すらチャレ -女性のための健康サイト-

ダイエット効果アップ!!縄跳びのやり方と注意点とは?

縄跳びは全身をフルに使って行うため、消費カロリーもスロージョギングと同等で、シェイプアップも期待できるとして人気のダイエットの1つです。
ただ跳ぶだけではなく、縄跳びの効果や注意点を知ったうえで運動することで、より効果的にダイエットすることができます。

スポンサーリンク

縄跳びで得られるダイエット効果とは

消費カロリー

体重が55kg~60kgの20代の女性が縄跳びを10分間やると、大体80kcalほどカロリーが消費されます。
30分しっかりと縄跳びをやることでご飯1杯分のカロリーを消費できる計算になります。

引き締め効果

縄跳びはその場で跳ぶ動作を何度も繰り返すことになるので、全身の脂肪が揺さぶられるためシェイプアップ効果が期待できます。
また、縄跳びは全身の筋肉もまんべんなく鍛えられる有酸素運動。
脂肪を燃やしながら筋肉量もアップさせる効果もあります。

部分痩せ

縄跳びは全身の筋肉を鍛えられますが、特に腕と足の筋肉を付けるのに効果的な運動です。
そのため、二の腕のたるみが気になる方や、太ももの内側のお肉を取りたいという人など、部分痩せを目的とした運動としても魅力があります。

体質改善

縄跳びダイエットは毎日継続することで新陳代謝を上げることができます。
新陳代謝がアップすると、体の中の脂肪を燃やしやすい体質になるので、痩せやすく太りにくい体へと体質改善することができます。

縄跳びのダイエット効果!これでアップ

筋トレ

縄跳びは有酸素運動です。
実は、有酸素運動を行う前に筋トレをすることで、ダイエット効果を上げることができるのです。
筋トレを縄跳びの前にすることで、体が温められ脂肪の燃焼が始まるまでの時間を短くすることができます。

軽いランニング

理想は縄跳びを1回も休まずに1時間跳び続けることですが、実際にやってみると分かりますが、縄跳びは結構きつい運動…。
休まず跳び続けるのは最初のうちは難しいと思いますので、縄跳びの前に20分~30分くらい軽いランニングをしてから縄跳びを10分~20分を目安にやると楽に縄跳びダイエットが続けられますよ。

いろんな跳び方

縄跳びというとその場でただ跳ぶというイメージがありますが、慣れてくるとこの動作だけではなかなか痩せることが難しくなってきます。
そこで片足づつ交互にその場で走っているようなイメージで跳んでみたり、ケンケン跳びなど変化を与えることで、運動の強度を高めることができます。

縄跳びダイエットで注意したい事

膝や腰に負担がかかる

縄跳びは跳ぶ動作をすることで膝や腰に負担がかかってしまいます。
体重が重いと更に負担も大きくなり、体の故障にも繋がりますので、長時間やる場合はサポーターを付けるようにしましょう。

足がたくましくなる

縄跳びはふくらはぎの筋肉を効率良く鍛えることができますが、毎日やることで筋肉がパンパンに張ってしまい足が太くなってしまう事があります。
縄跳びをした後は必ずふくらはぎを入念にマッサージして筋肉のコリを取るようにしましょう。

縄跳びダイエットは継続して行うことで痩せやすく太りにくい体質へと変化させることができます。
シェイプアップ効果も期待できるので、正しい方法で楽しく始めてみてください。

スポンサーリンク

関連記事

朝食抜きは痩せる?太る?ダイエット中の朝ごはんはココに注意!

朝は時間もないし、あんまり食べる気がしないので朝食抜き、特にダイエット中はカロリーも気になるし朝ごはんの分のカロリーをカット出来て一石二鳥だとお思いの方。  

美味しいから続けられる♡驚きのココアのダイエット効果とは?

ダイエットをしようと計画しても、長続きしないということもありますよね。 それは、苦しいダイエットをすることで一時は、体重が落ちてもストレスが溜まってしまって、止

ホットヨーグルトダイエットってどうなの?効果的なやり方とレシピ

基本のレシピに+αする事で飽きずに続けられるアレンジレシピを5つご紹介しましょう。ぜひ試してみて下さい。 気になる下半身がほっそり!おすすめ脚やせエステ 基本の

ダイエット中にぴったりの食事!気をつけたい食べ方・食べ物

スポンサーリンク ダイエットの基本は食事です 女性でダイエット経験がある方はきっと多いはず。 中年男性もだんだんお腹が出てきて、ダイエットをしないといけないかな

美味しく食べてダイエット!キウイのダイエット効果3選♥

キウイダイエットというダイエット方法を聞いたことがある人も多いでしょう。 しかし具体的に、キウイにどのようなダイエット効果があるのかを知る人は少ないです。 そこ

効果的に痩せるには?注目の成分カリウムを含む野菜でダイエットが良いみたい…

身体には、代謝機能という働きが備わっています。 代謝機能が活発であると、不必要なものを外に排出する働きが高まります。 カロリーを制限するダイエットの方法は、つら

スマホでデータ管理?とにかく安い?用途別おすすめの体重計5選!

ダイエットには体重管理をする体重計が必要不可欠です。 最近の体重計はシンプルなものから多機能なものまでさまざまな商品がそろっています。 今回はダイエット中におす

いつものバスタイムに工夫をプラス!お風呂で「正座」するだけで楽痩せできる…

お風呂で行うダイエットのなかでも、半身浴が特に効果があると言われています。 半身浴でも、ただ湯船に浸かっているだけより効果のある方法をご存知ですか? 浸かってい

高カロリーなのにダイエット効果抜群?!積極的に食べたい食品3選とその理由

ダイエットには、低カロリーな食事は成功のためのカギになります。 しかし、カロリーだけを気にするのは実はよくないのです。 実は“高カロリーの食品”を食べてもダイエ

痩せ体質が作れる! 早起きでダイエット効果が得られるのはなぜ?

早起きは健康に良いと聞きますが、それだけではありません。 驚いたことにダイエット効果が期待できるみたいです! 早起きすると、なぜ痩せられるのでしょうか? スポン

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選