すらチャレ -女性のための健康サイト-

効果や消費カロリー、実際はどう?ウォーキングダイエットの実態

スポーツが苦手な人にとって、運動は苦痛なものです。楽な運動で、簡単に体重を落とす方法はないのでしょうか?

一般的なイメージでは、ランニングのようなハードな運動をしないと、体重はなかな落ちないと思われがちです。しかし、ウォーキングの方が体に負担のないダイエット方法です。

ランニングは足の関節にとても負担をかけるので、人によって、障害が出る場合があるので、おすすめしません。しかし、ウォーキングは本当に効果はあるのでしょうか?見ていきましょう。

スポンサーリンク

ウォーキングはどれくらい痩せられる?

ウォーキングはランニングと比べ、時間をかけないと、体重を落とすのが難しいです。長時間だらだらと歩くだけでは効果的に体重は減りません。

また、効果が現れはじめるのは人それぞれですが、早い人でも2週間くらいかかります。1カ月で落とせる体重は1~3kgほどです。

上記のとおり、ウォーキングだけでは、なかなか体重を落とすのは難しいです。

ウォーキングで消費できるカロリーとは?

ウォーキングで消費されるカロリーの計算方法をご紹介します。消費カロリーは、歩く速度によって異なるので、自分のペースがどのくらいか比べて、計算してください。

普通に歩いた場合

時速4Kmの場合) 消費カロリー(Kcal)=METS(3)×運動時間×体重×1.05

大股早歩きの場合

時速6.4Kmの場合)消費カロリー(Kcal)=METS(5)×運動時間×体重×1.05

体重50Kg、30分

普通に歩いた場合:3×0.5×50×1.05=78.75Kcal
大股早歩きの場合:5×0.5×50×1.05=131.25Kcal

体重70Kg、30分

普通に歩いた場合:3×0.5×70×1.05=110.25Kcal
大股早歩きの場合:5×0.5×70×1.05=183.75Kcal

※METSとは安静状態を1とし、運動、活動したとき、何倍のカロリー消費をしたかをあらわします。
METSの数値はその運動量により、異なります。

詳しくは国立健康・栄養研究所のサイトをご覧ください。また、カロリーは自動計算してくれるサイトもあるので活用しましょう。

正確に消費カロリーを知るには、「活動量計」を使うのがベター。1000円台から販売されています。

ウォーキングだけでは痩せられない!?

こうしてみると、ウォーキングの消費カロリーは大きくありません。簡単にはじめられる反面、それだけで、体重を落とせるというわけではありません。

スポーツ別に消費カロリーを見てみましょう。

水泳 1039Kcal
ジョギング470Kcal
階段昇り371Kcal
テニス346Kcal
ラジオ体操223Kcal
※各1時間の計算です。

では、ウォーキング以外に何をすればよいのか?それは食事の取り方です。

痩せたいからといって、朝食は抜くといった食事制限をしすぎたり、摂取量がオーバーしたままだと、効果的に体重を落とせません。

また、摂取カロリーと消費カロリーをしっかり把握しましょう。今は、摂取カロリーを調べるのもネットやスマホで簡単にできます。その都度、調べるようにしましょう。

ウォーキングがダイエットに良いワケとは?

ウォーキングは有酸素運動なので、酸素を取り込みながら、効果的に脂肪を燃焼できます。ウォーキングをすると、さまざまなメリットがあります。

生活リズムが整う

朝にウォーキングを行うことで、体に必要な太陽光を浴びることができます。太陽光を浴びることで、体内時計が正常になり、生活リズムが整います。

また、起床直後が一番「セロトニン」が分泌されます。「セロトニン」は、自律神経のバランスを整えます。

「セロトニン」の分泌を促すには、ウォーキングなどのリズム運動が適しています。また、夜のウォーキングは、適度な運動により体が疲れ、安眠効果が期待できます。

ただし、睡眠の直前に行うと興奮してしまって、寝付けなくなるので、注意してください。

便秘の解消

ウォーキングが便秘にいいのは、ストレスを解消し、副交感神経を正常にできるからです。また、有酸素運動なので、酸素をとりこみつつ、腸周りの筋肉を使うので、腸の動き自体が活発になります。

基礎代謝が上がる

早歩きすると、太もも、お尻、腰周りの筋肉に負荷がかかり、筋肉が増え、基礎代謝が上がります。

基礎代謝が上がると、ウォーキングなど、特別な運動をしなくても、普段の生活の動きで、消費できるカロリーが上がり、太りづらい体へと変化します。

基礎代謝をしっかり上げることがダイエットへの近道といえます。

カロリー消費が上がる歩き方

だらだら歩いただけでは、カロリー消費は低くくなります。ぜひ、効果的なウォーキングを実践してください。

正しい姿勢で歩く

視線はまっすぐ正面へ向け、酸素を取り込みやすいよう胸をはり、背中やお尻を意識し伸ばします。こうすることで、筋肉がつきやすくなり、脂肪燃焼しやすくなります。

できるだけ大股&ハイペースで

歩くときは膝を曲げずに足をまっすぐ伸ばします。前に出している足はかかとから着地し、後ろにくる足はつま先で地面を蹴り、二点地面に触れるように心がけてください。

歩幅は大きくし、ハイペースで歩きます。

腕を大きく振って

肩の力を抜いてリラックスし、腕を90度に曲げ、前後に大きく動かします。肩に力が入っていると、肩こり、血行不良になります。

また、大きく動かすことで、全身の筋肉を刺激します。

おすすめは空腹時

おすすめは満腹時ではなく、空腹時です。空腹時は血糖値が低く、体内の脂肪からエネルギーを取り出すため、脂肪が燃焼されやすいからです。

20分以上歩こう

ウォーキングをスタートして5分で脂肪燃焼は始まっていますが、20分を境に脂肪燃焼が増えます。20分以上歩くようにすると、ダイエット効果が現れやすいです。

まとめ

ウォーキングは消費カロリーが低く、すぐに痩せられませんが、ダイエット以外にも体によいことがたくさんあります。また、無理な運動とは違うので、長く続けやすいです。

初めてチャレンジする人にも何度も挫折を繰り返している人にも、ぜひためしてほしいダイエットです。

スポンサーリンク

関連記事

あの頑固なセルライトに別れを告げられる!?痩身エステでセルライト撃退!

スポンサーリンク あなたは大丈夫? お尻や太ももにできやすいセルライト。このセルライトを潰すためにマッサージをしている人も多いでしょう。しかし自分で潰すのはなか

これからが旬!ほっこりおいしい里芋のダイエット効果と簡単レシピ

煮っ転がしにすると、とろりとしてホクホクで美味しい里芋。 実は色々な健康効果があり、ダイエットにも向いている女性に嬉しい食材なんです。 今回は里芋がダイエットに

ロングブレスダイエットって本当に痩せるの?効果のあるやり方とは

ロングブレスダイエットがメディアに取り上げられた数年前、皆さんもしょっちゅう、その名を目や耳にしたのではないでしょうか。 それが単品ダイエットのように一時的で終

口コミで話題沸騰中!ダイソーで買える着圧ソックスが凄い!

朝から仕事をしたり、遊びにできけたりすると気になるのが足のむくみ。 特に足のむくみが気になるのは夕方~夜にかけてですよね。 遊びならともかく、毎日毎日仕事続きだ

烏龍茶 VS 黒烏龍茶!ダイエット効果の違いはどの程度?

どんどん肌寒くなってきたこの頃。すでにクリスマス、忘年会とイベントの予定がだくさんの人もいるでしょう。 今年が終わると、今度はお正月。ご馳走もお酒もたくさん、気

運動系ダイエットにプラスで効果大!!サプリで取り入れたい成分とは?

理想の体型を目指して運動をしているけど、なかなか思うようにいかない…。 そんな悩みをお持ちではありませんか? それは年齢による代謝の低下や食事制限による栄養不足

1日たった3分でぐんぐん痩せるっ!骨盤スクワットの効果ややり方とは?

普段の姿勢や行動によって骨盤はどうしても歪んでしまいます。 また、女性は生理や出産の影響から骨盤が開きやすいと言われています。 骨盤が歪みや開きは、代謝や筋力の

食欲を抑えるホルモンがあった!痩せるホルモン「レプチン」とは?

「レプチン」は、食欲を抑制する作用のあるホルモンです。 レプチンの分泌を上手くコントロールできれば、過剰な食欲を抑え、ダイエットを成功させやすくなります。 スポ

食べるだけ痩せる!?冬はあったか脂肪燃焼スープダイエット!

脂肪燃焼スープはトマトベースの野菜たっぷりの温かいスープです。 食べ応えがあり、お腹もいっぱいになるのに、カロリーが低いのでダイエットにもぴったり。 脂肪燃焼ス

『バジルシード』はダイエットと美肌に効果的!口コミ・方法は?

痩せたいけど食べたいっていう気持ち、皆さんもありますよね。 冬は太りやすくなってしまう季節ですが、イベントが重なりやすい時期、どうしても食べ過ぎてしまいます。

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選