すらチャレ -女性のための健康サイト-

セルライトと肥満は別!ボコボコしたセルライトを解消する4つの方法

スポンサーリンク

セルライトは脂肪と老廃物が合体したもの

太ももやお尻にあらわれるボコボコのセルライト、日本人女性の8割にあると言われています。見た目がオレンジの皮のデコボコに似ているので、英語では「オレンジピールスキン」と呼ばれています。

男性よりも筋肉が少なく脂肪が多い女性にできやすく、太ももやお尻など、筋力が少なく脂肪細胞が多い部位によくみられます。

セルライトは、血液やリンパの流れが悪くなったことが原因で、老廃物が脂肪細胞とともに固まってしまったものです。肌組織のすぐ下で作られ、表皮を押し上げていくことで、デコボコになって現れてくるのです。

セルライト自体は脂肪なのではなく、巡りの悪い箇所に集まった老廃物と脂肪の合体したものです。太ったからできるというものではなく、身体の巡りの悪さが原因となるものなのです。

嫌なセルライトを予防&解消しよう

セルライトは気がつきにくい部分にできることも多いため、何も対処しないままになっていることが多々あります。

できてしまったセルライトの固まりはさらに血管を圧迫し、血行不良が続きなかなか凸凹がとれにくくなってしまいます。

今回は、毎日の生活でセルライトを予防・解消していくポイントを4つご紹介します!

①こまめに動いて代謝を上げる

デスクワークが多い女性の太ももにはたいていセルライトがあります。これは運動不足が原因です。
近くてもタクシーをよく利用してしまうとか、エレベーターに乗ってしまうとか、そういう生活も代謝が低下していきます。
セルライトをできにくくするために、またできてしまったセルライトを消すためにも、血行不良や冷えをを解消したりして代謝を上げることが大切です。
身体の血液やリンパの流れが良くなれば、セルライトは解消されやすくなります。
特にふくらはぎは、足に降りた血液を心臓に戻す、ポンプのような役割を担っていますので、歩いたり走ったりして筋肉を強化するとポンプ機能が強くなります。
通勤にウォーキングをプラスしたり、階段を使ったり、毎日の生活の活動量を増やすだけでも、積み重ねていけば運動不足は解消できますよ。

②入浴中のマッサージでデコボコ撃退!

入浴中は血液やリンパの流れが活発になっているチャンス!シャワーで済ませてはもったいないですよ。
ぬるめのお湯につかりながら、手足の先から心臓のほうへ向かってマッサージしましょう。
むくみや冷えもセルライトの大敵なので、とくに足先からふくらはぎを押し上げるようにマッサージしてみてください。
セルライトがある部分は、つぶすようなほぐすようなイメージでマッサージするのも効果的です。
痛くない程度の力加減で、できれば毎日コツコツほぐすのがポイント!足全体が軽くなります。
セルライト除去用のクリームやマッサージ用ローラーなども市販されていますので、一緒に利用すると効果もアップするかもしれません。
また、お風呂上がりにストレッチをするのも、循環力を高めるのに良い方法です。

③水分をこまめに摂ろう

体液の循環をよくするには水分の補給も重要です。水分量が少ないと血液が濃くドロドロになり、巡りが悪くなってしまいます。
また便秘にもなりやすく、ますます老廃物を溜め込んでしまうことになります。
水分を摂るとむくみの原因になると思って我慢するのは間違いで、水分補給することで、体内の老廃物をしっかり排出できるようになるのです。
つまりセルライトをなくしたい人こそ、水分補給が大切なのです。
なるべくカフェインや砂糖の入っていないものを、一度に飲まずに何回かに分けてすこしづつ、真夏や運動中でなくても1日に1.5リットル程度をこまめに補給し、体内の巡りを良くしていきましょう。

④むくみは大敵

むくみもセルライトを作りやすい要因なので、締め付けるような服装やヒールの高い靴を着用しないのもひとつの対策です。
冷房の効きすぎや同じ姿勢を続けたり立ち仕事が長いのも、血流が悪くなる原因となります。
また、むくみやすい体質の人は、原因となる塩分の多い食べ物を控えめにしましょう。ハムやベーコン、スナック菓子、カップラーメンなどは塩分が多いので避けたほうがよいでしょう。
カリウムを含むバナナやアボカド、こんぶなどを積極的に摂取すると、塩分の元となるナトリウムを排出する手助けをしてくれるのでむくみに効果的です。

さいごに

ジムに行ってがんばらなくても、貯金を切り崩してエステに行かなくても、毎日の運動量や食生活を見直すだけでセルライトは予防したり減らしたりすることができます。
リンパや血液の流れが良くなると代謝が上がり、老廃物も出て行きやすくなりますので、セルライト対策だけでなく、太りにくい体質になることが期待できます。
セルライトは医学的には、病的なものではない皮下脂肪のひとつとされ、健康な組織と判断されていますが、見た目も手触りも不快ですよね。
今回紹介したような方法を、あせらずじっくりと毎日続けることで、自信を持ってミニスカートがはける日がきっと訪れますよ!

スポンサーリンク

関連記事

寝る前の水分がむくみの原因に?!むくみを招く水の飲み方4選

水分は体にとって必要不可欠なものですが、飲み方を間違うとむくみを招いてしまいます。 しかし、飲み方さえ間違わなければ、逆に体調を良くすることも可能です。 今回は

便秘も解消!? ダイソーの「青竹踏み」がスゴイと話題沸騰中!

みなさん、こんにちは!美容方法やダイエットは毎日続けることに意味があります。 しかしながら、最初に高い器具を買う必要性がある場合などちょっと大変なこともたまにあ

むくみ解消の助け役!毎日の食事でむくみが解消できるって本当?

スポンサーリンク むくみの原因の一つは食べ物 意外だと思われる方も多いかもしれませんが、むくみの原因の一つはあなたが普段食べている食べ物にあることが分かっていま

水は飲んでも太らない!正しい飲み方でむくみも解消

水を飲んだら太る?水はカロリーがないから太らない?さまざまな説があって、困惑してしまいますよね。 まず「水太り」という言葉があるので、水を飲むだけでも太るという

ダイエット中の便秘は腸のむくみが原因!?便秘の解消方法

毎日の自然なお通じがなく、肥満も気になるという方は、意外な腸の状態が関係しているのかもしれません。 「腸がむくむ」とはあまり聞きなれないかもしれませんが、順天堂

冷え性に効く!温まる・体質改善できる食べ物

スポンサーリンク 冷え性になる原因 冷え性だという人には、圧倒的に女性が多いのではないでしょうか。 これには人間の体の造りが関係しています。 一般的に女性は男性

むくみやすい人必見!「レギンス入浴ダイエット」の効果が凄い!

女性の永遠のテーマというべき、ダイエット。飽くなき挑戦、研究に基づいて、今までに様々なダイエット法が編み出されてきました。 しかし、その種類は様々。挑戦しては辛

どうして出ないの?食べているのに便が出ない理由とは!?

食事制限をしているダイエットは便秘になりがち。 食べてるはずなのに出ない…そんな悩みを抱えている方は多いはず。 なぜ、食事をしっかり摂っているにも関わらず便秘に

痩せたら老けた?ダイエット方法で結果が分かれます!

ダイエットって多くの方が意識するワードですよね。「痩せたい!」そう思ってダイエットしなきゃ…とは思うけど、つい食べ過ぎてしまって、自己嫌悪。 しかし、とにかく痩

冷え性対策にはこれ!身体を温めるグッズと食材

スポンサーリンク 様々な冷え性対策 冷え性の方にとって、寒い時期の手足の冷えは本当につらいですよね。 お風呂に浸かっても、こたつに入っても、ストーブの前で温まっ

スポンサーリンク

All Ranking

総合ランキング

24H Ranking

24時間ランキング

Pick UP

おすすめの記事

  • 普通のパンの半分のカロリー?おいしくて手軽なブランパンがダイエットに最適!
  • 姿勢が悪い、無表情なら要注意!二重あごになりやすくなる習慣5選
  • ヘルシーなのに腹持ちバツグン!ダイエット中に食べたい朝ごはん5選