すらチャレ -女性のための健康サイト-

美味しくラクちんダイエット!「ホットバナナ」の効果とは?

バナナは健康に良く栄養も豊富に含まれています。
スーパーにも置いてあり手軽に買うこともできます。

そんなバナナですが、温めて食べるだけでダイエットにも効果があるのを知っていますか?

なぜ、バナナを温めて食べるとダイエットに効果があるのかその理由を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

噂の「ホットバナナダイエット」って何?

ホットバナナダイエットとは、温めたバナナを食べるダイエットのことです。
これだけでダイエットに十分な効果があります。

やり方は?

ホットバナナの作り方はとても簡単です。

600Wの電子レンジで皮をむいたバナナを30~40秒温めたり、バナナをアルミホイルで巻いてフライパンで1分程度焼き色がつくまで加熱するだけです。
これを朝食に食べます。また、1食をバナナ1、2本に置き換えて食べます。

ホットバナナのダイエット&美容効果

ホットバナナにはダイエットや美容に効果があります。
なぜ、ホットバナナを食べるだけでダイエットや美容に効果があるの?と思う方もいると思います。
これからなぜ、ホットバナナが効果があるのか詳しく書いていきたいと思います。

ホットバナナで痩せるワケ

ホットバナナで痩せる理由として、バナナに含まれる栄養素がダイエットと関係が深い便秘に効果があることがあげられます。

他にも、低カロリーで満腹感を得ることが出来ることもあげられます。
82%の人がホットバナナを食べる事でダイエット効果を感じています。

低カロリーなのに満腹

バナナ1本のカロリーはどれくらいだと思いますか?
甘いしボリュームもあるためそこそこカロリーがあると思われる方も多いと思います。

しかし、大きさにもよりますが、バナナ1本のカロリーは、約80~100キロカロリーしかありません。
また、バナナ100gのカロリーは約85キロカロリーです。

ちなみに、炊いた白米100gのカロリーは約170キロカロリーです。
見てもらうと分かりますが、同じ100gでもバナナは、炊いた白米の半分しかカロリーがありません。

また、バナナは食べごたえがあり、ゆっくりよく噛んで食べることで少ない量でも十分な満腹感を得ることが出来ます。
甘さもあるのでさらに満腹感を得ることが出来ます。
さらに、栄養素も豊富に含まれているので空腹感を制御する効果もあります。

便秘に効果あり!

ホットバナナは、便秘にも効果があります。

バナナはファイトケミカル(植物性食品の色素や香り、アクなどの成分から発見された化学物質)を多く含んでいます。
ファイトケミカルには抗酸化作用や便秘解消の効果を上げる効果があります。

また、バナナには食物繊維やファイトケミカルの1つであるポリフェノールが含まれています。
これらはそのまま食べても便秘に効果がありますが、温めることにより、ポリフェノールなど抗酸化物質が増加しより効果を得ることが出来ます。

他にも、温めた熱が腸の活動を活性化させ便秘を改善させます。
バナナに含まれる、オリゴ糖も腸内細菌の餌となり、善玉菌を増加させるので効果があります。

美肌になれる!

先に書きましたが、バナナは栄養素が豊富です。
その中には、美肌に効果のあるカロテンやビタミンB群、ビタミンCなども含まれています。

カロテンは、体内でビタミンAに変わります。ビタミンAには粘膜や皮膚を健康に保つ効果があります。
ビタミンB1とB2は、体のエネルギー代謝を高め、ナイアシン(B3)はニキビに効果があります。

ビタミンCには美白効果があり、継続的に食べることで美肌の助けとなる栄養素をとることが出来ます。
また、ポリフェノールには、肌を酸化から守る働きがあり結果として美肌の助けとなります。

生活習慣病が予防できる!

実はホットバナナ、生活習慣病の予防にも効果があります。

生活習慣病とは、がん、心臓病、高血圧、糖尿病、脳卒中、高脂血症などの病気を指します。
以前は、40歳から60歳くらいの方に発症する確率が高く、加齢とともに発症する病気といわれ「成人病」といわれていました。

しかし、食の欧米化や食生活の乱れ、運動不足、ストレスなどで最近では若い方の生活習慣病の患者は増えつつあります。

バナナに含まれる、ポリフェノールは美肌や便秘だけでなく生活習慣病の予防にも効果があります。
ポリフェノールには、強い抗酸化作用があり、活性化酸素を取り除く働きがあり、老化や生活習慣病の予防に繋がります。

また、バナナはカリウムも含んでいます。
カリウムには、体内の余分なミネラルを排出する働きがあります。

この働きにより、血圧を調整し、高血圧や脳梗塞や動脈硬化の予防になります。
ならびに、血糖値も下げる働きがあり糖尿病の予防にもなります。

バナナで気持ちが明るくなる?

他にも、バナナはセロトニンという物質を増やします。

セロトニンは安眠やイライラを解消する効果があり、うつ病にも効果があるといわれています。
イライラしたり気持ちよく寝られないとストレスがたまってしまいます。

ストレスは高血圧の原因や暴飲暴食をしたりと生活習慣病になるリスクを高めてしまいます。
そのためにも、セロトニンを摂取し、ストレスの原因となるイライラを抑えることが大切です。

ストレスとダイエットの関係について詳しくはコチラご覧ください。

また、白血球の働きを活性化させる働きもあります。

白血球にはマクロファージという物質があります。
マクロファージは、がん細胞や細菌を破壊する働きをします。
白血球を活性化させることでマクロファージも活性化させ、がん予防になります。

そのうえ、バナナには骨粗しょう症にも効果があります。

まとめ

いかかでしたか?ホットバナナを食べる事で得られる効果について分かりましたか?

バナナは、本当に栄養素が豊富です。
ホットバナナダイエットは手間がかからないので、どなたでもすぐに始める事が出来ます。
また、お肌の調子が悪い人や便秘気味の人、生活習慣病が気になる方も是非、ホットバナナを食べてみてはいかがでしょうか?

適量を継続して食べる事でよりホットバナナの効果を実感することが出来ると思います。
ホットバナナを食べて健康な体を手に入れましょう!

バナナダイエットの効果をよりUPさせるため、あわせて「朝バナナダイエットvs夜バナナダイエット 効果的なのはどっち?」もご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事

朝バナナダイエットvs夜バナナダイエット 効果的なのはどっち?

バナナダイエットはテレビや雑誌などでも取り上げられる人気のダイエット法です。 しかし、よく見ると、朝バナナダイエットと夜バナナダイエット、どちらもあります。 そ

少量でも満足感♡栄養豊富なのに脂肪分が少ない「スキムミルク」で楽痩せダイ…

スキムミルクという名前を聞いたことがありますか? 昔、給食に牛乳の代用品として出ていたという製品です。 スーパーで手軽に購入できるスキムミルクが、ダイエットにと

体幹ダイエットで身体を鍛える|憧れのくびれボディへ!

サッカーの長友選手らアスリートが紹介して話題となった「体幹トレーニング」を取り入れたダイエット方法が、「太りにくい身体やお腹のくびれが手に入る」と大人気です。

キレイな体型は日頃の姿勢から!肩甲骨・股関節・足を意識した正しい歩き方

年齢と共に体型は変化します。お腹周りに肉がつき、二の腕はぷるぷる、太もももたるたるに。体型に自信がないと、猫背になって下を向いて歩きがちですよね。 しかし、その

胃腸の休暇に最適!ヨーグルトプチ断食の効果や方法とは?

即効性期待の全身エステを体験しちゃお! 毎日の食事による栄養吸収がオーバー気味で、余分なカロリーや糖などで体や胃腸に負担をかけすぎていることもあります。 たまに

デスクワークは太る?痩せるための生活習慣3つの見直し

デスクワークの消費カロリーを知らない方は多いのではないでしょうか。また、デスクワークは足のほか、腸にもむくみが起こりやすい職業です。これらの関係で、デスクワーク

食前に一杯!気軽で簡単♡コーヒーダイエットとは?

朝起きた時の目覚めの一杯や仕事で疲れた時、ブラックコーヒーを飲む人は多いと思います。 ブラックコーヒーを飲むと頭がすっきりして、リフレッシュすることができますよ

骨盤の歪みを解消!家で簡単にできる骨盤矯正方法

多くの女性が悩む骨盤の歪み。 骨盤が歪むと体のあちこちにトラブルが生じます。 そんな骨盤の歪みを解消する骨盤矯正エクササイズをご紹介します。 スポンサーリンク

話題の飲み物!甘酒の美容&ダイエット効果とは?

お酒が苦手で、どうしてもダメと言う人でも、甘酒なら大丈夫と言う人もいるようです。 ほんのり甘い風味が、日本酒やワインの強いアルコール類と違い、飲みやすいからかも

月1からでも効果あり!ヨーグルトで簡単ダイエット習慣

みなさんは、おなじみのヨーグルトでダイエットができることをご存じでしょうか。テレビや雑誌で特集を見かけた方は多いでしょうが、どのような効果があるかまではわからな

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選