すらチャレ -女性のための健康サイト-

ダイエット成功の鍵はストレッチ!お腹周りを緩めてスタイル改善

冬本番のこの季節、寒くて体が縮こまり、筋肉も強ばってしまうものです。

寒くて運動のために外に出るのも面倒ですが、年末年始の暴飲暴食で知らず知らずのうちに太っている、なんてことも避けたいもの。

そこで、自宅で簡単に出来るストレッチで、冬太り知らずの美しい体作りを始めましょう。

スポンサーリンク

ストレッチがもたらす身体への効果

ストレッチだけで本当にダイエットになるの?と疑問に思われるかもしれませんが、ストレッチは日頃の疲れを癒しつつ、筋肉をほぐすことで代謝も上がるので、結果的にダイエットに役立ちます。

また、継続してストレッチをすることで、リバウンドしにくい身体になります。

さらに、腹筋や背筋など身体のなかの大きな筋肉をほぐすことによって、体の可動域が広がり、効果を体感しやすくなります。

ストレッチで消費出来るカロリー

ストレッチを一時間すると、男性で約191kcal、女性では約148kcal消費することができます。

リラックスしながら、おにぎり一個分を消費出来るのは魅力的ですね!

ゆったりとした呼吸で、身体が徐々にほぐれていくのを感じつつ、ゆっくりと進めることがストレッチの効果を高めるコツです。

ぽっこりお腹に効き目バツグン!原因別ストレッチ方法

様々な体型のお悩みに合わせたストレッチと合わせて、行うタイミングを運動後もしくは入浴後にすると、体が温もっていてほぐれやすいので、より効果を実感出来ます。

では、詳しくお悩み別解決法ストレッチをお伝えしましょう。

筋肉不足

体内のエネルギーを使って代謝を上げてくれる筋肉自体が不足している人には、身体の中にある大きな筋肉をストレッチで伸縮させてるのがポイントです。

猫背を治すストレッチ

猫背は、肩こりになったり、ぽっこりお腹になったり、胸が下がってしまうなど悪いことばかり。

そこで、背筋をストレッチし、長時間背中をまっすぐに保てるよう鍛えましょう。

まず、うつぶせになってリラックスします。そして、リズミカルに片足とアゴを上げるのを10回ほど行い、背筋をストレッチします。その後、一息ついたらこのサイクルを3セット行います。

全部で3分程度ですが、背すじがピンと張り、正しい姿勢に戻るだけでも見た目が違ってきます。

ドローイン運動

ドローインとは、お腹を凹ませるたり引っ込めるために、ストレッチしたり呼吸法を使う運動です。

ドローイン運動によってお腹深部にある腹横筋、背中深部にある多裂筋などの強化が出来ます。

この運動は場所を問わず、どこでも簡単にできるので、是非お試しいただきたいストレッチです。

まず、足を肩幅に開き、背すじをまっすぐに伸ばします。

次に、右手を胃の少し上辺りの胸上、左手をおへそ下の下腹部に置き、大きく息を吸います。

そして、息を大きく吐きながら、右手を上に引き上げ腹部だけを凹ませます。

この時、胸や腰が反らないように注意して、呼吸を行ってください。

老廃物が溜まっている

体外に排出されるべき老廃物が体内にあると、せっかくのダイエットも全く進まないなんてことありますよね。

そこで、代謝を上げ、血流やリンパの流れを促進し、老廃物とサヨナラできるストレッチを御紹介します。

便秘解消ストレッチ

便秘の原因は骨盤に歪みとも言われ、骨盤が歪んで開いていると、内臓が下がってきて腸を圧迫し、腸の活動を邪魔することになります。

そこで、骨盤を正しい位置に戻すストレッチを行いましょう。

仰向けに寝て、両足を垂直にあげ、腰を両手で支えます。

この状態で自転車こぎを10回行っていただくと、骨盤の歪みが矯正されるという簡単なのに効果バツグンのストレッチです。

このストレッチは、骨盤の位置を戻すだけでなく、腸にも刺激を与えるので、便秘解消が期待できます。

自転車こぎの際、足首とひざをピンと伸ばすことで効果が高まりますので、意識してみてください!

内臓が下がってきてしまっている

内臓が下がってくると、いくら腹筋やダイエットを頑張っても、ぽっこり下腹は解消されません。

また、便秘やガスが溜まる原因にもなるので、内臓を引き上げるのに効果の高い、腹筋をストレッチし、スッキリしたお腹周りを手に入れましょう。

腹筋を鍛えるストレッチ

内臓が下がってきて圧迫された腸は腸下垂になりぽっこりお腹になってしまいます。

しかし、腹筋をストレッチで鍛えるとともに、猫背を治すストレッチと合わせて行うと改善されるので早速実践しましょう。

まず、仰向けに寝て、足を揃え両膝を立てます。

そのまま、腰をひねりながら左、右と交互に倒しますが、この時呼吸は止めず、息を吐くときにひざを倒し、身体は床から離さないように注意して下さい。

新発想!リラックスしながらダイエット

身体を引き締めるのは過度な運動や筋トレが必須だと思いがち。

リラクゼーション効果の高いストレッチで身体を緩め、内臓や骨の位置をあるべき場所に戻すことによって、簡単にスタイルアップできるのは新しい発見ですね。

呼吸法や姿勢を意識的にキレイに保つだけでダイエットになり、見た目も美しくなれます。

是非お腹周りや背中を緩め、素敵なボディラインを手に入れましょう!

お腹周りのくびれを作るストレッチについてはコチラをご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事

あなたは噛む派?噛まない派?食べ方で効果が変わるチアシードの魅力とは?

最近大注目されているチアシードには、スーパーフードという呼び名もあります。 ダイエットのために摂取している方も多いそうですが、みなさん食べ方をご存知ですか? ス

今人気のキャビテーション!あなたは知っていますか?

スポンサーリンク キャビテーションとは! 皆さんは「キャビテーション」とは何かご存知ですか? 聞きなれない方もいるかもしれませんね。 ダイエットや部分痩せに効果

本当に痩せられる?ウォーキングでの気になるダイエット効果!

ダイエットの王道ともいえるウォーキング。 手軽でおカネもかからず、すぐに始められて健康的と、よいことずくめの痩身法です。 しかし、本当にただ歩くだけで痩せられる

「産後エステ」で出産前の体型に!おすすめサロン3つ

即効性期待の骨盤エステをお得に体験♪ 変わってしまった「出産後の体型」。 どうにかして出産前の体に戻したいですよね。 子供がいるからジムへ行くのには難しいし、食

リバウンドしない!女性のための「筋トレダイエット」

筋トレって聞くと、どういう印象をお持ちですか? キツい、地味、筋肉がついて太くなりそう…などでしょうか。 楽であればあるほどリバウンドの可能性も大です! これを

筋トレにバナナをプラスして大成功!? 効果的な食べ方とは

いつまでも若々しく、健康的に過ごすためには筋肉を鍛え、維持していくことが非常に大切です。 ボディラインが気になりだしたときにも、筋トレをすることによって脂肪燃焼

ダイエット中にぴったりの食事!気をつけたい食べ方・食べ物

スポンサーリンク ダイエットの基本は食事です 女性でダイエット経験がある方はきっと多いはず。 中年男性もだんだんお腹が出てきて、ダイエットをしないといけないかな

食事制限なしのストレスレスダイエット!今年は青汁で痩せる!

青汁と言えば、ダイエットというよりは健康のために飲むイメージが強いですよね。 しかし、青汁は実はダイエットにとても効果的な健康食品なんです。 今回は、青汁が何故

肩甲骨の簡単ほぐしストレッチ!美ボディを手に入れよう♪

肩甲骨はダイエットと深い関係があるというのを、聞いたことはありませんか? 上半身の骨盤といわれるほど、大きな役割を持つ肩甲骨。 スッキリした背中作りにも、重要な

食べるだけ痩せる!?冬はあったか脂肪燃焼スープダイエット!

脂肪燃焼スープはトマトベースの野菜たっぷりの温かいスープです。 食べ応えがあり、お腹もいっぱいになるのに、カロリーが低いのでダイエットにもぴったり。 脂肪燃焼ス

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選