すらチャレ -女性のための健康サイト-

効果や消費カロリー、実際はどう?ウォーキングダイエットの実態

スポーツが苦手な人にとって、運動は苦痛なものです。楽な運動で、簡単に体重を落とす方法はないのでしょうか?

一般的なイメージでは、ランニングのようなハードな運動をしないと、体重はなかな落ちないと思われがちです。しかし、ウォーキングの方が体に負担のないダイエット方法です。

ランニングは足の関節にとても負担をかけるので、人によって、障害が出る場合があるので、おすすめしません。しかし、ウォーキングは本当に効果はあるのでしょうか?見ていきましょう。

スポンサーリンク

ウォーキングはどれくらい痩せられる?

ウォーキングはランニングと比べ、時間をかけないと、体重を落とすのが難しいです。長時間だらだらと歩くだけでは効果的に体重は減りません。

また、効果が現れはじめるのは人それぞれですが、早い人でも2週間くらいかかります。1カ月で落とせる体重は1~3kgほどです。

上記のとおり、ウォーキングだけでは、なかなか体重を落とすのは難しいです。

ウォーキングで消費できるカロリーとは?

ウォーキングで消費されるカロリーの計算方法をご紹介します。消費カロリーは、歩く速度によって異なるので、自分のペースがどのくらいか比べて、計算してください。

普通に歩いた場合

時速4Kmの場合) 消費カロリー(Kcal)=METS(3)×運動時間×体重×1.05

大股早歩きの場合

時速6.4Kmの場合)消費カロリー(Kcal)=METS(5)×運動時間×体重×1.05

体重50Kg、30分

普通に歩いた場合:3×0.5×50×1.05=78.75Kcal
大股早歩きの場合:5×0.5×50×1.05=131.25Kcal

体重70Kg、30分

普通に歩いた場合:3×0.5×70×1.05=110.25Kcal
大股早歩きの場合:5×0.5×70×1.05=183.75Kcal

※METSとは安静状態を1とし、運動、活動したとき、何倍のカロリー消費をしたかをあらわします。
METSの数値はその運動量により、異なります。

詳しくは国立健康・栄養研究所のサイトをご覧ください。また、カロリーは自動計算してくれるサイトもあるので活用しましょう。

正確に消費カロリーを知るには、「活動量計」を使うのがベター。1000円台から販売されています。

ウォーキングだけでは痩せられない!?

こうしてみると、ウォーキングの消費カロリーは大きくありません。簡単にはじめられる反面、それだけで、体重を落とせるというわけではありません。

スポーツ別に消費カロリーを見てみましょう。

水泳 1039Kcal
ジョギング470Kcal
階段昇り371Kcal
テニス346Kcal
ラジオ体操223Kcal
※各1時間の計算です。

では、ウォーキング以外に何をすればよいのか?それは食事の取り方です。

痩せたいからといって、朝食は抜くといった食事制限をしすぎたり、摂取量がオーバーしたままだと、効果的に体重を落とせません。

また、摂取カロリーと消費カロリーをしっかり把握しましょう。今は、摂取カロリーを調べるのもネットやスマホで簡単にできます。その都度、調べるようにしましょう。

ウォーキングがダイエットに良いワケとは?

ウォーキングは有酸素運動なので、酸素を取り込みながら、効果的に脂肪を燃焼できます。ウォーキングをすると、さまざまなメリットがあります。

生活リズムが整う

朝にウォーキングを行うことで、体に必要な太陽光を浴びることができます。太陽光を浴びることで、体内時計が正常になり、生活リズムが整います。

また、起床直後が一番「セロトニン」が分泌されます。「セロトニン」は、自律神経のバランスを整えます。

「セロトニン」の分泌を促すには、ウォーキングなどのリズム運動が適しています。また、夜のウォーキングは、適度な運動により体が疲れ、安眠効果が期待できます。

ただし、睡眠の直前に行うと興奮してしまって、寝付けなくなるので、注意してください。

便秘の解消

ウォーキングが便秘にいいのは、ストレスを解消し、副交感神経を正常にできるからです。また、有酸素運動なので、酸素をとりこみつつ、腸周りの筋肉を使うので、腸の動き自体が活発になります。

基礎代謝が上がる

早歩きすると、太もも、お尻、腰周りの筋肉に負荷がかかり、筋肉が増え、基礎代謝が上がります。

基礎代謝が上がると、ウォーキングなど、特別な運動をしなくても、普段の生活の動きで、消費できるカロリーが上がり、太りづらい体へと変化します。

基礎代謝をしっかり上げることがダイエットへの近道といえます。

カロリー消費が上がる歩き方

だらだら歩いただけでは、カロリー消費は低くくなります。ぜひ、効果的なウォーキングを実践してください。

正しい姿勢で歩く

視線はまっすぐ正面へ向け、酸素を取り込みやすいよう胸をはり、背中やお尻を意識し伸ばします。こうすることで、筋肉がつきやすくなり、脂肪燃焼しやすくなります。

できるだけ大股&ハイペースで

歩くときは膝を曲げずに足をまっすぐ伸ばします。前に出している足はかかとから着地し、後ろにくる足はつま先で地面を蹴り、二点地面に触れるように心がけてください。

歩幅は大きくし、ハイペースで歩きます。

腕を大きく振って

肩の力を抜いてリラックスし、腕を90度に曲げ、前後に大きく動かします。肩に力が入っていると、肩こり、血行不良になります。

また、大きく動かすことで、全身の筋肉を刺激します。

おすすめは空腹時

おすすめは満腹時ではなく、空腹時です。空腹時は血糖値が低く、体内の脂肪からエネルギーを取り出すため、脂肪が燃焼されやすいからです。

20分以上歩こう

ウォーキングをスタートして5分で脂肪燃焼は始まっていますが、20分を境に脂肪燃焼が増えます。20分以上歩くようにすると、ダイエット効果が現れやすいです。

まとめ

ウォーキングは消費カロリーが低く、すぐに痩せられませんが、ダイエット以外にも体によいことがたくさんあります。また、無理な運動とは違うので、長く続けやすいです。

初めてチャレンジする人にも何度も挫折を繰り返している人にも、ぜひためしてほしいダイエットです。

スポンサーリンク

関連記事

長時間の入浴は意味がない?!正しく行って結果をだす!「How To半身浴…

ぐっと気温が下がり冬らしくなってまいりました。 体の芯から冷えやすくなり半身浴をされる方も多いのではないでしょうか。 そんな半身浴を利用し効率的に痩せる方法をご

運動系ダイエットにプラスで効果大!!サプリで取り入れたい成分とは?

理想の体型を目指して運動をしているけど、なかなか思うようにいかない…。 そんな悩みをお持ちではありませんか? それは年齢による代謝の低下や食事制限による栄養不足

糖質制限ダイエットの味方!太りにくい「朝ごはん」の選び方

おいしい食事や甘いお菓子は人生の大きな楽しみですが、その楽しみがダイエットでは克服すべき課題になるのですから、ダイエットは自分との戦いと言えるでしょう。 朝のあ

キレイな体型は日頃の姿勢から!肩甲骨・股関節・足を意識した正しい歩き方

年齢と共に体型は変化します。お腹周りに肉がつき、二の腕はぷるぷる、太もももたるたるに。体型に自信がないと、猫背になって下を向いて歩きがちですよね。 しかし、その

目標-3kgのプチダイエットにおすすめ!「マイナス3くちダイエット」

「生活スタイルをあまり変えずに2~3kgやせられないかな?」 「ハードな運動や厳しい食事制限は苦手だけど今より少しだけダイエットしたい」 目標体重が-2~3kg

食べ過ぎても安心!次の日に無かったことにする【リセット運動】

スポンサーリンク あぁ食べ過ぎた…後悔してる場合じゃありません! 年末年始や歓送迎会などの飲み会、バーベキューやビアガーデンなど年がら年中「食べ過ぎる機会」はあ

5つのブランド展開している痩身エステサロン、ソシエとは?

スポンサーリンク 痩身エステってどこが良いか迷いませんか? 最近少しずつ増えてきた痩身エステ。でも沢山あるとどこの痩身エステが良いのかわからなくなりませんか?

美容やダイエットに最適!デトックスウォーターの効果とそのつくり方

スポンサーリンク デトックスウォーターとは Instagramを中心に話題沸騰中の「デトックスウォーター」とは、ミネラルウォーターにお好みの果物や野菜、ハーブな

アボカド種茶を飲むだけの簡単ダイエット!効果や作り方とは?

アボカドは栄養素が豊富でさまざまな料理に活用されますが、多くの栄養が種に含まれていることをご存じですか? 昨年末にはテレビでアボカドの種から作ったお茶を飲むダイ

原因は骨盤のゆがみ!?今すぐ改善したい5つの症状

ゆっくり休んでもなんだか疲れが取れない…。体調がすぐれない…。 原因がはっきりしない調子の悪さに悩まされてはいませんか? 不調の根源は「骨盤のゆがみ」から来てい

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選