すらチャレ -女性のための健康サイト-

つらい運動一切なし!誰でも続けられる簡単お腹ダイエット法3つ

みなさんはダイエットの経験はありますか?

ダイエットって、つらくなりがちですよね。ショーウインドウに映った自分の姿や、お腹の脂肪をつまんでは、「今度こそ痩せてやる!」と毎朝のジョギングや食事制限を決意。しかし、一週間も持たずに挫折…。そんな記憶はないでしょうか。

でも、ご安心ください。ダイエットの目的はそもそも体重を落とすことや体を引き締めることのはず。それならば、必ずしもつらい運動や食事制限が必要なわけではないのです。

スポンサーリンク

話題の簡単ダイエット法

今回は、日常生活に組み込みやすいダイエット法を厳選して紹介いたします。

ドローイン法

テレビや雑誌でも取り上げられ話題になった、おなじみ『ドローイン』。

お腹に力を込めて、休眠筋肉を刺激するエクササイズです。

休眠筋肉とは、運動不足で長い間使われていなかった筋肉のこと。休眠筋肉が目覚めると、そのぶんだけ基礎代謝がアップ。お腹を中心に体を引き締める効果まで期待できます。

やり方は簡単。息を吐きながらお腹をぐーっとへこませていき、その姿勢を保ちます。はじめは30秒ほどできればOK。徐々に自然呼吸をしながら、お腹をへこませる時間を増やします。

通勤時や移動時に意識しながら歩くと、かなり効果的です。

腹式呼吸

呼吸は誰でも行うものなので、普段は特別に意識しませんよね。しかし、呼吸で脂肪が燃えると聞いたらどうでしょうか。

実は、深い呼吸をすると、脂肪内に蓄えた成分がエネルギーとして消費されるのです。消費された成分の多くは二酸化炭素として、残りは水分として体外へ排出。結果、呼吸を意識するだけでも痩せやすくなるのです。

ここでいう深い呼吸とは、腹式呼吸のこと。ふーっと息を吐くときに、一緒にお腹をへこませていく呼吸です。

さきほどのドローイン法と少し似ていますが、こちらは腹筋より息を吐ききってから吸うことを意識します。行う時間は、特に決まりはありません。一日に10分でもいいし、日常的に行ってもいいです。ご自身が取り入れやすい時間帯や方法で行いましょう。

ウォーキング

手軽な有酸素運動といえば、真っ先に思いつくのはこのウォーキングではないでしょうか。ランニングやジョギングと比べても体への負担が少なく、汗をかく度合いも少ないので、ウェアはシューズさえあれば始められます。

また、通勤や帰宅のルートの中で歩行移動する区間を設けるなど、柔軟な取り入れ方ができるのも魅力です。

腸腰筋を鍛える

簡単にできるウォーキングですが、ダイエット効果を求めるならば、さらなる工夫をこらしましょう。

私たちが歩く際、重要なのは腸腰筋です。腸腰筋とは、腰の裏側から両方の太ももにかけて伸びる筋肉で、足の上げ下げに必要な筋肉です。

大きな筋肉なので、鍛えると基礎代謝が上がり、歩行そのものをよりスムーズにします。大股で歩くと効果的に鍛えられます。

なお、腸腰筋が衰えると、歩行時に足を高く上げられず、つまづきやすくなります。高齢者の方々が、転んで骨折して寝たきりになる原因のひとつですので、今のうちから鍛えておきましょう。

呼吸に気を付けながら

さきほどご紹介した腹式呼吸も、実は立派な有酸素運動のひとつです。そのため、ウォーキングに腹式呼吸を取り入れると、より大きな脂肪燃焼効果を期待できます。

運動に一生懸命になると呼吸に意識がいかず浅くなりやすいので、その点からも取り入れることをおすすめします。

一番簡単?生活習慣を変えてスリムなお腹に

ここまでは運動によるダイエット法をご紹介しました。しかし、「運動するのは嫌い…」「もっと手軽に日常生活に取り入れられる運動はないの?」という方もいらっしゃいますよね。そこで、運動以外でも痩せる方法も3つご紹介いたします。

基礎代謝を高める

痩せて行くには、一日の食事量が消費カロリーを上回るようにしていく必要があります。とはいえ、ハードな食事制限では栄養失調となり、痩せるどころかやつれてしまいそうですよね。

したがって、改善すべきは消費カロリーのほう。

例えば、ただ姿勢をよくするだけでも代謝が高まるのをご存じでしょうか。正しい姿勢は、それだけで血流や神経の通りを改善させますし、今まであまり使えてなかった姿勢を保つための筋肉を増やします。

筋肉量が増えれば当然、消費エネルギーが増えますから、基礎代謝も上昇するのです。

ドリンクはホットで

代謝を高めるには、体温も重要です。冷たい飲み物は胃腸を冷やし、結果的に全身から体温を奪っていきます。

低体温になると、代謝だけでなく、免疫力も下がる非常事態に。冬はもちろんのこと、一年を通してできるだけ温かい飲み物で体を温め、痩せやすい体を作りましょう。

また、お腹が冷えるようになると、腰回りに脂肪がつきやすくなります。ただでさえ落としたい脂肪をこれ以上増やさないためにも、できるだけ飲み物はホットで。まずは常温で飲むことからでいいので、慣れていきましょう。

食事で便秘予防を

代謝や免疫力には胃腸の動きが関係することをお伝えしました。中でも、特に胃腸に関して女性に気をつけていただきたいのは便秘です。なぜなら、胃腸に排泄物が溜まると、体に未消化の毒素も溜まり、肌荒れの原因になるからです。

代謝を上げるためにも、便秘改善食を積極的にとっていきたいところ。

便秘予防・便秘改善に効果的なのは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維です。水溶性食物繊維はきのこや海藻などに含まれ、ブドウ糖の吸収速度を遅くし、血糖値の急激な上昇を抑えます。

不溶性食物繊維は豆類に多く含まれ、水分を吸収しながらふくれ、便の排出を促します。また、有害物質を排出する効果もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ダイエットは、痩せるだけでなく、痩せてからの維持も重要。つまり、ずっと続けられる方法がいいのです。

そう考えると、ハードな運動やつらい食事制限ではなく、手軽な方法がベストなはず。ここで紹介した方法は、すべて取り入れやすく、続けやすいものばかり。まずは気軽にどれかひとつでいいので、試してみてくださいね。

EMSを使って楽々お腹痩せ!
EMSの効果について詳しくはコチラをご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事

目指せ下半身痩せ!簡単に始められる下半身ダイエット

スポンサーリンク 下半身痩せに挑戦しましょう! 皆さんは体のどの部分のスタイルが気になりますか? 私は昔から上半身に比べて、下半身がぽっちゃり体型なのです。 女

小顔になりたい!短期間で顔痩せできるマッサージ&エクササイズ

「モデルさん達はどうしてあんなに小顔なの?」「もっと自分のアゴのラインをシャープにしたい」そんな風に考えている女性は少なくないと思います。 顔ダイエットに成功す

自宅でできる!簡単太ももセルライト除去方法3選

足を見たら、皮膚がでこぼこして見える…といった経験はありませんか? 女性の方は、特に気になると思います。 実はそのでこぼこ、「セルライト」と呼ばれる

知っておこう!脚が太くなる座り方と細くなる座り方って?

座り方だけで脚が太くなったり細くなったりするということはご存知でしょうか? 女性であればだれでも細い足になりたいと願うものですが、座り方を間違っていたらそれもか

むくみにも効果抜群!エア自転車こぎダイエットで簡単脚痩せダイエット!

足痩せをしたいと考える女性は多くいますよね。 しかし、足はなかなか痩せにくい部分でもあります。 キツイ食事制限をしても細くなりにくい足痩せは、エア自転車こぎで痩

デコルテを引き締めで見た目体重-5kg?!【簡単デコルテマッサージ術】

首から胸元までのデコルテ部分は、年齢が現れやすい場所だと言われています。 そして、このデコルテ部分がスッキリしていれば、全体が痩せて見えやすいのです。 今回は、

二の腕や腰回りなど気になる部分を徹底改善!すぐにできる3つの方法

二の腕や腰回りなど最近お肉が付いてきたと気になり始めた方いませんか?女性なら誰もが気にしたことがあるはずです。 部分痩せは食事制限をして効果がでる訳でもないから

美脚効果やぽっこりお腹の解消…内転筋を鍛えるメリットと効果的な鍛え方

薄着の季節になると、気になるのが、おなかや太もものお肉ですよね。 今こそ内転筋を鍛えて、スリムな美脚を手に入れましょう。 スポンサーリンク 内転筋はどこの筋肉?

1分間の片足立ち=50分のウォーキング!手軽に始める時短ダイエットのすす…

ダイエットのためにウォーキングを始めたのに続けられなかった経験はありませんか? ウォーキングは時間がかかって大変ですが、たった1分片足立ちするだけでウォーキング

姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選

太っている人でも、痩せてる人でもなってしまう二重あご。 その原因は、何気ない毎日の習慣にあります。 原因となる悪習慣を知って、あごのたるみを解消しましょう。 ス

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選