがあります。
それとカフェインには睡眠の妨げになるので就寝前は控えましょう。

また、カフェインには鉄分を吸収してしまう働きもあるので貧血の人は気を付けましょう。
それと妊婦さんはカフェインを過剰摂取すると赤ちゃんへの影響の恐れがあるので気を付けましょう。

自分の生活にあわせた飲み物を選ぼう!

どんな飲み物も、いい点もあれば、気を付けなければらない点もあります。

飲み物の特徴を正しく知ること・正しい飲み方で飲むこと・長く飲み続けるにはどう摂取したらよいかの3つを頭に入れて、自分にあった飲み物を選ぶのがとても大切です。

ダイエット中の方は、この3つを頭に入れて、上から自分にあった飲み物をダイエットのお供として味方にしてみてはどうでしょうか?

えっ、たった500円!?激安痩身エステ体験

スポンサーリンク

関連記事

5つのブランド展開している痩身エステサロン、ソシエとは?

スポンサーリンク 痩身エステってどこが良いか迷いませんか? 最近少しずつ増えてきた痩身エステ。でも沢山あるとどこの痩身エステが良いのかわからなくなりませんか?

筋肉じゃなく骨をほぐして痩せる!話題の骨ストレッチダイエットとは?

骨ストレッチというダイエット法をご存知ですか? 「骨ストレッチ」とは、プロのアスリートも実践している骨を動かすストレッチのことです。 今回は、話題の骨ストレッチ

ヘルシースイーツ「豆乳ドリンク」で甘い物我慢しないダイエット

ダイエット中は普段の食事に加えて、食後の楽しみのスイーツも我慢しないといけないのでストレスが付きまといます。 しかし、栄養価の高い豆乳を使えば、ダイエット中でも

食欲がとまらない人、必見!その原因と食欲を抑える方法まとめ

人間は食べ物を摂取することで生命活動を維持する生き物です。しかし、偏った食生活や食べたいものを食べたいだけ食べているとメタボ体質のように様々な病気の原因にもなり

運動でセルライトを解消しよう!セルライトに効果的な運動とは?

ボコボコとしたイヤ~な脂肪のかたまりが身体にできてしまう「セルライト」。 脂肪の一種であるセルライトを取り除くには、運動が効果的だと言われています。 セルライト

1日スプーン1杯でOK!ダイエット効果に期待大!えごま油のパワーとは?

油は体に悪く、健康を害すイメージがありますが、えごま油は健康にいい油としてテレビや雑誌などでも多く取り上げられています。 また、えごま油は健康にいいだけでなくダ

自分史上、最強の小顔をつくる…!セルフコルギのやり方と効果とは?

女性ならば誰しも小顔に憧れますよね。 しかし、サロンでの小顔矯正はちょっと値段が…そんな方におすすめなのが「セルフコルギ」です。 今回は誰でも簡単にできるセルフ

飲むだけで効果あり?ダイエットサプリのおすすめ活用法

「ダイエット」とは何でしょうか。ただ単に「痩せる方法」だと思っていませんか? それは誤解です。本来の意味は食事の種類や量を守りながらする「食事療法」です。 それ

飲みやすいのにダイエットに効く!黒豆茶の美容パワーって?

黒豆は、中国では古代から漢方薬としてその効用が知られていました。 古代の人はその経験知から、黒豆に血液の循環を良くし利尿作用のあることを知っていたのです。 日本

便秘解消効果に血糖値を下げる効果も…!チャーガ茶のダイエット効果とは?

チャーガ茶をご存知ですか? 最近徐々に人気が高まっているこのお茶ですが、実際には何のお茶で、どんな効能があるのかご紹介したいと思います。 スポンサーリンク チャ

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選