すらチャレ -女性のための健康サイト-

通勤通学でお尻の引き締め!ヒップアップする歩き方とは?

モデルさんのような引き締まったきれいなお尻には憧れますが、どうすればこのようなお尻を手に入れることができるのでしょうか?

実は、私たちが普段日常生活でやっている「あること」を少し意識するだけで、キュッと上がったお尻を手に入れることができるのです。そんな「あること」とはいったい何なのでしょうか?

スポンサーリンク

「歩き方」でお尻は変わる?

特に、ヒップラインは歩き方によって、大きな違いが出ます。

今の自分の歩き方を見直してみましょう。小股や内股で歩いたり、靴を擦るように足を引きずって歩いたりしていませんか?

このような歩き方はお尻を垂れさせるだけでなく、身体に様々な悪影響を及ぼす危険があります。まずは、正しくない歩き方が及ぼす悪影響についてみていきましょう。

猫背&膝曲げ歩きの危険

東洋人は、膝を曲げ、猫背のように少し前かがみの姿勢で、足を引きずるように歩く人が多いようです。しかし、この歩き方は、お尻の筋肉をあまり使わないので、加齢とともにお尻が垂れ下がってしまいます。

このような歩き方を続けていると、ヒップアップを望めむことは到底できません!それどころか、猫背の姿勢を続けることによって、骨盤が後ろに傾いてしまい、下半身太りの原因になりますし、さらには背骨のS字カーブが崩れ、重たい頭を支えるために首や腰に負担がかかるので、腰痛を引き起こしてしまうのです!

そうならないためにも、姿勢を正し、背中をまっすぐ伸ばして、前を向いて歩きましょう。膝も曲げずに伸ばしたままで歩けば完璧です!

ちょこちょこ歩きの危険

歩幅を小さく、内股で歩く「ちょこちょこ歩き」は小動物のようでかわいらしく見えることもありますが、このような歩き方を続けているとお尻は確実に垂れてしまいます。

なぜなら、「ちょこちょこ歩き」のような小股・内股で歩く歩き方は、お尻の筋肉をあまり使わないからです。その結果、たるんだヒップラインになってしまい、代わりに太ももの筋肉が発達し太くなってしまいます。さらに、そんな太くなった太ももを支えるために、ふくらはぎまでもが太くなってしまうのです。

ヒップアップのために心がけたいことは、前に足を伸ばして歩くということです。少し大股になってもかまわないので、普段歩いている歩幅よりもさらに足を伸ばして大きく1歩を踏み出してください。そして、その歩幅をキープしたまま歩いてみましょう。

そうすれば一定の歩幅で歩きやすくなりますし、筋肉がたくさん動くようになります。

また、大股で歩き、股関節をよく動かすことで、血液やリンパの巡りがよくなります。リンパの流れを改善すると、ヒップアップだけでなくダイエットにもつながりますよ!

デカ尻はなぜ?理由ともっと小さくする方法について詳しくはコチラをご覧ください。

意識すると変わる!ヒップアップする歩き方とは?

意識して正しい歩き方をすることで、面倒なストレッチやエクササイズ、特別な道具を必要とすることなくヒップアップすることができます。歩き方を変えるだけなのでエクササイズのための時間や、道具を買うためのお金もかからないし、すぐに取り組むことができますよ。

お尻が引き締まる!基本の歩き方

ヒップアップに効果的な歩き方を紹介します。

お尻を引き締めるには、お尻をしっかり使って歩き、お尻の筋肉を鍛えることが重要です。お尻のお肉を支える筋肉がつけば、たるんだお尻も引き締まり、ヒップアップが期待できるでしょう。

まず、腹筋と背筋を意識してまっすぐに立ちます。肩甲骨は丸まらないように、首から頭までまっすぐになるように意識しましょう。

そこから、前を向き、膝を伸ばしたままで歩きます。伸ばした足を前に踏み出す時は、親指に1度ぐっと力をこめて踏み込むようにし、地面に足をつくときは、かかとからつま先の順で着き、足の裏すべてを使って歩くようにしましょう。足で大地をつかむようなイメージで重心を移動し、しっかり大地を蹴って次の一歩を踏み出します。

このとき、後ろ足はかかとをぎりぎりまで地面につけたままで、まっすぐピンっと伸ばすようにします。また、つま先は伸ばすのではなく、上に上げるように意識しましょう。そうすると、ふくら はぎの筋肉がしっかり動いているのがよく分かるはずです。

それから、お尻の穴にキュッと力を入れて歩きます。こうすれば、左右のお尻の筋肉が別々に動いているのが手に取るように分かります。

お尻の筋肉を 動かさないことにはヒップアップは望めません。お尻の筋肉をしっかり動かそうという意識を持ちながら、颯爽とかっこよく歩きましょう。

ハイヒールを履いてヒップアップ

このようなお尻を引き締める歩き方はどんな靴を履いていても実践することができます。

たとえばハイヒール。「ハイヒールを履いているとお尻が垂れやすくなる」なんて言葉をよく聞きますが、それは履いているときの姿勢が悪いからです。

ヒールが高いからといって、体重を前にかけ、腰や膝が曲げたまま歩いていませんか?このような歩き方をしていると、お尻の筋肉が衰え、垂れてしまいます。

ハイヒールを履いているときもお尻に力を入れて正しい姿勢をキープして歩きましょう。つま先とかかと同時におろし、足全体で着地して前へ踏み出すのが基本です。こうすればヒップアップ効果に加えてエクササイズ効果も期待できます。

ハイヒールを履きこなしている女性は同性から見てもかっこいいものですよね。みなさんも姿勢に気を付けた正しい歩き方でプリッとしたヒップラインをキープし、ハイヒールの似合う女性になりましょう。

まとめ

いかがでしたか。お金をかけて特別な道具を使わなくても、時間をかけて面倒なストレッチなどを行わなくても、「姿勢」や「歩き方」を少し気にすることで、誰でもヒップアップを期待することができます。

みなさんも「普段の歩き方」から意識して、キュッと上がった美しいヒップラインを手に入れましょう!

1ヵ月集中して美尻を作るにはコチラをチェックしてみてください!

スポンサーリンク

関連記事

内ももの脂肪が気になる…ワイドスクワットで内もも痩せに挑戦しよう!

脚痩せしようとして内ももの脂肪はなかなか落ちないものです。 それどころか、逆に脂肪が付いてしまうことすらあります。 今回は内ももとに脂肪が付きやすい理由と内もも

姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選

太っている人でも、痩せてる人でもなってしまう二重あご。 その原因は、何気ない毎日の習慣にあります。 原因となる悪習慣を知って、あごのたるみを解消しましょう。 ス

美脚効果やぽっこりお腹の解消…内転筋を鍛えるメリットと効果的な鍛え方

薄着の季節になると、気になるのが、おなかや太もものお肉ですよね。 今こそ内転筋を鍛えて、スリムな美脚を手に入れましょう。 スポンサーリンク 内転筋はどこの筋肉?

簡単足首痩せ!カモシカ足になれるエクササイズ&ストレッチ

足の太さが気になって、思い切り足を露出できないという女性は多いのではないでしょうか? どのような理由で足が太い方も必見です! 足のむくみやセルライトに悩んでいる

今すぐ美脚に!美脚へ近づく3つのポイント

雑誌のモデルさんや、街中で颯爽と歩く美女達。やっぱり注目しちゃうのが「脚」ですよね。 ほっそりと華奢な足首や、真っ白な傷跡ひとつない肌、こんがり焼けてスラリと長

1分間の片足立ち=50分のウォーキング!手軽に始める時短ダイエットのすす…

ダイエットのためにウォーキングを始めたのに続けられなかった経験はありませんか? ウォーキングは時間がかかって大変ですが、たった1分片足立ちするだけでウォーキング

短期間でほっそり!ふくらはぎがどんどん細くなる方法4つ

すらっとした足は、どの女性にとっても憧れです。特に後ろ姿が目立つふくらはぎ、もう少し細ければ、ミニスカートだって似合うのにと、思った事はありませんか? ふくらは

むくみにも効果抜群!エア自転車こぎダイエットで簡単脚痩せダイエット!

足痩せをしたいと考える女性は多くいますよね。 しかし、足はなかなか痩せにくい部分でもあります。 キツイ食事制限をしても細くなりにくい足痩せは、エア自転車こぎで痩

たるみに効果抜群!二の腕がみるみる細くなる「ダンベル運動」

伝授します! あなたのスタイルをアップグレードする二の腕たるみ除去方法。 春から夏にかけての悩みの一つに「たるんだ二の腕」が挙げられます。せっかくノースリーブを

「筋肉太りで細くならない脚」を「モデル脚」にする方法5つ

細い脚で綺麗にスキニーデニムを履きこなすような女性に皆さん憧れますよね。 学生時代に運動部に所属していた人は、脚の筋肉が落ちなくてガッチリと太いままでなかなか細

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選