すらチャレ -女性のための健康サイト-

燃焼率33%アップ!朝の運動がダイエットに良いワケ

毎日、仕事に育児に大忙し…。クタクタの割にお腹周りのお肉が増えたような…。

そんなことを思っている人も多いのではないでしょうか。

「疲労とダイエットはイコールではない」理由を知る事で、時間のないあなたでも、生活の中でしっかりと脂肪を燃やすことが出来るようになります!

スポンサーリンク

コツを押さえて燃焼率を上げよう

そもそも太りやすい人と痩せやすい人は何が違うのでしょうか?

例えばAさんとBさんがウォーキングを30分間したとします。

Aさんは80カロリーを消費したのに対して、Bさんは40カロリーしか消費できませんでした。同じ運動量なのに燃焼率の違いが出てしまうのは、一体どうしてなのでしょうか?

それはAさんがちょっとしたコツを把握していたことで、「燃焼率」を上げていたからなのです。

ただ動いていても脂肪が燃えない…原因は?

ただがむしゃらに動いても脂肪は減っていきません。脂肪を燃焼させるには「自律神経」の働きが重要になります。

「自律神経」とは、内臓の働きや代謝の調節などを管理する神経です。その「自律神経」が乱れることによって、脂肪を蓄えようとするホルモンが分泌されてしまいます。蓄えるだけでなく、脂肪の燃焼と分解をしにくくすることも…。

そんな「自律神経」の乱れを整えることによって、体温調節が正常になり、基礎代謝がアップします。すなわち、脂肪燃料率が上がることになるのです!

自律神経を整えよう!三つのコトガラ

「自律神経」と「脂肪燃焼率」の関係が分かったところで、「自律神経」を整える三つのコトガラをお教えします。

早寝早起き

生き物本来の姿である「太陽が昇ったら目を覚まし、日が沈んだら眠りにつく」という生活を送ることで、自律神経が整います。また朝の光を浴びることで体内時計が調整され、自律神経のバランスが良くなります。

運動

運動をすると自然な呼吸で酸素を取り込み、血流も良くなるため、自律神経である副交感神経の働きが高まります。そして汗をかくことによって、体温調節がバランス良くなります。

リラックス

自律神経には交感神経と副交感神経があり、副交感神経をリラックスさせることで、自律神経を良い状態にすることが出来ます。

自分がリラックスできる方法を見つけましょう。例えばゆったりとした音楽を聴くも良し、好きな歌を歌うも良しです。歌うことでストレスが発散され、リラックスすることが出来ます。

良いコトだらけの朝活ウォーキングを始めよう!

「これで準備万端」と思ってしまったら、まだまだ早いです!さらに押さえておくべき、燃焼率を上げるポイントはいくつかあります。

燃焼率10%アップの時間帯は…?

一日の中で一番、燃焼率が高い時間帯はいつでしょうか?

答えは「朝」です。脂肪を燃焼させるのに一番良い時間帯と言われています。

そのワケは、朝の体温と関係しています。一日の中で一番、体温の低い朝は基礎代謝量も一番低くなります。その状態で運動をし、体温を一気に上げることで、高まった基礎代謝を一日中キープすることが出来ます。

夜に運動をする場合と比べて、なんと…10%も燃焼率がアップするというデータが出ています。

ダイエットに効果的な運動と準備

時間帯が分かったところで、次に脂肪燃焼率がアップする「運動」と「準備する事」をお伝えします。

運動

運動には「有酸素運動」と「無酸素運動」があります。

具体的に例をあげると「有酸素運動」は激しい動きではないウォーキングやストレッチです。「無酸素運動」は短時間で力を使う短距離走や筋肉トレーニングです。それぞれ使う「エネルギー源」が異なります。

「有酸素運動」は、体内に溜まってしまっている脂肪をエネルギー源にするので、ダイエットに適しています。一方、「無酸素運動」は、筋肉中に蓄えているグリコーゲンをエネルギーの主原料に使うので、脂肪を燃焼させるには向いていない運動です。

運動前の準備は…この3つ!

①朝起したらコップ一杯の水を飲みましょう
人は寝ている間にコップ一杯分の汗をかくと言われています。そのため血液濃度が高い状態にあります。コップ一杯の水を飲むことで血流を良くし、自律神経も目覚めさせます。

②少しの糖質を摂りましょう
寝起きの体は糖質も足りない状態です。少しの糖質を摂ることで、運動スタート時のエネルギーを補います。しかし糖質を摂りすぎると、脂肪がエネルギーとして燃焼されなくなるので、注意が必要です。

③起きてから30分~1時間空けて運動しよう
起きてすぐに運動をし始めると、ケガをしかねません。念入りにストレッチをして、筋肉をほぐし、体を温めておきます。

燃焼率33%アップ!朝食を食べるタイミング

ここまで脂肪を効率よく燃やす方法を説明してきましたが、最後にドドーンと燃焼率がアップするポイントを紹介します。

それは「朝食を食べるタイミング」です。

上記でお伝えしたように、有酸素運動であるウォーキングは「脂肪」をエネルギーとして燃やします。そのため、「朝食前」に運動をすることで、体内に蓄積された脂肪が効率よく燃焼されてくれるのです。

またイギリスにあるグラスゴー大学の研究では、「朝食前」に運動した場合、「運動後」より脂肪燃焼率が33%アップした、という驚くべき結果が出ています。そして消費されるカロリーも「朝食前」の方が20%も多かったそうです。

まとめ

日々、疲れるほど動いているのに痩せない…。そんな悩みを持っていた人はぜひ、朝活ウォーキングを始めてみてください。

いつもと変わらない朝の通勤でも、たった一駅歩くだけで体がスッキリして来るのを感じるはずです。自律神経を整えるために好きな音楽を聴きながら…、時には歌いながら歩けば、脂肪だけでなく気分も軽くなるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

お正月太り、大丈夫?緊急部位別トレーニング6選!

まとまった休みと美味しいおせち料理そしてお酒…、お正月はどうしても気が緩んでしまいますよね。 結果体重を増やしてしまう方が多いわけですが、太ったままの姿では困り

1日スプーン1杯でOK!ダイエット効果に期待大!えごま油のパワーとは?

油は体に悪く、健康を害すイメージがありますが、えごま油は健康にいい油としてテレビや雑誌などでも多く取り上げられています。 また、えごま油は健康にいいだけでなくダ

簡単部分痩せ!お風呂でできる「ながら」エクササイズ

寒い冬の季節は温かいお風呂に浸かると体もほぐれ、幸せな気分になるものです。 お風呂で行うエクササイズは、リラクゼーション効果に加え体も温まっているので脂肪を燃焼

手間をかけずに-3㎏!ヨーグルト断食のやり方と効果とは?

グリーンスムージーや酵素ドリンクなどを活用した断食が美容やダイエット意識の高い女性に人気ですが、さらに人気を集めているのがヨーグルト断食です。 ヨーグルトを活用

長期間の食事制限や運動とはさよなら!「17日間ダイエット」のやり方とは?

17日間ダイエットは、アメリカのマイケル・モレノ博士が発案したダイエットの新しい方法です。 17日間ダイエットのやり方や注意点などをご紹介します。 スポンサーリ

海外セレブに人気!チアシードのダイエット効果とその方法

チアシードとは、シソ科サルビア属ミントの「チア(Chia)」という果実の種です。主に中南米で栽培されます。 食物としての歴史は古く、少なくともマヤ文明・アステカ

身浴よりも効果的?お風呂で氷を使ったダイエットが人気!

スポンサーリンク 氷1つで、体ポカポカの至福なバスタイム 昔から、「女性は体を冷やさないようにと」といわれてきました。 冷えは、健康にも美容にも大敵です。 飲み

フルーツを食べると太るは本当?太りにくいフルーツの食べ方は?

フルーツにはビタミンなど重要な栄養素や、食物繊維が含まれています。 ただ「フルーツを食べると太る」という話もよく聞きます。 果たしてフルーツはダイエットにいいの

痩せ体質が作れる! 早起きでダイエット効果が得られるのはなぜ?

早起きは健康に良いと聞きますが、それだけではありません。 驚いたことにダイエット効果が期待できるみたいです! 早起きすると、なぜ痩せられるのでしょうか? スポン

ウエストニッパーはくびれ効果にバストアップまで!? 注意点も

ウエストニッパーという商品があるのですが、これは簡単に言うと、ウエストを少し細く見せることが出来る、締め付けが強くないコルセットのようなものです。 姿勢も良くな

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選